AppleMusicとSpotifyどっちがおすすめか徹底比較!ユーザー数や曲数と音質まで詳しく調査

近年では音楽のサブスクリプション型のストリーミングサービスがたくさん登場してきました。

以前はCDをレンタルしたり購入したりするのが主な方法でしたが、今は気軽に最新の楽曲を楽しむ事ができます。

そんな中でも特に人気なApple Musicと Spotify。

「SpotifyとAppleMusicどっちを選べばいいか分からない!」とお悩みの方に向けて2つのストリーミングサービスを比較し、どちらがオススメかご紹介します。

初めての方向けには無料体験期間も用意されていますが、体験前に知っておくべきこともいくつかあります。

この記事では、料金、ユーザー数、曲数と音質などにクローズアップしながら、Apple MusicとSpotifyの違いについて紹介します。

目次

AppleMusicとSpotifyどっちがおすすめ?

結論から申し上げると、Apple Musicのほうがオススメです。

Apple Musicがオススメなのは、以下の理由から。

・1年契約だと料金がオトク

・無料体験期間が3ヶ月

・豊富な楽曲ラインナップ

・ドルビーアトモスによる空間オーディオ・ロスレスオーディオの提供など圧倒的な音質

以下で詳しく見ていきましょう。

AppleMusicとSpotifyの違いを徹底比較

まずは、AppleMusicとSpotifyの違いを一覧表にしてみました。

Apple Music Spotify
月額料金 個人:980円/月(1年契約:9800円)

ファミリー:1480円/月

学生:480円/月

Standard:980円/月

Duo:1280円/月

Family:1580円/月

Student:480円/月

(無料プランあり)

ユーザー数 6000万人超

(2019年6月時点)

3億6500万人

(2021年7月時点)

配信楽曲数 7500万曲 7000万曲
初回無料期間 3ヶ月 3ヶ月(家族プラン、カップルプラン、学生プランは1ヶ月)
音質 ドルビーアトモスによる空間オーディオ

ロスレスオーディオの提供

最高音質:320 kbit/秒と同程度
機能 iTunesライブラリとの連携やミックスが可能

AppleOneの同時契約で楽しむことも可能

iOSやAndroidプラットフォームの区別なく利用できる

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

月額料金

Apple Music Spotify
個人プラン 月額980円 月額980円
家族プラン 月額1480円(最大6人) 月額1580円(最大6人)
カップルプラン 月額1280円
学生プラン 月額480円 月額480円
無料プラン なし あり
無料体験期間 3ヶ月 3ヶ月

(家族プラン、カップルプラン、学生プランは1ヶ月)

 

Apple MusicとSpotifyの料金で違うのは、Spotifyにはカップルプランと無料プランが用意されていることです。

カップルプランは同一住所に暮らすカップルが利用でき、2つのプレミアムアカウントが付与されます。

無料プランでは無料で音楽を楽しむことができますが、

・スキップできる回数に制限がある

・曲の間に広告が流れる

・自分の聞きたい曲を選択することができない

など様々な制限があります。

Spotifyでの無料体験期間は、個人プランでは3ヶ月、他のプランでは1ヶ月なのに対し、AppleMusicは個人プランに限らず、家族プラン、学生プランでも3ヶ月無料体験期間が与えられます。

ですので、これらのプランに加入する際はAppleMusicのほうが長い目で見ればオトク、と言えるでしょう。

ユーザー数

Apple Music Spotify
ユーザー数 6000万人(2019年6月) 3億6500万人(2021年7月)

Spotifyのユーザー数のうち、有料会員数は1億6500万人です。

Apple Musicはあまり積極的にユーザー数の発表をしておらず、2019年6月に発表したユーザー数は6000万人でした。

時期の違いなどがあるため単純に比較することはできませんが、ユーザー数ではSpotifyのほうが多いと言えます。

配信楽曲数

Apple Music Spotify
配信楽曲数 7500万曲(2021年4月) 7000万曲

単純比較するとApple Musicのほうが配信楽曲数は若干多いです。

しかしSpotifyではK-popの配信が一時停止されたりなど、それぞれ強いジャンルなどは差があります。

自分が聞きたいジャンルの音楽がその配信サービスにあるか、先に調べてから加入するのが良いでしょう。

初回無料期間

どちらのサービスも初回無料期間は3ヶ月で設定されています。

しかしSpotifyでは学生、カップル、家族プランの無料期間は1ヶ月であるのに対し、Apple Musicは3ヶ月です。

これらのプランで加入する際は、Apple Musicのほうがオトクと言えるでしょう。

またApple Musicは無料期間が終わったら有料プランに移行するのに対し、Spotifyでは無料プランで使い続けることができます。

音質

Apple Musicでは、量子化ビット数最大24bit、サンプリングレート 192 kHz までの ALAC形式のハイレゾオーディオ配信の形式で、ハイレゾロスレスオーディオと称して高音質な楽曲が提供されています。

対してSpotifyも、CD並の音質のロスレスオーディオ形式で音楽を配信する「Spotify HiFi」を発表を2021年後半に一部地域で提供開始予定であることを発表しました。

どちらのサービスでも通信容量を調整するために、ストリーミングする音質を自由に選択することができます。

機能

Apple Musicでは “For You”といったレコメンド機能や、”Radio”というラジオやチャート形式で楽しめる機能がついています。

また、Apple Oneと呼ばれるサービスを契約することで、Apple Music、 Apple TV+、 Apple Arcade、 iCloudと同時契約することが可能。

オトクにすべてのサービスを楽しむことができます。

 

Spotifyでは、世界中の人が作ったプレイリストを楽しむことができます。

また、自分の楽曲の好みをAIが学習して、独自のプレイリストを作成し、レコメンドしてくれます。

もちろん自分でプレイリストを作成することも可能です。

またSpotifyの独自アプリケーションがiOS、Android、Windows、Macのすべてのプロットフォームで用意されているため、シームレスに音楽を楽しむことができます。

AppleMusicとSpotifyのメリット・デメリット

Apple MusicとSpotifyどっちを選べばいいのかわからない!という方向けに、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

AppleMusicのメリット・デメリット

まずはApple Music のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

Apple Musicのメリット

・Apple製品との相性バツグン
・ダウンロード再生に対応
・無料体験期間が3ヶ月

まずメリットですが、Apple製品との相性がバツグンな点があげられます。

iPhoneなどのiOS端末には最初からApple Musicのアプリがダウンロードされており、別途アプリのダウンロードが必要はないのは嬉しいポイントです。

また楽曲をダウンロードすることもできるので、オフラインでも再生可能です。

Wi-Fiのある環境で楽曲をダウンロードしておけば、外で通信量を消費することなく音楽を楽しめることができます。

またどのプランも3ヶ月の無料体験期間が与えられます。

好きな曲が見つからなければ無料期間のうちにやめれば料金は発生しないですし、3ヶ月も無料でApple Musicを使えるのは大変オトクですね。

Apple Musicのデメリット

・カップルプランがない
・無料プランがない
・中高生学割プランがない

対してデメリットですが、Apple Musicにはカップルプランが用意されていません。

また無料プランがないため、「とにかく安く音楽を楽しみたい!」という人には向かないかも知れません。

学割は存在しますが、適用となるのは大学生からなので、中高生学割プランはありません。

Spotifyのメリット・デメリット

続いて、Spotifyのメリット・デメリットについてです。

Spotifyのメリット

・無料プランが優秀
・様々なデバイスに対応
・ポッドキャストが聞ける

Spotifyには無料で使える無料プランが用意されており、途中で広告が入る、スキップ機能が一時間に6回までなど様々な制限がありますが、無料でも音楽を楽しむことができます。

スマートフォンだけでなく、Windows、Macそれぞれに対応したアプリケーションも用意されているので、パソコンからでも簡単に音楽を楽しめることができます。

その他テレビ、ゲーム機、車、スマートウォッチなど様々なデバイスに対応しているのが、Spotifyの魅力の一つです。

また様々なポッドキャストも用意されており、音楽に飽きてもラジオ番組を聞くこともできます。

Spotifyのデメリット

・Spotifyのライブラリにない曲は再生できない
・別途アプリのダウンロードが必要(Apple製品)
・中高生学割プランがない

デメリットとしては、ライブラリにない曲をSpotifyアプリ上で再生することができないことがあげられます。

そのため、パソコンからダウンロードした曲は、別途スマートフォンの初期アプリで再生する必要があります。

また特にApple製品ですが、別途Spotifyのアプリをインストールする必要があります。

Apple Musicだったら、初めから内蔵されているアプリで利用できるため、アプリインストールの手間はどうしてもかかります。

またApple Musicと同じですが、Spotifyにも中高生学割は用意されていません。

AppleMusicの利用がおすすめできる人

アップルミュージック

Apple Musicはどんな人にオススメできるのでしょうか。

以下のような人にはApple Musicがオススメです。

・iPhoneなどApple製品を使っている人
・ファミリープランでお得に音楽を楽しみたい人
・K-POPを楽しみたい人
・ロスレスオーディオ(高音質)を楽しみたい人

詳しくご紹介していきますね。

iPhoneなどApple製品を使っている人

先程もあげたとおり、Apple製品とApple Musicとの相性はバツグンに良いです。

iPhoneなどのiOS端末では初めからApple Musicのアプリがダウンロードされているので、すぐ使うことができます。

また、iPhoneのアラームに楽曲を設定したり、Apple Watchから曲のコントロールをしたり、iPhoneで再生していた曲がそのままMacBookで再生されたりなど、とにかくApple製品との親和性が最高です。

Apple製品を多く持っている人にはAppleMusicをオススメします。

ファミリープランでお得に音楽を楽しみたい人

Apple Musicのファミリープランでは最高6人までアクセスすることができ、同時に使うことができます。

家族6人でファミリープラン(1480円/月)に入れば一人あたり約246円/月で利用可能です。

家族全員が個別で入会するより断然オトクです。

AppleMusicファミリープランについて詳しくはこちら

K-POPを楽しみたい人

Apple MusicではK-POPも豊富に取り揃えています。

K-POPを中心に聞きたい!と思っている人は、Apple Musicのほうがいろんな曲を楽しむことができます。

Spotifyでは一時期K-POPが消えてしまったこともあるので、K-POPを楽しむにはApple Musicのほうが向いていると言えます。

ロスレスオーディオ(高音質)を楽しみたい人

Apple Musicのロスレス/ハイレゾ化が2021年5月に発表されました。

ロスレスオーディオ圧縮とは、オリジナルのデータをそのまま全部維持する圧縮形式であり、録音したときの状態に近い音質で楽しむことができます。

より高音質な音楽を楽しみたい!という方は、是非Apple Musicのロスレスオーディオをお試しください。

AppleMusicの詳しい使い方についてはこちら

Spotifyの利用がおすすめできる人

スポティファイ

対してSpotifyの利用がオススメなのは、どんな人でしょうか。

・邦楽中心に音楽を楽しみたい人
・無料の範囲内で曲を聴きたい人

こちらも詳しくご紹介していきますね。

邦楽中心に音楽を楽しみたい人

実際にSpotifyを使っていると、邦楽が豊富であると気が付きます。

マイナーバンドの楽曲も多く提供されているため、邦楽を中心に音楽を楽しみたいのであれば、Spotifyのほうが曲数が豊富だと感じます。

逆に洋楽は少し弱いと感じるので、自分の好みに合わせてサービスをチョイスするのがいいです。

無料の範囲内で曲を聴きたい人

Spotifyでは無料期間が終わったあとでも、無料プランで音楽を楽しめます。

スキップ回数や曲選択に制限はありますが、「とにかく安く音楽を聞きたい!」という人にはSpotifyの無料プランがオススメです。

AppleMusicとSpotifyについてのQ&A

ここからはApple MusicとSpotifyについてのよくある問題点や注意点について解説します。

・AppleMusicとSpotify を使い分けるなら?
・AppleMusicとSpotifyで曲の移行はできる?
・AppleMusicからSpotify へプレイリストを同期し共有するには?
・AppleMusicとSpotify のダウンロード曲数を確認する見方は?

AppleMusicとSpotify を使い分けるなら?

結論として、Apple MusicとSpotifyの使い分けはオススメしません。

しかし中にはApple MusicとSpotifyを両方使っている、という方もいます。

普段はApple Musicを使い、twitterなどSNSでシェアされた楽曲やプレイリストを確認する際にはSpotifyを利用するという使い分けです。

しかしどちらも有料プランで登録するのは金銭的にかなりもったいないため、オススメしません。

AppleMusicとSpotifyで曲の移行はできる?

Apple MusicかたSpotifyへ、またその逆についても曲の移行はできるのでしょうか?

Tune my MusicやMove to Apple、SongShiftと呼ばれる外部サービスを使えば、各サービス間で曲やプレイリストを移行することも可能です。

本記事ではTune my Music を用いてApple Musicの曲をSpotifyに移行する方法を解説します。

(Tune my Musicはこちらから

1.Tune my Musicにアクセス
2.「早速、開始」をクリック
3.移行元サービスを選択
4.ストリーミングサービスにログインする
5.アクセスリクエストを許可
6.移行したい曲を選択し、「次へ:ゴールを選択」をクリック
7.移行先サービスを選択
8.ログイン、承認する
9.移行内容を確認し「音楽の移動を開始」をクリック

AppleMusicからSpotify へプレイリストを同期し共有するには?

Soundiizと呼ばれる外部サービスを使うことで、簡単にプレイリストを共有することができます。

さきほど初回したTune my Musicでもプレイリストを同期することもできますが、今回はSoundiizを使った同期方法を紹介します。

1.Soundiizにアクセス
2.左パネルにある「プラットフォームからプラットフォームへ」をクリック
3.転送元サービスを選択
4.転送したいエレメントを選択
5.転送先サービスを選択

AppleMusicとSpotify のダウンロード曲数を確認する見方は?

各サービスでダウンロードした曲数、容量を確認する方法を解説します。

Apple Music

1.「設定」を開く
2.「ミュージック」を選択
3.「ダウンロード済み」を選択

ここのページからダウンロードした総データ量など確認できます。

曲数を確認する方法は残念ながらないようです。

またこのページでダウンロードした楽曲を削除することができるので、ダウンロードした楽曲が携帯の容量を圧迫してきたときは曲を削除しておきましょう。

Sportify

SpotifyもApple Musicと同様、曲数を直接確認する方法はありません。

少し面倒にはなりますが、すべての曲を一つのプレイリストに入れることで、間接的にダウンロードした曲数を把握することができます。

まとめ

最後にAppleMusicとSpotify、それぞれのストリーミングサービスをもう一度比較してみましょう。

Apple Music Spotify
月額料金 個人:980円/月(1年契約:9800円)

ファミリー:1480円/月

学生:480円/月

Standard:980円/月

Duo:1280円/月

Family:1580円/月

Student:480円/月

(無料プランあり)

ユーザー数 6000万人超

(2019年6月時点)

3億6500万人

(2021年7月時点)

配信楽曲数 7500万曲 7000万曲
初回無料期間 3ヶ月 3ヶ月(家族プラン、カップルプラン、学生プランは1ヶ月)
音質 ドルビーアトモスによる空間オーディオ・ロスレスオーディオの提供 最高音質:320 kbit/秒と同程度
機能 iTunesライブラリとの連携やミックスが可能

AppleOneの同時契約で楽しむことも可能

iOSやAndroidプラットフォームの区別なく利用できる

Apple Musicでは無料体験期間が3ヶ月と長めに設定されています。

ドルビーアトモスによる空間オーディオやロスレスオーディオが提供されていたり、音質面でも満足できるサービスになっています。

またApple製品との親和性も非常に良いため、Apple製品を多く持っている人にはApple Musicがオススメです。

対してSpotifyは圧倒的なユーザー数を誇っており、Apple製品でなくても使いやすいインターフェイスが特徴です。

さらに、Duoプランが用意されているため、同棲中のカップルなどにオススメしたいプランとなっています。

 

各アプリのメリット・デメリットはこちら

メリット デメリット
AppleMusic ・Apple製品との相性バツグン
・ダウンロード再生に対応
・無料体験期間が3ヶ月
・カップルプランがない
・無料プランがない
・中高生学割プランがない
Spotify ・無料プランが優秀
・様々なデバイスに対応
・ポッドキャストが聞ける
・Spotifyのライブラリにない曲は再生できない
・別途アプリのダウンロードが必要(Apple製品)
・中高生学割プランがない

AppleMusicはやはりApple製品を使っている人には、かなり使いやすいアプリです。

またダウンロードをしてオフラインでも音楽を聴けるのは嬉しいポイント。

そしてSpotifyは、AppleMusicにはない無料プランがあることが魅力ですね。

ただ、無料の範囲だと音楽を充分に楽しむ、ということは難しいようです。

 

また、各アプリのおすすめできる人はこちら

おすすめできる人
AppleMusic ・iPhoneなどApple製品を使っている人
・ファミリープランでお得に音楽を楽しみたい人
・K-POPを楽しみたい人
・ロスレスオーディオ(高音質)を楽しみたい人
Spotify ・邦楽中心に音楽を楽しみたい人
・無料の範囲内で曲を聴きたい人

Apple製品を使っている人や、ファミリープランでお得に音楽アプリを使いたい人にはもってこいの、AppleMusic。

また、音楽のジャンルもSpotifyより幅広く、いろいろな音楽を楽しめます。

そしてSpotifyがおすすめの人は、邦楽を聴くことが多い人や、無料で音楽アプリを使いたい人、となります。

 

どのプランでも初回3ヶ月の無料トライアルのあるのは、AppleMusic。

ぜひ一度試してみてくださいね。

その他、おすすめの音楽アプリについてはこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる