人気のフライパンおすすめ37選【2021年最新】種類別で商品を徹底比較

フライパンが焦げ付いてきた、変形して火の通りにムラがある・・・

そんな風になったらフライパンの交換時期です。

しかし次はどんなフライパンにしようかと決めらない方も多いはず。

ここでは2021年最新の人気のおすすめフライパンの紹介と共に、コーティングの種類やフライパンを長持ちさせるコツ等も紹介していきます。

フライパン選びの参考になれば幸いです。

目次

超重要!フライパン選びのポイントは?

たくさんの種類があるフライパンですが、選び方を間違えると使いにくかったり、短期間でコーディングが剥がれてきたりします。

せっかく購入しても使えなければとてももったいないです。

ここではフライパン選びに失敗しないために重要な5つのポイントを紹介します。

《フライパン選び5つのポイント》

  1. コーティングが長持ちするフライパン
  2. ライフスタイルに合ったサイズと重さ
  3. お手入れのしやすい商品
  4. 焼きムラが少ないフライパン
  5. 収納のしやすいフライパン

それぞれ詳しくご紹介していきます!

①コーティングが長持ちするフライパン

コーティングとは、フライパンに食材がくっつきにくくする加工のことです。

フライパンによって様々なコーティングがされており、それにより快適な調理が可能になっています。

コーティングの種類により、気を付けた方がいいことや、お手入れの仕方も多少変わってきます。

しかしどんなに丁寧に使っていても、使っているうちにコーティングが剥がれてしまい、食材がくっつきやすくなると買い替え時です。

そうなると数年に一度はフライパンを買い替えなければなりません。

たかが数千円ですが、されど数千円ですよね。

では、コーティングがないフライパンってあるの?と思われる方もいるかもしれません。

答えはあります。

鉄やステンレスでできているフライパンならコーティングが施されていないものがほとんどです。

鉄やステンレスフライパンは10年以上も使うことが可能であり、一生モノのフライパンになります。

②ライフスタイルに合ったサイズと重さ

フライパンの大きさは家族人数などで選ぶと良いです。

目安としては、1~2人は20㎝~24㎝、3~4人は26㎝~28㎝がおすすめとなっています。

26㎝を持っていれば一人暮らしの方も急な来客などにも対応できて便利ですし、3~4人家族ですと20㎝と26㎝の2つを使い分けたりするのも料理効率が上がって良いです。

また、フライパンの重さも料理をする上では重要になってくるためよく確認しましょう。

一般的に大きさが大きくなると重くなりますが、女性の力ですと1㎏を超えると重く感じると言われています。

そのため近頃では軽量化されたフライパンも多く出回っています。

中には、フライパンを煽ることはないから重さはあまり気にしないという方もいるので、自分自身が何を重視したいかを考えてみましょう。

③お手入れのしやすい商品

お手入れのしやすいフライパンはコーティング加工されているものです。

コーティングが施されていると焦げ付きにくいため、洗うときがとても楽です。

台所で長時間立ち続けるのが辛いと思っている方はたくさんいると思うので、そういった方にはコーティング加工のフライパンをおすすめします。

また、調理中は重さを感じなくても洗うときに重いのが辛いという場合もあるため、軽量フライパンも負担を軽くする手段のひとつです。

④焼きムラが少ないフライパン

焼きムラができるとせっかく完成したと思った料理をもう一度焼き直したりして、結局失敗してしまったりして悲しいことが多いですよね。

焼きムラはフライパンの板厚が薄いと、熱源が直接食材にあたるため起こりやすい現象です。

そのため大きさ重さに加えて板厚も確認すると納得のできるフライパンを手に入れることができます。

⑤収納のしやすいフライパン

フライパンの収納は台所によって変わってくるため、どこに収納したいかによって変わってきます。

シンク下の引き出しにきれいに並べたい場合は取っ手が取れるタイプがおすすめです。

またコンロ上に吊るしたい場合は取っ手は取れないタイプの方がおすすめです。

このように台所の収納も考えた上でフライパンを選びましょう。

おすすめ人気フライパン37選

2021年最新のおすすめの人気フライパン37選を7種類に分けて紹介していきます。

    フライパン選びの5つのポイントを参考にしながら、ぴったりのフライパンを見つけていきましょう。

    圧倒的人気のフライパンセット

    フライパンがセットになっているとお買い得だったり、すっきり収納できて気分が上がりますよね。

    しかしフライパンセットの種類が多くて決められない、と思っている方に向けて人気のフライパンセットを紹介していきます。

    アサヒ軽金属工業 オールライトセット

    アサヒ軽金属は調理器具を作っている会社で、こちらのオールライトは少ない水や油なしでの調理を可能にしてあります。

    少ない水で調理することにより、食材のビタミンの流出を少なくし、色鮮やかな仕上がりになります。

    例えばフライパンいっぱいにゆで卵を作ろうとしてもカップ1/2の水だけで作れます。

    また包熱効果で油をひかなくても余分な油を溶かしだして調理できるためカロリーカットにつながるため健康志向の方におすすめです。

    ドウシシャ シンフェ フライパン9点セット

    シンフェはアマゾン限定のブランドで、木製の可愛らしい取っ手が特徴です。

    フライパンの内側に突起物がないため洗うときに汚れがたまることがなく清潔に使えます。

    また女性にも扱いやすい軽さで、側面に注ぎ口がついているため汁物をお皿に移すときも楽々です。

    アイリスオーヤマ ダイヤモンドグレイス10点セット

    アイリスオーヤマのダイヤモンドグレイスはダイヤモンドコーティングがされているため丈夫で長持ちです。

    またコーティングも取れにくいため長い間食材がさらっと取れる感覚を味わうことができます。

    油が少なめでもこびりつきにくく、軽いフライパンのため扱いやすいです。

    エッグパンも付いて10900円はさすがアイリスオーヤマなだけあって安いです。

    安くて丈夫なフライパンセットを探している方におすすめです。

    和平フレイズ リュッカ 13点Aセット

    こちらのリュッカも調理器具で有名な和平フレイズが作っているアマゾン限定のブランドです。

    アルミを叩いて引き延ばす”鍛造風プレス製法”により、軽さと丈夫の両方を実現しています。

    食洗機の使用ができたり、取っ手が2つも付いている点は忙しい主婦の味方です。

    フィスラー スナッキー4点セット

    フィスラーは150年以上の歴史があるドイツの高級メーカーです。

    小さいけれど本格派なスナッキーセットは一人暮らしの方、離乳食作りや朝食作りにおすすめです。

    底面が独自の底厚3層カプセル構造になっており、効率の良い加熱と熱伝導が魅力です。

    そのため調理時間の短縮につながります。

    廣田株式会社 スターシリーズDX

    廣田株式会社は主に家庭用品を販売している会社です。

    揚げる、蒸す、炊くなど7種類の料理ができる優れもので、グリルパンは底が波型になっているため余分な油を落とせてヘルシーです。

    内側には高密度3層コーティングが施されているためキズに強く、油をひかずに使用することもできます。

    また、面白いことに取っ手は外せませんが、それぞれをぴったり重ねることができるため収納に困らず、蓋代わりにもなるためミニマリストを目指している方におすすめです。

    サイズは小型なため2人暮らしの方ややちょっとしたものを作る用のフライパンを探している方にもおすすめです。

    ダイレクトテレショップ フレーバーストーン グランド4点セット 

    フレーバーストーンのフライパンはカラーがレッドとゴールドから選ぶことができ、キッチンを華やかにしたい方におすすめです。

    ベースの3層は熱伝導が良く、トップの3層はくっつきにくいため時短することができ、料理中のストレスが減ります。

    また遠赤外線効果でいつもの料理がプロ級の仕上がりになるため、料理があまり好きではない方も楽しく料理することができ、レシピブックも付いてくるためレパートリーを増やすこともできます。

    取っ手が取れるおすすめフライパン

    取っ手が取れるフライパンは冷蔵庫にそのまま保管できることが魅力的です。

    収納場所が狭い場合にもコンパクトに重ねられて便利です。

    重ねる際にはプラスチック蓋が付いている製品もあり、コーティングを傷つける心配も少なくなります。

    カインズ 取っ手が外せるストーンマーブルフライパン・鍋5点セット

    カインズの人気フライパンである、ストーンマーブルシリーズの取っ手が取れるバージョンです。

    ストーンマーブルシリーズはフッ素3層コーティングで高い耐久性を実現しており、軽くてこびりつきにくいことも特徴です。

    また、2016年にグッドデザイン賞を受賞しているため、便利でおしゃれなフライパンを求めている方におすすめです。

    しかし、洗った時に取っ手に水が溜まりやすいことが難点で、取っ手の取り付けが回転させてプッシュする、という2段階での装着となるため購入時の参考にしてください。

    アイリスオーヤマ セラミックカラーパン9点セット

    リーズナブルな価格で人気のアイリスオーヤマから可愛いカラーのフライパンが発売されています。

    キッチンを可愛く彩りたい方にはぴったりで、カラーはピンクやブルー、ベージュの他にも数種類あり好みのカラーが見つかります。

    また、アルミダイキャスト製法で作られているため軽くて丈夫なところや、遠赤外線効果により中火でもしっかり芯まで火が通るためふっくらした仕上がりになるところが人気の秘訣です。

    安くて可愛いフライパンを探している方におすすめです。

    サーモス 取っ手の取れるフライパン5点セット

    水筒やタンブラーで有名のサーモスからもフライパンが発売されています。

    特徴としては、“耐摩耗性デュラブルコート”が施されており、耐摩耗性と焦げ付きにくさが高いところです。

    フライパンが深型なため、煮物や汁物の調理も簡単にでき、料理の幅が広がります。

    またオーブンや食洗器も使えるため、家事を楽にしたい方におすすめです

    パール金属 フライパン鍋5点セット

    調理器具やアウトドアグッツを販売しているパール金属の取っ手が取れるフライパンは、ダイヤの粒子配合の特殊なブルーダイヤモンドコート加工がされており、表面のコーティングが3層構造になっているため金属ヘラを使ってもキズが付かないという強度があります。

    取っ手はワンタッチで取り外しが可能なため便利な仕様です。

    オーブンの使用も可能なため料理の幅を広げたい方にもおすすめです。

    ティファール インジニオ・ネオ ハードチタニウム・プラス

    誰もが一度は聞いたことのあるフライパン会社のティファールの中でも1番有名な取っ手の取れるタイプのフライパンです。

    特許技術を駆使したことにより取っ手がワンタッチで取れるのはもちろんのこと、安定感も抜群なため調理中に余計なストレスがたまりません。

    お知らせマーク付きで余熱のしすぎによるフライパンの劣化を抑えられるところも大きな特徴です。

    和平フレイズ マローネシェフ 魚焼きグリル

    魚を焼くのが億劫な方におすすめの魚焼きフライパンです。

    こちらのフライパンの目的は煙を出さずに魚が焼けるということです。

    表面に凹凸があるため魚を焼くだけではなく、肉を焼いても余分な油が落ちヘルシーな仕上がりになります。

    表面もダイヤモンドコート加工なため、汚れも落ちやすく重さが1620gと重ためですが、取っ手が取れるため洗うときにも辛くありません。

    エバークック evercookα 備長炭 フライパン&鍋 6点セット 

    エバークックアルファは快適が続くことをポリシーにしており、こちらのフライパンは備長炭入りのため他のエバークックのフライパンと比べて温度上昇が早いため素早く調理することができます。

    フライパン内部はアンカー構造により、こびりつきにくさが長持ちし、万が一フッ素が剥がれてもフライパンの本体に強いアルマイトコーティング(酸化被膜)が施されているためフライパンの腐食を防ぐ効果があります。

    また、フッ素が剥がれてしまっても期限付きですが保証があるため安心して使うことができます。

    少しでも長く使いたい方におすすめのフライパンです。

    おしゃれなデザインのフライパン

    自分の理想のキッチンにするために、おしゃれなフライパンを見つけようとしてもサイズがいまいちだったり、求めているおしゃれさではなかったりと難しいですよね。

    そういう方のために様々なおしゃれさのフライパンを紹介していきます。

    和平フレイズ ピコレミパン

    料理愛好家で有名な平野レミさんのフライパンで、カラフルか色合いがキッチンを楽しくしてくれます。

    サイズは20㎝なため朝ごはん作りや一人暮らしの方におすすめです。

    こちらのフライパンひとつで蒸す、焼く、煮る、揚げる、蒸す、炊くの6役できるというのが人気の秘訣です。

    しかも付属の蓋がすごい機能を持っており、蓋をしたまま水や調味料を入れることができます。

    それにより油はねがきにならなくて良いですね。

    ケヴンハウン セラミックフライパン ツイストハンドル

    ケヴンハウンは北欧の会社なためフライパンのデザインも一味違います。

    2層のセラミックコーティングにより、こびりつきにくく、耐久性もあります。

    またフライパンの底の厚さが5㎜もあるため熱伝導がよく、スムーズに火を通すことができます。

    実はハンドルを回転させると取れる仕組みとなっているため、おしゃれさと便利さを求めて居る方におすすめです。

    アイリスオーヤマ スタイルシェフ ステンレスフライパン

    リーズナブルで有名なアイリスオーヤマにはステンレスフライパンもあります。

    保温性の高いステンレスと熱伝導が良いアルミニウムの3層構造からできているため、外パリっ中はジューシーのおいしい料理が簡単にできてしまいます。

    コーティングは付いていないフッ素加工のフライパンよりは扱い辛いかもしれませんが、鉄フライパンよりは比較的扱いやすいため、一生モノのフライパンがほしいけど鉄フライパンにはまだ手が出せない・・・という方におすすめです。

    ガストロラックス バイオタンフライパン

    ガストロラックス社はデンマーク生まれで、手製鋳造やチタンコーティングを世界で初めて開発した一流企業です。

    バイオタンコーティングは植物由来のもので長く使ってもこびりつかないことや、有害物質を含まないため、環境やヒトに優しいという特徴があります。

    底面にシリアルナンバーが入っているためオリジナリティーを求める方におすすめです。

    また取っ手を取ることも可能なためオーブン調理も楽にできます。

    ツヴィリング カラーラプラスフライパン24㎝深型

    ツヴィリングは280年以上の歴史を持つ世界最古のブランドのひとつと言われており、長く使える品質のものを提供しています。

    こちらのフライパンは特殊なウルトラ背ラフォースコーティングを施してあるため、キズに強い仕上がりとなっています。

    色合いもフライパンには珍しくモノトーンカラーなため、とてもおしゃれなキッチンが演出できます。

    大きさは24㎝深型のみですが、2人~3人家族であればぴったりの大きさであることや、深型のため煮る、揚げるも簡単にできるため常用できおすすめです。

    IH対応のフライパン

    IHの場合、フライパンによっては対応していない場合があります。

    主に鉄・ホーロー・ステンレスでできているフライパンは使うことができますが、アルミ・銅でできたフライパンは使えません。

    しかし、オールメタル加熱のIHであればアルミ・銅でも使うことができるため一度確認してみましょう。

    マイヤー サーキュロンオリジンズフライパン

    マイヤー独自のTOTAL加工は、高級フッ素樹脂にうずまき状加工を施したものであり、うずまき部分がフッ素を守ってくれるため、耐久性が高くなります。

    フッ素が剝がれにくいということは、焦げ付きにくいということでもあるので、安心して使うことができます。

    サイズは28㎝しかないのですが、赤色が特徴的で可愛いです。

    若干ですが1㎏を超えるので、フライパンを煽る料理よりもじっくり焼く料理に使う方がおすすめです。

    北陸アルミニウム IHハイキャストフライパン

    北陸アルミニウムは調理器具だけでなく、様々なアルミニウムの専門企業です。

    アルミニウムは熱伝導が良くムラなく温まることが最大の特徴です。

    またテフロンプラチナ加工というテフロンの中でも優れた耐久性を持ったコーティングが施されています。

    しかし重さが590g~1200gと少々重たいため炒め物のように煽る料理よりもステーキなどじっくり焼く料理におすすめです。

    ティファール IHハードチタニウム・プラス

    ティファールのフライパンの中でも人気の高いひとつが、IHハードチタニウム・プラスです。

    チタンが配合されているため、強靭でサビにくいことが特徴です。

    またフライパンの内側も外側もフッ素樹脂加工がされているため、汚れがするっと落ちます。

    重さが790g〜1220gと他のティファールの製品よりも重たいためフライパンを煽るにはあまり向いていません。

    真ん中の赤色の部分の模様が変われば余熱完了の合図なので、料理初心者さんでじっくり焼く料理に使うフライパンをお探しの方におすすめです。

    柳宗理 マグマプレート鉄フライパン

    柳宗理の鉄フライパンはマグマプレートを使っているため他の鉄フライパンよりも熱伝導が良いです。

    熱伝導が良いと食材のうまみを閉じ込めることができ、料理上手になれます。

    またフライパンの形が丸型ではなく、バタフライデザインと言われる左右が蝶の羽のようになっています。

    バタフライデザインのため左右に注ぎ口が付いてあり、左利きの方にもおすすめのフライパンです。

    ウルシヤマ金属 クワトロ-IH フライパン

    ウルシヤマ金属は日本製のフライパンを作っており、安心な上に評価も高いフライパンです。

    コーティングは耐久性に優れたテフロンプロファイル加工が施されており、焦げ付きにくいのはもちろん、温まりやすく冷めにくいと高評価です。

    重さは400g〜1009gとやや軽いほうで、取っ手も手にフィットし持ちやすい設計になっているため力に自信のない方におすすめです。

    鉄素材のフライパン

    鉄フライパンはお手入れが難しいと思われがちですが、慣れてしまえば一生モノのフライパンになるため大事に使うことができます。

    またいつもの料理が簡単においしくなってしまったり、鉄分も一緒に摂れたりといいこと尽くしなところも特徴です。

    いつものフライパンにもうひとつ鉄フライパンを足してみるのも良いですね。

    Turk(ターク) クラシックフライパン

    タークの鉄フライパンの形は一般的に見かけるフライパンの形とは異なりますが、それは1枚の鉄から作られた打ち出し製法が用いられており、すべてが鉄のため取っ手に角度が付いています。

    そんなアンティークな形がキッチンに味を出してくれますのでアンティーク志向の方にはおすすめです。

    重さが690g〜1100gと少々重ためですが、フライパンを振らなければ気になるほどの重さではなく、サイズも20㎝〜26cmと揃っているためおり日常的に使用するのにおすすめの鉄フライパンです。

    九雲 鉄のフライパン

    九雲の鉄フライパンもタークのフライパンと同様に打ち出し製法を用いて作られています。

    取っ手が木製のため温かみが感じられる上に、調理時に取っ手が熱くなりにくいという特徴があります。

    またフライパン底面の厚みが2.3㎜と厚いため鉄の密度が高くなり、蓄熱性を高めてくれ、じっくりと火を通します。

    そのためステーキなどじっくり焼く料理におすすめです。

    IWACHU/岩鋳 ファミリーパン

    岩鋳のファミリーパンは伝統や技術が認められている南部鉄器でできています。

    サイズは14㎝〜17cmで重さは700g〜1200gと小さく重ためですが、朝食やお弁当をさっと作るには適しています。

    また業務用のため壊れにくいところも魅力です。

    価格が1848円~2585円と安いため、鉄フライパンを使ってみたいと興味がある方も手を出しやすくおすすめです。

    リバーライト 極JAPAN

    リバーライト社の極みJAPANはユーザーの声から生まれているため、主婦目線で作られた鉄フライパンのひとつです。

    フライパンの表面に”窒素加工+酸化鉄層”を作ることにより、とても錆びにくく、頑丈な作りを実現しています。

    また、熱伝導率がフッ素加工の217倍もあるため料理のしやすさが格段に上がります。

    フライパンのサイズも16cm〜28cmと豊富に揃っているため2つ目のフライパンを探している方にもおすすめです。

    ビタクラフト スーパー鉄フライパン

    ビタクラフトのスーパー鉄フライパンは独自の”窒化4層加工”をすることにより、錆びにくく、こびりつきにくい鉄フライパンとなりました。

    最大の特徴は鉄フライパンなのに、お手入れ不要というところです。

    一般的な鉄フライパンの場合、1番初めの”から焼き”や使用後の”油ひき”などが不要なため、お手入れに時間をかけたくないけど鉄フライパンをつかってみたいという方におすすめです。

    安いのに優秀なフライパン

    人気なのもいいしおしゃれなのも惹かれるけど、やっぱり安いのが良い!という方にはぜひ、こちらを見て検討していただきたいです。

    安くても優秀なおすすめフライパンを紹介していきます。

    KAI/貝印 軽量・高熱効率フライパンIH対応

    貝印のフライパンは20cm〜32cmのサイズ展開で385g〜805gと軽く、取っ手が短めに作られているので、洗うときに楽なフライパンです。

    また、焦げ付きも少ない上に、フライパンの底面は厚めに、側面は薄めに作ってあることにより、熱伝導があり保温性もあるため時短調理になります。

    価格も1074円~2750円と安価なため、安くて軽くて使いやすいフライパンを求めている方におすすめです。

    ツヴィリング ピコフライパン

    ツヴィリングは世界最古のブランドのひとつと言われている会社で、ハイクオリティなステンレスの調理器具を販売しています。

    ピコフライパンは16㎝と小さいながらもステンレスフライパンとして優秀であり、比較的安価です。

    フライパンの底はアルミニウムのため、熱伝導と蓄熱性が良く、一度温度が上がればあとは弱火で調理でき、経済的です。

    ステンレス素材で安い優秀なフライパンを探している方におすすめです。

    abizoeフライパン ダイヤモンドコーティング12点セット

    ダイヤモンドコーティングが施されているためキズつきにくく、焦げ付きにくい仕様です。

    また油も少量で調理できるため油を控えたいと思っている方におすすめです。

    セット販売の中でも珍しくシリコン製のキッチンツールも付いてきて6580円はとてもリーズナブルです。

    キッチンツールはいらないという方は4点セットや6点セットがおすすめです。

    サーモス フライパンKFB

    サーモスのコーティングは硬質フィラー配合の耐摩耗性のデュラブルコート、焦げ付きにくく、キズにも強いです。

    深型なため煮物や揚げ物をするのにも最適で料理の幅が広がります。

    また値段が1680円~3899円と安価ですが、保温性もしっかりしており長く使用することができるため安価でも長持ちするフライパンを探している方におすすめです。

    パール金属 IH対応フライパンフォア

    フッ素樹脂加工されているため少量の油でも焦げ付きにくい仕様です。

    重さが330g~590g値段が671円~712円と軽くて安いが叶うフライパンです。

    しかし非常に安い分、耐久性は他のフライパンと比べると劣るため、がんがん使い倒したい方や子供の料理の練習用などに使いたい方におすすめです。

    軽量で使いやすいフライパン

    毎日の料理で重いフライパンだと腱鞘炎になってしまったり、疲れてしまったり、やる気がなくなる方もいるかと思います。

    そこで女性でも楽に使える重さのフライパンを紹介するので参考にしてみてください。

    ビタクラフト ソフィアⅡ フライパン

    ビタクラフトはアメリカの会社で、『家族の健康は家庭料理で守っていく』という考えのもとフライパンを作っています。

    高密度3層のフッ素コーティングにより、焦げ付きにくく、サビにくい特徴があります。

    またステンレスの耐久性とアルミの軽さの両方を兼ね備えたフライパンです。

    深さもあり、炒め物や焼き物だけではなく汁物や煮物にも使えるので人気のおすすめフライパンです。

    カインズ IH&ガス 焦げ付きにくいフライパン

    ビタクラフトのスーパー鉄フライパンは独自の”窒化4層加工”をすることにより、錆びにくく、こびりつきにくい鉄フライパンとなりました。

    こちらのカインズのフライパンは、フッ素樹脂塗装の中でも最高グレードの”テフロンプラチナプラス”という加工を施していることにより、キズに強く耐久性もあり、焦げ付かないという特徴を可能にしました。

    焦げ付かないだけではなく、1番大きい28㎝で870gという軽さで人気が増しています。

    サイズ展開は20cm〜28cmですが、22㎝と28㎝は深型となっており、炒め物におすすめです。

    北陸アルミニウム センレンキャストフライパン

    北陸アルミニウムは約400年の歴史がある会社で安心の日本製のフライパンを作っています。

    品質にとことんこだわっており、アルミキャスト製のこちらのフライパンは軽く、焦げ付きにくく、変形しにくいことが特徴です。

    重さが392g~1280gなため女性でも簡単に扱うことができるため力に自信のない方におすすめです。

    また、サイズも18cm~36cmと幅広いためいくつか揃えることも可能です。

    今売れている!売れ筋のフライパンをチェック

    楽天市場やAmazonで売れ筋になっているおすすめのフライパンはこちらからチェックしてみて下さい!

    フライパンが人気のメーカー7選!

    次にフライパンといえば誰もが知っているであろう2021年人気メーカーのフライパンの7つ紹介していきます。

    好みのものが見つかるといいですね!

    ティファール IHルージュ・アンリミテッド

    取っ手が取れるフライパンで有名なティファールですが、取っ手が取れないタイプでも優秀です。

    欠点がないほどオールマイティで、こびりつきにくさが売りのフライパンです。

    他にもこびりつきにくいため、洗いやすく、家事の時短にもなり、熱伝導もよく、丈夫な作りになっています。

    そのため、誰でも簡単に使用することができることが人気の秘訣です

    ニトリ ガス火 超軽量フライパン(KARUFURA3 ブラック)

    さすがニトリだけあって安く、1番小さい20㎝で1790円、1番大きい30㎝でも2990円です。

    商品名にもある通りすごく軽量で、30㎝で600gなため片手で楽に持てます。

    対応熱源がガスだけのためIHのキッチンでは使えないところが残念ですが、サイズ展開も20㎝~30㎝と幅広く、安さ重視で選びたい方にはおすすめです。

    アイリスオーヤマ KITCHEN CHEF ダイヤモンドコートパン フライパン

    こちらのフライパンは取っ手が取れるタイプです。

    取っ手が取れるため収納にも便利な上、オーブン対応なため料理の幅が広がります。

    もちろんガスにもIHにも対応しています。

    ダイヤモンドコーティングされているため耐摩耗性も高く、キズがつきにくく、汚れが落としやすいのでどなたにもおすすめできます。

    エバークック フライパン

    エバークックのフライパンは独自のアンカー構造がフッ素を掴んで離さず、また炊飯窯にも使用されている加工技術でフッ素コートを長持ちさせます。

    それにより、こびりつかずに、料理がするっと取れる感覚が長続きします。

    サイズ展開も20㎝~30㎝と幅広くあり、お値段もお手頃なため人気が高いおすすめのフライパンのひとつです。

    マイヤー スターシェフ

    マイヤーとは料理好きの人には有名なメーカーで、調理器具の生産量は世界第2位というすごい会社です。

    フライパンの種類もたくさん揃っていますが、その中でもスターシェフは人気のフライパンです。

    人気の秘訣はステンレスのつやつやした見た目がかっこいいことです。

    内側はフッ素コーティングされているため焦げ付かず、お手入れがしやすいです。

    また、熱伝導が良く食材に火が早く通るため調理の時短にも繋がるので、時短希望の方におすすめです。

    無印良品 フライパン

    無印良品の鉄のフライパンは思っていたよりも使いやすいと人気のフライパンです。

    鉄のフライパンのためコーティング加工が施されていないため、使い始めには自分で油ならしをする必要がありますが、きちんとお手入れできれば一生モノのフライパンです。

    サイズ展開は22㎝と26㎝しかないですが、2~3人前作るのにちょうど良いサイズです。

    重さも870gと1170gで少々重いですが、鉄フライパンの中では軽めなため、鉄フライパンを使ってみたいけど躊躇している方におすすめです。

    グリーンパン ウッドビー

    グリーンパンのフライパンは一切有害物質が入っておらず、安心・安全なことが大きな特徴です。

    最近ではドラマの『逃げ恥』でも使われていたことでさらに有名になりました。

    見た目が白色で取っ手が木製のためとてもナチュラルに仕上がっており、可愛いためキッチングッツでテンションを上げたい方におすすめです。

    また熱伝導も良く、料理がしやすいため口コミも大変多いフライパンです。

    フライパンのコーティング加工5種類

    フライパン選びの中ではコーティング加工が何でされているかも、選別の基準のひとつとなります。

    一般的には最近のフライパンはコーティング加工されている物の方が多いですが、コーティングの種類によって長持ちしたり、コーティングの特徴を知ることにより、自分に適したフライパンを見つけやすくなります。

    コーティングの種類によってメリットデメリットもあるので、ここでは主なコーティング加工の特徴を紹介してきます。

    ぜひ参考にしてみてください。

    テフロン・フッ素樹脂加工

    引用元:Amazon

    テフロンとは、ポリテトラフルオロエチレンというフッ素樹脂のひとつであり、それをアメリカのデュポン社が製品化したものです。

    フライパンの加工としては一番よく知られています。

    安価で軽くものが多く、焦げ付きにくい、スポンジで簡単に汚れが落とせるためお手入れが比較的楽にできることが特徴です。

    油をひかなくても調理ができるのも良いところです。

    デメリットは、260度以上高温で使用するとコーティングが落ち、焦げ付きやすくなってしまう上に有害ガスが発生することもあります。

    また急激な温度変化も劣化の原因となるため冷水に浸すなどもよくありません。

    セラミック加工

    引用元:Amazon

    セラミック加工とはフライパンの表面にセラミック(陶器)のコーティングをしたものです。

    テフロン加工のフライパンと比較されることが多いのですが、硬さと400度以上の耐熱性があり有毒ガスが出ないことが特徴です。

    油をひいて調理をしないとくっつきやすく、熱伝導は良いですが、強火での調理は焦げの原因となります。

    マーブルコート加工

     

    引用元:Amazon

    マーブルコート加工とは、フッ素樹脂加工の1種でとても強固なマーブル(大理石)をフッ素樹脂と共にコーティングしたものです。

    油をひかなくてもひっつきにくく、焦げ付きにくいのが特徴です。

    とても耐久性が良く、摩耗に強く、コーティングがはがれにくいなど、テフロン加工のメリットが長く続きます。

    しかし、テフロン加工でも硬度やグレードの違いがあるため一概にテフロン加工より良いとも言い難いです。

    ダイヤモンド加工

    引用元:Amazon

    ダイヤモンド加工とは、マーブル加工と同じフッ素樹脂加工の1種であり、人工ダイヤモンドをフッ素樹脂と共にコーティングしたものです。

    特徴もマーブル加工と同じで、ひっつきにくく、焦げ付きにくいのはもちろんのこと、耐久性もしっかりしており、摩耗に強く、コーティングがはがれにくいです。

    マーブル加工とダイヤモンド加工の素材だけみるとダイヤモンド加工の方が硬さがありそうですが、フライパンの種類によって何層かやどれくらいの量のマーブルやダイヤモンドを混ぜているによってが変わるため、加工だけでなく、大きさや重さと一緒に考慮しましょう。

    チタンコート加工

    引用元:Amazon

    チタンコート加工とは、フッ素樹脂にチタンを混ぜて加工したものです。

    チタンは酸や塩分に強いためサビにくく、軽いことが特徴です。

    また耐久性も非常に高く、丈夫で変形しにくいところも良いところです。

    しかし、熱伝導が悪く温まるまで時間がかかることがデメリットです。

    フライパン素材の特徴とメリットデメリット

    コーティングによって、フライパンの寿命が変わってきますが、フライパンの素材にも注目した方がよりよいフライパンに出会うことができます。

    ここでは、

    • アルミニウム
    • ステンレス
    • チタン

    の素材についてのメリットデメリットを紹介していきます。

    以下にフライパンの素材の特徴一覧表を作りました。

    求めるフライパンと1番近いフライパンの素材はどれかチェックしてみて下さい!

    耐久性 お手入れ 焼きムラ 重さ 価格
    アルミニウム
    ×
    ステンレス
    チタン

     

    アルミニウムフライパンの特徴

    アルミニウムフライパンは軽くて安価のことが一番の特徴です。

    熱伝導はとても高いですが、酸やアルカリ、高温に弱いため食材がくっつきやすいです。

    そのため炒め物や焼き物には不向きで、パスタソースなどを作って和えるなど水分が多いものを炒めるのにおすすめです。

    鉄フライパンの特徴

    他のフライパンと比べると重いですが、その分丈夫で焦げ付いてもゴシゴシ洗えることが良いところです。

    また油なじみが良く、食材がひっつきにくいです。

    基本的に使い始めの処理や、日ごろのお手入れが必要ですが、お手入れが簡単な鉄フライパンもあります。

    フライパンを使い捨てすることに戸惑いを感じている方や、使う度に味がでてくるため一生モノのフライパンを作りたい方におすすめです。

    ステンレスフライパンの特徴

    少し重たいフライパンですが、焦げ付きを簡単に落とせてサビにくいのが特徴です。

    また保管時にしっかり水分を拭えば10年以上使えるフライパンもあります。

    熱伝導があまり良くないため、焼きムラや焦げが付きやすいことがあります。

    そのためステンレスフライパンの欠点を補うような多層構造のフライパンがおすすめです。

    チタンフライパンの特徴

    チタンフライパンは、とても丈夫で軽いことが特徴です。

    また汚れがつきにくく、丈夫で、耐食性もあるのでサビにも強いです。

    しかし、熱伝導が低く保温性が高いため、焼きムラが出やすくさっと火を通す炒め物などには不向きで、煮物や余熱調理などじっくり時間をかけて調理するものにおすすめです。

    1番くっつかないコーティングや素材は?

    フライパンのコーティングはどれだけ良いものでも使っているうちに剥がれてしまいます。

    そのためフライパンはコーティング層が厚いほど長持ちします。

    一番くっつかないコーティングや素材

    コーティング素材ではダイヤモンド加工が一番くっつきにくいとされています。

    ですが、毎日使っていると劣化してくるので、少しでもくっつかないという点を長持ちさせたいならダイヤモンド加工でも、コーティング層が厚いものをおすすめします。

    コーティングが剥がれるのが嫌な場合

    コーティングが剥がれるのがいやな方は、もともとコーティングされていない鉄フライパンやステンレスフライパンを使用することをおすすめします。

    鉄フライパンやステンレスフライパンはしっかり油をなじませたり、余熱をすればこびりつくことはありません。

    フライパンのコーティングを長持ちさせるコツ

    フライパンのコーティングを長持ちさせるコツは主に4つあります。

    どれも簡単なことばかりですので、少し意識するだけでフライパンのコーティングを長持ちさせられます。

    ①金属製の調理器具(フライ返し等)を使わない

    金属製を使うことによってフライパンのコーティングに傷が付き劣化を早めます。

    シリコン素材のものやナイロン素材の調理器具がたくさんあるのでそちらの使用をおすすめします。

    ② 空焚きは絶対しない

    空焚きをするとコーティング加工が苦手とする急激な温度変化が起こるため、コーティングがはがれやすくなります。

    そのため余熱のしすぎには注意が必要です。

    ③ゴシゴシ洗わない

    焦げ付いてしまった時などに金だわしなどでゴシゴシ洗いたくなりますが、柔らかいスポンジで優しく洗うのが鉄則です。

    フライパン種類によって焦げ付きの取り方が違ってくるので間違えないように注意しましょう。

    ④料理を入れっぱなしにしない

    意外とやってしまいがちですが、フライパンに料理を入れたままにしておくと、表面の小さな穴から油や塩分が浸透してコーティングを壊す原因となります。

    お皿や保存容器に取り出しましょう。

    フライパンの焦げをとる方法

    どんなにフライパンに気を使って使用していても、経年劣化や油の量が少なかったりして、焦げ付きができてしまうこともあるかと思います。

    しかし、フライパンによって焦げの落とし方の違いがあるため、素材別に焦げの落とし方を紹介します。

    テフロン加工の場合

    激しい焦げでないかぎり”お湯”で落とすことができます。

    1. 焦げが浸かるくらいのたっぷりの水をいれ沸騰させる
    2. 沸騰状態を10分くらい継続させる
    3. 火をとめ冷めるまで待つ
    4. スポンジ等でこする

    ステンレス製、チタン製の場合

    重曹を使って落とします。

    テフロン加工のフライパンでお湯で落ちない場合にも使えます。

    1. 焦げが浸かるくらいのたっぷりの水と大さじ1くらいの重曹を入れて沸騰させる
    2. 沸騰状態を10分くらい継続させる
    3. 火をとめ冷めるまで待つ
    4. スポンジ等でこする

    焦げがひどいときはペットボトルの蓋や卵の殻でこするとよく取れます。

    アルミ製のフライパンの場合

    アルミ製のフライパンの場合、重曹を使うことができません。

    その代わりに”お酢”を使います。

    使いかたは重曹と同じで、水にお酢大さじ1を入れて沸騰後、冷ましてからこすります。

    1. 焦げが浸かるくらいのたっぷりの水と大さじ1のお酢を入れて沸騰させる
    2. 沸騰状態を10分くらい継続させる
    3. 火をとめ冷めるまで待つ
    4. スポンジ等でこする

    鉄製のフライパンの場合

    鉄フライパンの焦げには上記でお伝えした重曹で落とす方法も使えますが、”空焚き”で落とす方法もあります。

    1. 煙がでなくなるまで火にかける
    2. 冷めたら金属たわし等でこする
    3. 焦げがとれたら、油を塗って再び火にかける

    まとめ

    2021年最新の人気おすすめフライパンの紹介と共に、選び方のポイントもたくさん紹介してきましたがいかがでしたか?

    長持ちさせようと思うと素材やコーティングによって耐久性が変化してくるため、フライパンというのは奥深いと思った方もいるかしれません。

    毎日使うものだからこそ自分の好みや使いやすさを重視して気分を上げてやりたいですよね。

    ①圧倒的人気のフライパンセット:《和平フレイズ》リュッカ 13点Aセット

    商品詳細

    ②取っ手が取れるおすすめフライパン:《アイリスオーヤマ》セラミックカラーパン9点セット ]

    商品詳細

    ③おしゃれなデザインのフライパン:《アイリスオーヤマ》スタイルシェフ ステンレスフライパン

    商品詳細

    ④IH対応のフライパン:《ティファール》IHハードチタニウム・プラス

    商品詳細

    ⑤鉄素材のフライパン:《ビタクラフト》スーパー鉄フライパン

    商品詳細

    ⑥安いのに優秀なフライパン:《KAI/貝印》軽量・高熱効率フライパン

    商品詳細

    ⑦軽量で使いやすいフライパン:《北陸アルミニウム》センレンキャストフライパン

    商品詳細

    今売れている!売れ筋のフライパンをチェック

    楽天Amazonの売れ筋ランキング

    →おすすめ人気フライパン37選

    新しいフライパンとの出会いで料理が楽しいものになりますように。

     

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる