遺品整理はいつから?亡くなった人の遺品を処分する時期と方法とは

この記事でわかること
  • 遺品整理の処分時期はいつからが良いのか。
  • 遺品整理が遅すぎると損をする可能性があるのは、どんな場合か。
  • 遺品整理を始める際の注意点
  • 遺品整理の風水・スピリチュアル的なポイント
  • 遺品整理を業者に依頼するときのメリット・費用相場
  • 遺品整理の際におすすめの「エコ牧場」について

「遺品整理」をすることは人生の中で、それほど多くあるわけではありません。

亡くなった方への想いや遺族の状況も様々で、遺品整理をどう進めたら良いのか迷う方も多いと思います。

今回の記事では、遺品整理を始める時期・その際の注意点、また風水的な観点からのポイントを説明していきます。

最後に、遺品整理をする際の一つの手段として、お勧めの業者をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

\遺品整理は粗大ゴミ回収業者へ/

目次

遺品整理の処分時期はいつから?

  • 気持ちの整理がついた時
  • 四十九日前は避ける
  • 諸手続きの完了後のタイミングで行う
  • 葬儀後すぐ行う
  • 相続税が発生する前に行う

まず最初に、いつから遺品整理をするべきなのかですが、実は遺品整理の時期については人それぞれで、気持ちの整理がついた時でいいのです。

遺品整理とは、故人が生前使っていたものを整理することで、大まかに洋服や時計などの日用品だけでなく、預金や不動産などがあります。

故人と同じ家に住んでいたり、遺品を一時的に倉庫などに保管できるのであれば、それほど急ぐ必要はありません。

しかし状況によっては、遺品整理に適切な時期があるのも事実です。

例えば、故人が住んでいた家が賃貸物件であったり介護施設であれば、遺品整理は早めに済ませる必要が出てきます。

また、相続税が発生する・財産放棄をするなど、法的な手続きをしなければならないのであれば、その期日前に済ませなければなりません。

では、これからいくつかの状況別に説明していきます。

気持ちの整理がついた時

もし自分の中に故人をしのぶ想いがあって、遺品を整理することが出来ないと思うならば、気持ちの整理がしっかりとできるまで待ちましょう。

以下のような場合は、遺品整理の時期は特にないようですので、自分に必要な時間をかけて遺品整理を進めていけば大丈夫です。

①故人の家に住んでいる親族がいる

②故人の家を取り壊さず、残しておく

③相続税がかかりそうな遺品がない

四十九日前は避ける

遺品整理の処分は、一般的には四十九日や百日法要、一周忌の後に行われることが多いようです。

親族が亡くなられると、葬儀の諸手続きやその費用の準備・親族・故人の友人等に連絡をしたりと、忙しい中にも気を遣う事があるのも事実です。

ゆっくりと故人とのお別れが出来ないまま、時間が過ぎてしまいます。

しかし四十九日を過ぎると、残された遺族の心も落ち着いてくるということもあるそうです。

そのほかにも、このような法要の日には親族が多く集まるため、親族間で遺品整理や形見分けの話し合いができるということもあります。

勝手に遺品整理をおこなうと、親族間での思わぬトラブルに発展することもあるので、必ず話し合いの時間を取ってから遺品整理を始めるようにしましょう。

諸手続きの完了後のタイミングで行う

葬儀を終えた後にも、下記のような届出や解約・精算など、しなくてはならない手続きがかなりあります。

    • 死亡届⇨死亡の事実を知った日から7日以内
    • 年金・健康保険の停止手続き
    • パスポート・運転免許証・クレジットカード等の停止・返却
    • 携帯電話の解約
    • 電気・ガス・水道の解約・精算
    • 介護施設の退所手続き
    • 賃貸住宅の解約・家賃の精算
    • 住民税・所得税・保険金の手続き  等

    故人名義のものを解約するのには、必要な提出書類を集めたりする必要もあり、数日かかることもあります。

    遺品整理をそれほど急がなくても大丈夫であれば、こういった手続きを済ませてから取り掛かることもできます。

    葬儀後すぐ行う

    • 故人が賃貸住宅に住んでいた
    • 故人が介護施設に入所されていて、退所する期日が決まっている
    • 親族のほとんどが遠方に住んでいる

    もし、故人が「孤独死」をされて、発見までに日数がかかった時などは、一般的な清掃だけでは現状回復できなくなります。

    そのような時は、特殊清掃を請け負う業者に依頼し、検死が終わるとすぐに作業に入ってもらい、遺品整理も同時に済ませることが多いです。

    相続税を納付する前に行う

    相続税とは、故人の財産を相続した際にかかる税金のことです。

    通常、故人が亡くなった翌日から10ヶ月以内に、申告・納付をする必要があります。

    相続税を算出するためには、まず相続する財産の金額が分からないとなりません。

    現金や預金以外にも、株・土地や不動産の評価額・貴金属や骨董品など金銭的価値のあるものの査定額・借金などを調べる必要があります。

    そのため、相続税の申告・納付をする前に、余裕を持って遺品整理をするというのが一つの目安になってきます。

    ちなみに、相続した財産が基礎控除額よりも多いと相続税が発生します。

    基礎控除額の計算は以下の式で出来ます。

    3,000万円+(600万円×法定相続人数)=基礎控除額

    遺品整理が遅すぎると損をする可能性がある

    • 故人の賃貸契約を確認する
    • 相続税の申告・納付する前に済ませる
    • 空き家で放置すると、固定資産税が増える

    故人の賃貸契約を確認する

    故人が賃貸住宅に住んでいた場合、退去期日までに明け渡しをしないと、その後の家賃がかかってきます

    もし、倉庫などを借りるとなればその費用もかかってきます。

    このような場合を考えて、まずは故人の賃貸契約を確認し、期日にあわせて遺品整理をすることが必要になってきます。

    相続税を申告・納付する前に済ませる

    先ほど説明しましたが、故人が亡くなった翌日から10ヶ月以内に、相続税の申告・納付をする必要があります。

    この期間を過ぎてしまうと、加算税・延滞税が課せられることがあります。

    空き家で放置すると固定資産税が増える

    誰も住まなくなった空き家を、そのまま放置しておくと「特定空家」に指定されてしまう恐れがあります。

    平成27年度の税制改革により、特定空家に指定されてしまうと、固定資産税が約6倍に増えてしまいます。

    特定空家等」とは、
     1 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
     2 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
     3 適切な管理が行われないことにより 著しく景観を損なっている状態
     4 その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態 にある空家等をいう。
    (2 条 2 項)
    引用:国土交通省ホームページ

    \遺品整理は粗大ゴミ回収業者へ/

    遺品整理を始める際の注意点

    • 相続や手続きに必要な書類を探す
    • 遺言書などを見つける
    • 遺族全員に合意をとっておく
    • 相続放棄をする場合、遺品整理はしない

    相続や手続きに必要な書類を探す

    相続に関する相談は、司法書士・行政書士・税理士・弁護士などに依頼するのが一般的です。

    依頼すれば費用がかかりますが、複雑な手続きを任せられ、節税につながるケースも期待できます。

    手続きに必要な書類を探しておくと、相続がスムースになります。

    以下のものは、探しておくようにしましょう。

    1. 通帳
    2. クレジットカード、キャッシュカード
    3. 現金
    4. 印鑑
    5. 有価証券
    6. 身分証明書(運転免許証・パスポートなど) 
    7. 土地の権利書
    8. 健康保険証
    9. 契約書類(生命保険・賃借の契約書や残高がわかるものなど)

    遺言書などを見つける

    故人が自身の死後に備えて準備するものに、エンディングノート遺言書があります。

    エンディングノートは、延命治療や葬儀について、資産について、万一の際に誰に連絡をしてほしいのかなど、内容や書き方も自由で法的効力はありません。

    それに対して遺言書は決まった形式で作成することが必要で、相続人や遺産分割の内容を書き記します。

    その内容は法的効力があり、原則として遺言書の内容が法定相続よりも優先されます

    遺言書にはいくつか種類があって、自筆の遺言書であれば自宅に保管されているケースが多いですが、手数料を払って法務局に保管している場合もあります。

    封印されている場合は家庭裁判所で検認手続きが必要になるので、勝手に開けてはなりません。

    そのほかに、きちんと証人を立てて作成した遺言書(公正証書遺言や秘密証書遺言)の場合、公証人役場で保管されています。

    これらを確認しておくことで、より故人の意思に沿った形で、スムースに相続や遺品整理を進めることが出来ます。

    遺族全員に合意をとっておく

    よく「遺産相続」が「遺産争続」にならないように注意しましょうと聞くことがあるかと思います。

    この原因として多いのが、親族内で納得の行く話し合いがされないうちに、誰か一人が勝手に遺品を売ってしまうことがあげられます。

    特に、宝石や時計、カメラ、骨董品など売却額が高くなるであろう物は要注意です。

    しかし、財産以外の故人の服や日用品の処分にも気をつける点があります。

    例えば、自分にとっては不要な物であっても、人によっては故人との思い出の品だったということもあるので、遺品整理を始める前に親族に話を通しておくことをお勧めします。

    相続放棄をする場合

    故人が借金を背負っていた場合、遺産相続をするとその分も相続してしまいます。

    相続する遺産額がプラスなのかマイナスなのかを調査し、原則「故人の死後3ヶ月以内」に、相続するのか相続放棄するのかの意思決定をしなければなりません。

    もし、相続放棄するならば、遺品はあなたの財産にはなりません。

    相続放棄をするならば、遺品の整理・売却をしてはなりません

    しかし、相続するか相続放棄するか迷う場合もありますよね。

    相続人は、財産の調査をすることができます。(民法915条2項)

    1. 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
    2. 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる

    引用:WIKI BOOKS

    「銀行口座からの定期的な引き落とし」「クレジットカードのキャッシングの明細」などは注意してください。

    そのような場合、銀行やクレジットカード会社、消費者金融の借金は、それぞれの会社が加盟する信用情報機関に開示請求して調査してみましょう。

    住宅ローンがある場合は、団体信用生命保険に加入していると残りのローンが完済されるので、この確認も必要です。

    相続放棄が出来なくなる可能性がある

    先ほど、相続放棄をするならば遺品整理はNGだと説明しました。

    これは、遺品整理をする⇨「相続を承認した」とみなされる⇨一度相続を承認したら、相続放棄はできない、ということがあるからです。

    相続放棄をすると決めているだけでなく、迷っている場合も、遺品整理はしないでおくことをお勧めします。

    遺品整理の風水・スピリチュアル的なポイント

    • 親や亡くなった人の物を使うのはスピリチュアル的にあり?
    • 親や亡くなった人の衣類や布団を使うのはスピリチュアル的にあり?
    • 親や亡くなった人の服を着るのは風水的には?
    • 親や亡くなった人の部屋を使うのは風水的には?
    • 遺品を処分する時に塩はまくべき?

    亡くなった人の物を使うのはスピリチュアル的にあり?

    故人が望むことは、残された遺族が自立し、幸せに明るい気持ちで生きていくことです。

    またスピリチャル的な観点から、故人が使っていた物は、亡くなった時点でその役目を終わると考えられています。

    もし故人の想いが強い物が現世にあると、それに引っ張られあの世に旅立つことが出来なくなります

    亡くなられた方に感謝をし遺品整理をすることは、自身のためだけでなく、亡くなった方の供養でもあるのです。

    もしも、遺品の量が多かったり大きなものであると、遺族の生活スペースを圧迫します。

    まして埃やカビが発生していると健康・精神的に悪影響を与えることもあります。

    そのような時は、遺品整理を前向きに考えてみる、一つのきっかけとして捉えてみてください。

    手元に置いておけないもの、処分するのに気が咎めるものなどは、写真に残したり、神社やお寺でお焚き上げをしてもらうという方法もあります。

    親や亡くなった人の衣類や布団を使うのはスピリチュアル的にあり?

    スピリチュアル的な話をすると、故人の持ち物を使うのはありです。

    故人が身につけていた腕時計やアクセサリーなどが残しやすいでしょう。

    ただし大事なことは、その遺品を見た時に明るい気持ちになるかどうかです。

    晴れた日の午前中のうちに太陽の日を当て、新しい「気」を取り入れてから使うようにしましょう。

    そのほか、故人が使っていた布団は、どうなのでしょうか。

    人は寝ることで心と体を休め、エネルギーをためます。

    布団には寝ている間に汗や息が染み込み、マイナスのエネルギーとなっていきます。

    洗ったり干したりすることである程度は落ちますが、マイナスのエネルギーはたまっていきます。

    布団やシーツ、枕カバーなども定期的に買い換えた方が良いものとなります。

    亡くなった人の服を着るのは風水的には?

    風水的な考えからは、遺品は「隠」の気を放つとされています。

    なかなか捨てられない故人の洋服を見た時、寂しい、悲しいといった気持ちになりますか?

    そのような場合、その洋服は残された人に隠の気を蔓延させ、時に健康をも脅かします。

    もし何か残したい、身につけたいと思うなら、気持ちが悲しくならずモチベーションが上がる服を選びましょう。

    洋服は流行があり、保管しておくだけでも劣化は進みやすいものです。

    捨てられずずっと残しておいても、着ることは無いかもしれません。

    また風水的にも、ある程度流行を取り入れたファッションに身を包んだ方が、運気を上昇させます。

    取っておく洋服を決めたら、残りは処分していくようにしましょう。

    亡くなった人の部屋を使うのは風水的には?

    風水的には、持ち主が亡くなると、生前使っていたもの物は「隠」の気を持つ物となります。

    故人が使っていた日用品があふれている部屋には、「隠」の気が蔓延しています。

    特にその部屋にいて、嫌な思い出が蘇ったりモヤモヤする場合は、すでに心身に悪い影響がでています。

    その場合、亡くなった方の部屋を使うのはやめておきましょう。

    明るい気持ちで過ごせる部屋であっても、遺品を整理し、綺麗に掃除をしましょう。

    そうすることで気持ちの整理もでき、風水的にも良い方向に向かう準備ができるでしょう。

    遺品を処分する時に塩はまくべき?

    遺品を処分するということは、ゴミとして出すということでもあります。

    やはりいざとなると、そのまま捨てるのは抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。

    そんな時は、「塩」と「白い紙や布」を準備しましょう。

    風水では、「白」はリセットを意味し、悪い気を浄化してくれる色とされています。

    白い紙や布で包んだり、ひとつまみの塩を入れることで、悪い気が飛んで行きます。

    そして「ありがとう」の気持ちをこめて、捨てるようにしましょう。

    遺品整理を業者に依頼する方法もある

    • 遺品整理業者に依頼するメリット
    • 遺品整理業者の費用相場
    • 遺品整理業者の特徴比較

    親族が比較的近くに住んでいて、遺品整理の時間を共有できるのであれば、故人の思い出話や遺品にまつわるエピソードなどを話しながら処分していくことも出来ます。

    形見分けもスムースに行きやすく、心の重しも少しずつほぐれていくでしょう。

    しかし一人っ子っだったり、遠方の親戚が多いと一人の遺族の肩にのしかかってくる可能性もあります。

    そういった時は、遺品整理業者に依頼することは一つの選択肢と覚えておくと良いでしょう。

    また、遺品整理による相続関連のトラブルを防止するのにも、有効な手段です。

    遺品整理業者に依頼するメリット

    遺品整理業者に依頼するメリットは、以下のようなことがあります。

    • 故人が賃貸住宅に住んでいて、立退きまでに時間がない。
    • 親戚が遠方に住んでいて、遺品整理が出来ない。
    • 遺品の数が多く、何から手をつけて良いかわからない。
    • 一人で遺品整理をしなくてはならない。
    • 相続の手続きに必要な書類がどこにあるのかわからない。
    • 故人の家が、ゴミ屋敷状態であった。

    遺品整理業者に依頼することで、捨てるべきもの、必要なものが明確になります。

    特に相続に必要な書類をあやまって捨ててしまうことも避けられますし、早々に見つけ出さなければならない必要な書類も、経験から探し出してくれる事もあります。

    重要書類でなくとも、、故人が使っていたベッドや布団・箪笥などの家具・衣類・書籍など、自治体の回収方法に合わせて分別・搬出をしなくてはなりません。

    TVや冷蔵庫などのリサイクル家電・パソコンは自治体では回収をしていないので、回収方法を調べて、それぞれの回収先に申し込まなければなりません。

    もし自分でやるとなると家具などは搬出が大変だったり、処分の手続きが面倒だったりして、途中でやめてしまったという口コミも多いです。

    遺品整理業者に依頼すれば、全て業者に任せることができます。

    短時間でスッキリと片付き、それだけでも気持ちを明るくしてくれる要因になるでしょう。

    遺品整理業者の費用相場

    同じ間取りでも、処理する遺品の量によって違いはありますが、大体の目安は以下のようになります。

    間取り 料金相場
    1R 3〜12万
    1LDK 7〜18万
    2LDK 11〜25万
    3LDK 17〜36万
    4LDK 22〜50万

    遺品整理業者の特徴比較

    業  者 エコ牧場 カタセル  ブルークリーン ライフパートナー 遺品整理110番
    料  金
    特  徴
    対応地域
    すぐ来てくれるか
    親切さ
    HPがわかりやすいか

    実際、遺品整理業者を探すとなると、どこを選んで良いのか迷ってしましますよね。

    特に、追加費用によるトラブルは避けたいものです。

    そこで、おすすめの「エコ牧場」についてご紹介していきます。

    エコ牧場

    エコ牧場

    画像引用:公式サイト

    画像引用:公式サイト

    エコ牧場の特徴

    わかりやすい料金体系

    • 不要な追加費用一切なしの、トラック詰め込みパックが19,800円〜

    実績豊富

    • スピード回収が評価され、多数の企業からも依頼あり
    • TVにも紹介されたこともあり
    • 年間実績10,000件

    安さの理由が明確

    • 全ての作業を一括自社対応。中間マージンを排除できる
    • 紹介やリピートが多く、広告費を削減
    • 作業員の徹底研修により、効率良い作業体制を確立
    • 全国各地に拠点があるため、移動距離が少なくコストカットができる

      エコ牧場の問い合わせ方法

      依頼した後の流れ

      電話や現場での無料相談

      料金提示・定額パック料金以外にかかる料金の提示

      成  約

      片付け作業

      終了・お支払い

      \即日対応可!おすすめ粗大ゴミ回収業者!/

      まとめ

      今回は、遺品整理の始めるタイミングや気を付けたいポイント、風水的観点からの整理の仕方についてお話ししてまいりました。

      また、遺品整理におすすめの「エコ牧場」についてもご紹介いたしました。

      遺品整理をする状況や時期は、人それぞれです。

      ご自身の気持ちが遺品整理に向かったときに、ぜひ参考にしてみてください。

      \遺品整理は粗大ゴミ回収業者へ/

      よかったらシェアしてね!

      コメント

      コメントする

      CAPTCHA


      目次
      閉じる