コーヒー機能付きウォーターサーバーのスラットカフェとアクアウィズの料金等を徹底比較!

この記事でわかること
  • コーヒー機能付きウォーターサーバーのメリット・デメリット
  • スラットカフェ・アクアウィズのメリット・デメリット
  • コーヒー機能付きウォーターサーバーについてのよくある質問と回答

美味しいコーヒーが手軽に飲める「コーヒー機能付きウォーターサーバー」の需要が高まっています。

通常のウォーターサーバーとしての役割はもちろん、ウォーターサーバーから直接コーヒーを抽出できます。

今回はコーヒー機能付きのウォーターサーバーである、スラットカフェとアクアウィズの2種類の料金等を徹底比較します。

目次

コーヒー機能付きウォーターサーバーとは?メリット・デメリット

<コーヒー機能付きウォーターサーバーの特徴>

  • 温水・冷水に加えてコーヒーを自動抽出できる
  • 本格的なコーヒーだけではなく緑茶や紅茶も飲める

コーヒー需要の高まりから遂にコーヒーメーカー機能付きウォーターサーバーが誕生しました。

2018年11月に「アクアウィズ」、その約1年後の2019年9月に「スラット+カフェ」が登場。

「アクアウィズ」はネスレ、「スラット+カフェ」はUCCという大手コーヒーメーカーと共同開発しました。

自宅にいながら本格的なコーヒーが飲めることは大きな魅力です。

コーヒーを飲む習慣がある方の約8割が家でコーヒーを飲んでいます。

相次いでコーヒー機能付きウォーターサーバーが登場したのには家庭でのコーヒー需要が年々高まっているからです。

現状はコーヒー機能付きウォーターサーバーはアクアウィズとスラットカフェ2種類が主流となっています。

 

家で飲むコーヒーで重視されることは「価格」「味」「手軽さ」

  • ウォーターサーバーとコーヒーメーカーが一体型なので省スペース化
  • 後片付けが簡単で衛生的
  • コーヒー1杯の価格がリーズナブル

    コーヒー機能付きのウォーターサーバーは「安く」「美味しく」「手軽」にコーヒーが作れるので日常的にコーヒーを楽しんでいる方には魅力的です。

    「アクアウィズ」や「スラットカフェ」はコーヒーに加え緑茶や紅茶なども作れ、おうちカフェを楽しみたい方にもおすすめです。

    コーヒー機能付きウォーターサーバーはウォーターサーバーとコーヒーメーカーが一体型になっているため省スペース効果が期待でき、さまざまなところで便利に使うことができます。

    手軽に本格コーヒーが作れるにも関わらず一般的なコーヒーメーカーより後片付けが簡単で衛生的なところも大きなポイントです。

    コーヒーを作る時にだけ水が出る仕組みなので常に新鮮・清潔な状態で作られたコーヒーを飲むことができます。

    コーヒーメーカーとしてこれだけ高機能なのにコーヒー1杯の価格がリーズナブルというのも大きなメリットです。

    コーヒーメーカー付きウォーターサーバーのメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

     

    コーヒー機能付きウォーターサーバーのメリット

    • 温水・冷水に加えてコーヒーがボタンひとつで出せる
    • 大手メーカーと共同開発していて自宅で本格的なコーヒーが飲める
    • ウォーターサーバーとコーヒーメーカーが一体型のため省スペース
    • クリーン機能などが充実しているので後片付けが簡単で楽
    • コーヒー一杯の価格がカフェやコンビニよりリーズナブル

    ウォーターサーバーの美味しい水を使って本格的なコーヒーがボタンひとつで淹れられます。

    コーヒーメーカーや電気ケトル、ドリッパーといった器具が不要になり省スペース化が期待できます。

    クリーン機能などが充実しているため後片付けが簡単なのでストレスフリーで使えます。

    好みのコーヒーなどを使ってコーヒーを淹れることができます。

    コーヒー一杯の価格が安くなるためカフェやコンビニでコーヒーを買うより経済的です。

    コーヒー機能付きウォーターサーバーのデメリット

    • コーヒーメーカー付きウォーターサーバーの維持費が必要(スラットカフェは一定条件で無料になる)
    • ウォーターサーバーの置き場所が必要
    • 定期的にメンテナンスが必要(アクアウィズは2年に1度、専任スタッフによる定期メンテナンス実施)

    コーヒー機能付きウォーターサーバーを利用する際、水の料金、サーバーレンタル料金、コーヒードリップの購入費用が必要です。

    ウォーターサーバーを置くスペースが必要になり、スペースが限られている場合は圧迫感を与える可能性があります。

    定期的なメンテナンスが必要になります。

    通常のウォーターサーバーと同じように給水口の掃除、ドリップトレイの掃除など簡単な作業ですが衛生状態を保つためには毎日のお手入れが大切です。

     

    コーヒーメーカー・電気ケトル・ドリッパーの違いを比較!

    かかる時間 料金 楽さ・手軽さ
    コーヒー機能付きウォーターサーバー

    150

    ハンドドリップの約1/3

    32円~
    コーヒーの種類により異なる
    ボタンひとつ 本格的なドリップコーヒー
    コーヒーメーカー

    約2分30秒 10~15円
    機種により異なる
    コーヒーの軽量
    給水
    スイッチ
    安定した味
    使用する機材、抽出方法により味が違う
    電気ケトル

    約6~11分程度
    お湯の沸騰約1分~
    ドリップ時間5~10分
    12~90円
    コーヒーの品質で異なる
    お湯沸かす
    ドリッパー
    の準備
    自分好みの味わいを引き出せる
    ドリッパー

    約6~11分程度
    お湯の沸騰約1分~
    ドリップ時間約5~10分
    12~90円
    コーヒーの品質で異なる
    お湯沸かす
    紙ペーパー準備
    コーヒーの軽量
    お湯を注ぐ
    自分好みの味わいを引き出せる

     

    コーヒー機能付きウォーターサーバーはコーヒーをボタン一つで抽出することができます。

    スラット+カフェはハンドドリップの約3分の1の時間(約1分50秒)の時間で本格的なコーヒーが作れます。

    ウォーターサーバーとコーヒーメーカーが一体型になっているため、別々に置くよりもスペースが取られません。

    冷水や温水も使えコーヒーを淹れる時に必要な電気ケトル、ドリッパーなども必要ないため保管スペースも不要です

    収納のスペースが限られている場合でも場所をとりません。

    2in1 ウォーターサーバーで美味しいコーヒーをドリップ出来る!

    コーヒーメーカー付きウォーターサーバーは温水・冷水に加えコーヒーを自動抽出してくれる機能が付いた商品です。

    ウォーターサーバーにコーヒーメーカーの機能が搭載されています。

    コーヒーメーカーはもちろん、やかんやポット、ドリッパー等も不要になりキッチン周りもすっきり片付きます。

    ボタンひとつで本格的なドリップコーヒーが楽しめるのは魅力です。

    場所や手間を取ることなく美味しいコーヒーが飲めることから、年々需要・人気が高まっています。

    ウォーターサーバーの美味しい水でコーヒーを楽しめるのもメリットのひとつです。

     

    入れ方が簡単でコーヒーをすぐに飲める

    引用:公式サイト

    • ボタンひとつで本格的なコーヒーを楽しめる
    • ハンドドリップの3分の1の時間(約1分50秒)で本格的なコーヒーが飲める

    ボタン1つで手軽にコーヒータイムができるため水を汲んだり、お湯を沸かす手間がありません。

    コーヒー付きウォーターサーバーのボタン1つで1杯分のお湯のセットが完了。

    準備も後片付けも簡単で本格ドリップコーヒーが飲めます。

    コーヒーメーカー付きウォーターサーバーはハンドドリップの1/3の時間で本格的なコーヒーが完成です。

    気分転換をしたい時、リラックスしたい時、ボタンひとつであっという間に本格的なコーヒーを夏場には冷えたアイスコーヒーを楽しむこともできます。

     

    サーバーの維持費の目安

    AQUA WITH(アクアウィズ)

    Slat+cafe(スラット+カフェ)

    サーバーレンタル料金 2年割プラン:2,200円/月

    通常プラン:3,300円/月

    初月無料

    1,320円/月

    前月に3箱注文の場合、無料

    コーヒードリップ料金 バリスタ約15/

    ドルチェグスト約55/

    ドリップポッド:約50円~ /

    市販のコーヒー粉:約10円~ /

    水の料金 2年割プラン:1,404/本(12L)・1,080/本(7L)

    通常プラン:1,512/本(12L)・1,188円/本(7L)

    3,252円/2本

    コーヒーメーカー付きウォーターサーバーを利用するためには、水の料金、サーバーのレンタル料金に加え、コーヒードリップを購入する必要があります。

    毎月の維持費が必要になりますがコーヒーを毎日カフェで購入しているのであれば、自宅でマイボトルにコーヒーを入れて持ち運ぶようにするだけで節約につながります。

    このようなことを含めてもコーヒーメーカー付きウォーターサーバーの導入はメリットが大きいですね。

    フレシャスのスラットカフェとアクアウィズの徹底比較!

     

    スラットカフェ アクアウィズ
     

    特徴 コーヒーマシーンが内蔵されているため省スペースでスタイリッシュ

    UCCと共同開発しているため本格ドリップコーヒーが楽しめる

    カフェ等で購入したコーヒー豆や市販のコーヒーも抽出ができる

    抽出後の片づけ・お手入れが簡単

    スラットのウォーターサーバー機能が利用できる

    冷水・温水・常温水が出せる

    コーヒーマシン搭載タイプ

    低コストのRO水を使える

    エスプレッソ式の抽出方法

    カプセル交換のみで味を変えられる
    (カプセル型コーヒー)

    ゴールドブレンドバリスタ50はコーヒー1杯あたりが低価格
    (コストを抑えたい方におすすめ)

    ドルチェグストジェニオはカフェオレ、カプチーノなどが作れる

    サーバーレンタル料金 初月無料

    1,320円/

    (前月3箱以上注文でレンタル料無料)

     

    2年割プラン:2,200円

    通常プラン:3,300円

    ※契約プランによって異なる

    コーヒードリップ料金 ドリップポッド:約50円~ /

    市販のコーヒー粉:約10円~ /

    バリスタ約15/

    ドルチェグスト約55/

     バリスタはコーヒー詰め替えパック

    613円/本(32杯分)

    ドルチェグストコヒーカプセル4,234円/

    4箱(64杯分)

    水の料金 3,252円/2

    購入の場合は17%off2,700

    2年割プラン:

    1,404円/本(12L)・1,080円/本(7L)

    通常プラン:

    1,512/本(12L)・1,188円/本(7L)

    電気代 約380円/ 約475円/
    サイズ 幅290×奥行×高さ1,110mm 【AQUA WITH】
    幅320×奥行320×高さ1,323mm
    【ネスカフェゴールドブレンド バリスタ50/Fifty】
    幅320×奥320×高さ1,344mm
    【ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ】
    幅320×奥320×高さ1,335mm重さ
    公式サイト

     

    わかること!
    • それぞれの料金の比較
    • スタバ、ドトール、コンビニのコーヒーと比べるとどちらが安い?
    • コーヒーの味と種類
    • スラットカフェ、アクアウィズの使い方と口コミ

    コーヒーメーカー付きのウォーターサーバーは、現状「スラットカフェ」と「アクアウィズ」が主流となっています。

    ここでは、「スラットカフェ」と「アクアウィズ」を徹底的に比較していきます。

     

    料金の比較

    AQUA WITH(アクアウィズ)

    Slat+cafe(スラット+カフェ)

    水料金 2年割プラン:

    1,404円/本(12L)・1,080円/本(7L)

    通常プラン:

    1,512/本(12L)・1,188円/本(7L)

    3,252円/2

    購入の場合は17%off2,700

    購入ノルマ有無 なし 月2本
    サーバーレンタル代 2年割プラン:2,200円

    通常プラン:3,300円

    ※契約プランによって異なる

    初月無料

    1,320円/

    (前月3箱以上注文でレンタル料無料)

    電気代 475/ 約380円/
    コーヒー代 バリスタ約15/

    ドルチェグスト約55/

     バリスタはコーヒー詰め替えパック

    613円/本(32杯分)

    ドルチェグストコヒーカプセル4,234円/

    4箱(64杯分)

    ドリップポッド:約50円~ /

    市販のコーヒー粉:約10円~ /

    コーヒーの定期購入 バリスタ:1セット以上 / 23ヵ月毎

    ドルチェ グスト:4or6箱以上 / 2ヵ月毎

    なし
    解約金 1年未満:6,600円

    2年未満:11,000円

    1年未満:16,500円

    1~2年未満:9,900円

     

    「アクアウィズ」と「スラット+カフェ」ですが、水を中心に使用する場合は水代が安い「アクアウィズ」のほうが月額料金は安くなる傾向があるようです。

    最低注文数1本あたりでは、料金の差はほとんど違いませんが月々の水の消費が増えていくとアクアウィズの方が安くなります。(スラット+カフェは無料でスキップが可能)

    コーヒー機能を中心に利用した場合は「スラット+カフェ」が安くなることもあります。

    「アクアウィズ」がネスカフェのバリスタ、またはドルチェグスト専用のカプセルのみ対応しているためです。

    それに対し、スラット+カフェは市販のコーヒー(粉)を使用できるためコーヒー豆を選ぶことによって1杯10円前後でコーヒーを淹れることができるからです。

     

    スタバやドトール、コンビニの缶コーヒーよりも安い!

    メーカー・コーヒー種類 価格
    スラット+カフェ・ドリップポッド スペシャルブレンド 約50円/杯・価格:4,839円/96杯
    スラット+カフェ・市販のコーヒー粉 約10円/杯・スターバックス ハウスブレンド42円/杯
    アクアウィズ・ドルチェグスト レギュラーブレンド 約47円/杯・価格:1,400円/30杯
    スターバックス ハウスブレンド1杯68円
    アクアウィズ・バリスタ ゴールドブレンド 約13円/杯・価格:794円/61杯
    スターバックス・ドリップコーヒーS 319円/杯
    ドトール・ブレンドコーヒーS 220円/杯(テイクアウト)
    コンビニ・缶コーヒー 100~140円

     

    スターバックスやドトールなどのカフェやコンビニでコーヒーを買っている方も多いと思います。

    カフェの場合、約200円~300円/杯前後、コンビニは1杯100円/杯かかります。

    毎日コーヒーを1杯飲むとし計算するとカフェの場合、月間に約6,000~9,000円必要になります。

    「スラット+カフェ」や「アクアウィズ」の場合、約10円/杯~50円/杯なので月間で約300~1,500円です

    コーヒーメーカー付きウォーターサーバーはコーヒー大手2社がそれぞれ共同開発しているため本格的なコーヒーを家で楽しむことができます。

    コーヒーの味と種類で比較

    AQUA WITH(アクアウィズ)

    Slat+cafe(スラット+カフェ)

    サーバー 2種類
    ・ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]
    ・ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ
    1種類
    水の種類 RO水 天然水
    抽出方式 エスプレッソ方式 ペーパードリップ方式
    コーヒーの種類 ネスカフェ
    ・バリスタ:専用パック(約10種類)
    ・ドルチェ グスト:専用カプセル(約30種類)
    UCC
    ・UCCドリップポッド(約16種類)
    ・市販のコーヒー粉
    作れる種類 コーヒー、緑茶、紅茶、ラテ コーヒー、緑茶、紅茶
    温水の温度 85~95℃ 80~85 ℃(再加熱で90℃)

     

    • 「スラット+カフェ」はスターバックスやドトールお気に入りの有名珈琲店のコーヒーの粉が使えます。
    • 「アクアウィズ」はエスプレッソ方式のためドリップコーヒーは作れません。

    「アクアウィズ」「スラット+カフェ」ともにコーヒーのラインナップが充実しています。

    コーヒーの味と種類で比較してみます。

    アクアウィズの味と種類

    引用元:公式サイト

    <ポイント>

    • ネスレと共同開発したモデル「ネスカフェアンバサダー」と一体になったウォーターサーバー
    • コーヒーマシンはインスタントコーヒーとカプセル式の2種類のコーヒーメーカーから選べるのが特徴
      (バリスタは粉コーヒー、ドルチェグストはカプセルコーヒー)
    • エスプレッソ抽出方法
    • ラテが作れる

    エスプレッソ式の抽出方法のコーヒーが好みならアクアウィズがおすすめです

    スラットカフェでは作れないラテが飲めるのも魅力的ですね。

     

    スラット+カフェの味と種類


    引用元:公式サイト

    • UCCグループと共同開発したウォーターサーバー
    • 本体にコーヒーメーカーが内蔵されていて天然水で本格的なドリップコーヒーを作れる
    • アイスコーヒーをボタン一つで作ることができ、お茶や紅茶も作れる
    • 市販で販売されているコーヒー粉が使用できる

    スラットカフェは市販で売られているコーヒー粉が使えるのが特徴です。

    お気に入りのコーヒー豆を天然水で本格的なドリップコーヒーが楽しめます。

     

    ウォーターサーバーの美味しい水で本格的なコーヒーが自宅で手軽にお買得に飲めるのは嬉しいですね!

     

    スラットカフェとは?口コミと使い方

    おすすめポイント
    • コーヒーマシーンが内蔵されているため省スペースでスタイリッシュ
    • UCCと共同開発しているため本格ドリップコーヒーが楽しめる
    • カフェ等で購入したコーヒー豆や市販のコーヒーも抽出ができる
    • 抽出後の片づけ・お手入れが簡単
    • スラットのウォーターサーバー機能が利用できる
    • 冷水・温水・常温水が出せる

     

    スラット+カフェはUCCと共同開発した本格ドリップコーヒーが楽します。

    市販のコーヒー豆(粉タイプ)でコーヒーが抽出できるためカフェで購入したコーヒーやお気に入りの味も楽しめます。

      ウォーターサーバーが下置きタイプのため女性でも簡単に水の交換ができる点も嬉しいですね。

      水の交換ボトルはワンウェイ方式なので空きボトルはゴミとして捨てられます。

      スラットカフェは前月に3箱以上の利用でサーバーのレンタル料金が無料となります。

      水の使用量が多い家庭やオフィスではお得に利用することができます。

      スラットカフェの口コミ

      女性のアイコン画像女性
      コーヒーメーカーがない分スペースも空くし、なにより簡単!特にドリップポッドの場合はカプセルをセットするだけなので、忙しい朝に大助かりです。

      限られたスペースでコンパクトというのは嬉しいですね。

      朝の限られた時間、簡単に美味しいコーヒーが飲めることは貴重です。

       

      女性のアイコン画像女性
      コンパクトなサイズ感。スタイリッシュかつ主張が少ないので部屋に馴染みやすいデザイン。設定は簡単で、メンテナンスやお手入れもそこまで手間ではないです。
      操作も難しくはないのですが、機能が多いので覚えるのにやや時間がかかりそうです。タッチパネルの反応が良いなと思いました!カフェ機能に関しては、UCCのドリップポッドの使用がメインです。
      コーヒーメーカーだと毎回洗うのが面倒ですが、こちらはフィルターのパーツだけ水洗いすればいいので管理が楽です。一杯ずつしか淹れられない、一杯淹れるごとにフィルターを洗うのはデメリットかなと思いますが、全然許容できるレベルです。UCCのブレンドを飲んだところ、セブンイレブンの100円コーヒーの味と近いような気がします。普通に美味しい、インスタントとは違うなとと感じました。

      スタイリッシュで部屋に馴染むというのはポイントが高いですね!

      家でボタンひとつで本格的なコーヒーが飲めるのは嬉しいですね。

       

      男性のアイコン画像男性
      初期設定は5分程度で完了。すぐに使い始めることができました。
      コーヒーの味は、天然水で淹れるからか、スッキリしていて飲みやすい!
      よく飲んでいたセブンのコーヒーよりも断然美味しいです。あと、機械音がすごく静かなのには驚きました!

      コーヒーメーカー付きウォーターサーバーが届いてすぐに使い出せることは便利ですね。

      機械音がすごく静かという点も音などが気にならず利用できますね。

       

      コーヒーメーカー付きウォーターサーバーだからこその手軽さ・便利さに、多くの方が満足しているようです。

      「スラット+カフェ」は天然水だからこその美味しさや、スタイリッシュなサーバーデザインなどが高い評価を受けていますね。

      アクアウィズとは?

      おすすめポイント
      • コーヒーマシン搭載タイプ
      • 低コストのRO水を使える
      • エスプレッソ式の抽出方法
      • カプセル交換のみで味を変えられる(カプセル型コーヒー)
      • ゴールドブレンドバリスタ50はコーヒー1杯あたりが低価格(コストを抑えたい方におすすめ)
      • ドルチェグストジェニオはカフェオレ、カプチーノなどが作れる

        エスプレッソ式の抽出方法が好みならアクアウィズ一択となるでしょう。

        アクアウィズではスラットカフェで作れないラテも飲めるのは魅力的です。

        温水が高温・95℃で出すことができます。

        アクアウィズは2年に1度、専任スタッフによる定期メンテナンスが実施されています。

        毎月の水の購入ノルマがないため水代を抑えやすい仕組みです。

        ウォーターサーバーが下置きタイプのため女性でも簡単に水の交換ができる点も嬉しいですね。

        ただし、アクアウィズは水のボトルがリターナブルボトルで回収が必要になるため空きボトルがかさばる点に注意が必要です。

        アクアウィズの口コミ

        男性のアイコン画像男性
        ウォーターサーバーとネスカフェバリスタが別々だと両方の水の補充交換が必要でした。AQUA WITHは一体型なので、ウォーターサーバーの水ボトルの交換だけでOKです。ウォーターサーバーの水ボトル1本で約85杯のコーヒーが飲めます!

        水の補充交換などなくてコーヒーが飲めるのは嬉しいですね。

        ウォーターサーバーの水ボトル1本で約85杯もコーヒーが飲めるのは驚きです!

         

        女性のアイコン画像女性
        コーヒー一体型のマシーンなので非常に使いやすいです。ただし、普通サイズのマグカップなどを置く場合は何の問題もないのですが、高さのある容器(500mlのペットポドルサイズ)にお水を入れたい時は容器を斜めにしてお水を出さなければならないのでちょっと使いにくいですが許容範囲内です。

        コンパクトなサイズ感でコーヒーを楽しめるのは嬉しいですね。

        背の高い容器に水を注ぐ場合は若干コツがいるのが残念ですね。

         

        女性のアイコン画像女性
        ドルチェグストジニオを利用しています。本格的なコーヒーが飲めて満足しています。これは、専用のカプセルを使用するため、コーヒー以外にもミルクティや宇治抹茶ラテ、ラテマキアートなど実に様々な味を楽しめます。

        カプセル一つでさまざまな味を楽しめるのは手軽で便利ですね。

        家でカフェのようなドリンクが飲めるのは嬉しいです。
        コーヒーメーカー付きのウォーターサーバーだからこその便利さに満足されている方が多いようですね。

        しかし、コーヒー機能は便利だけど、細かい不満も見られるといった印象です。

        「アクアウィズ」はコーヒーを作る時の音や、水が天然水ではない点などが気になるといった厳しい意見もあるようです。

        コーヒー機能付きウォーターサーバーのよくある質問

        よくある質問

        • お茶や紅茶も作れるか
        • お湯の温度は何度
        • アイスコーヒーも飲めるか
        • 市販の豆や粉は使えるか
        • メンテナンスについて

        コーヒーメーカー付きウォーターサーバーに関してよくある質問をまとめました。

        「スラット+カフェ」と「アクアウィズ」それぞれに解説をしているためチェックしてみてくださいね!

        お茶や紅茶も作れますか?

        「スラット+カフェ」、「アクアウィズ/ドロチェグストタイプ」ともに専用カプセルでお茶や紅茶を楽しめます。

        「スラット+カフェ」のUCCドリップポッドにはコーヒーに加え、紅茶、お茶、カフェインレスなどさまざまなラインアップが揃っています。

        「アクアウィズ」のドルチェグストはネスカフェの20種類以上のカフェメニューから選べ楽しめます。

        お湯の温度は何度くらいですか?

        「スラット+カフェ」、「アクアウィズ」どちらもほぼ同じ85℃前後

        スラットカフェはエコモード時は70~75℃、リヒートモード時は約90℃強の温水が出ます。

        アクアウィズは少し高めの95℃の高温が出ます。

        コーヒー抽出時はコーヒーに最適な温度が自動で抽出されます。

        アイスコーヒーも飲めますか

        「スラット+カフェ」、「アクアウィズ」どちらもたっぷりの氷を入れれば飲めます。

        グラスに氷をたっぷり入れて、抽出メモリを調節しコーヒーを濃く抽出することでアイスコーヒーが作れます。

        「スラット+カフェ」にはアイスコーヒー専用のドリップポットがあるのでおすすめです。

        市販の豆や粉も使えますか?

        「スラット+カフェ」のみ使用可能です。

        「アクアウィズ」はバリスタ・ドルチェグストともに使用できません。

         

        メンテナンスはどうすればいいですか?

        「スラット+カフェ」「アクアウィズ」ともにクリーン機能搭載でウォーターサーバー内部はメンテナンス不です

         

        アクアウィズ
        • 「アクアウィズ」は2年に1度専門スタッフによる定期メンテナンスが実施されます

        (料金は安心サポート料に含まれているため費用はかかりません)

         

        スラット+カフェ
        • コーヒーマシンの機能がサーバーに内蔵されているためメンテナンスフリー
        • フィルターやホルダーを水洗いするだけでOK

         

        どちらもサーバー内部はメンテナンス不要となっています。

        出水口付近は汚れやすく清潔な布やペーパーにアルコール除菌スプレーを吹き付け拭きましょう。

        受け皿も外して水洗いなど簡単なお手入れをすることで安心して利用できます。

         

        「アクアウィズ」のコーヒーマシンは使用している際、コーヒーマシン内部にコーヒーなどの汚れが付着するため、しっかりとしたお手入れが必要となります。

         

        まとめ

        コーヒー好きの方でしたら、ぜひカフェ機能が標準搭載されたウォーターサーバーを選びたいですね。

        コーヒーが飲めることだけでなく利便性から生活の質がワンランクアップすることは間違いありません。

        アクアウィズ、スラットカフェそれぞれに特徴があるので比較して自分に合った方を選んでみてくださいね。

         

        AQUA WITH(アクアウィズ)

        Slat+cafe(スラット+カフェ)

        メリット
        • 水の値段が安い
        • 「バリスタ」「ドルチェグスト」がほぼそのまま使える
        • 「ドルチェグスト」の場合、
          キャラメルマキアートやカプチーノなどが作れる
        • 富士山の高品質な天然水
        • おしゃれなサーバーデザイン
        • コーヒー機能がサーバーに内蔵
        • 計算された使いやすさ
        • 業界トップクラスのウォーターサーバー機能
        • 市販のコーヒーの粉が使える
        • 水の交換ボトルが使い捨て
        • レンタル料が条件付きで無料
        デメリット
        • RO水
          • ネスカフェの専用カプセルが必須
          • 手入れが手間
          • レンタル料が必要
          • 水の交換ボトルが重く回収型
          • 料金面でアクアウィズより高い

          (使い方によっては安くなる場合もあります)

          水の料金だけで比較すると「アクアウィズ」の方が安いです。

           

          「スラット+カフェ」は専用ドリップポッド、市販のコーヒー両方が使えるため、お気に入りのコーヒーがある方は水の代金だけで利用可能となります。

          また前月に3箱以上購入するとレンタル料が無料になりますし、グッドデザイン賞を受賞したサーバーなのでデザイン・機能面では間違いありません。

          コーヒーメーカー機能・水の美味しさ、使いやすさなど「アクアウィズ」よりも優れています。

          フレシャスはウォーターサーバーとしてもトップクラスの機能性があり非常に人気のサーバーです。

          このように比較すると、断然フレシャスの「スラット+カフェ」がおすすめとなり「スラット+カフェ」を選んでおけば間違いないでしょう。

          UCC共同開発の「FRECIOUS Slat+cafe(フレシャス・スラット+カフェ)」で美味しく便利なコーヒーのある生活を始めてみませんか。

          スラットカフェ アクアウィズ
           

          特徴 コーヒーマシーンが内蔵されているため省スペースでスタイリッシュ

          UCCと共同開発しているため本格ドリップコーヒーが楽しめる

          カフェ等で購入したコーヒー豆や市販のコーヒーも抽出ができる

          抽出後の片づけ・お手入れが簡単

          スラットのウォーターサーバー機能が利用できる

          冷水・温水・常温水が出せる

          コーヒーマシン搭載タイプ

          低コストのRO水を使える

          エスプレッソ式の抽出方法

          カプセル交換のみで味を変えられる
          (カプセル型コーヒー)

          ゴールドブレンドバリスタ50はコーヒー1杯あたりが低価格
          (コストを抑えたい方におすすめ)

          ドルチェグストジェニオはカフェオレ、カプチーノなどが作れる

          サーバーレンタル料金 初月無料

          1,320円/

          (前月3箱以上注文でレンタル料無料)

           

          2年割プラン:2,200円

          通常プラン:3,300円

          ※契約プランによって異なる

          コーヒードリップ料金 ドリップポッド:約50円~ /

          市販のコーヒー粉:約10円~ /

          バリスタ約15/

          ドルチェグスト約55/

           バリスタはコーヒー詰め替えパック

          613円/本(32杯分)

          ドルチェグストコヒーカプセル4,234円/

          4箱(64杯分)

          水の料金 3,252円/2

          購入の場合は17%off2,700

          2年割プラン:

          1,404円/本(12L)・1,080円/本(7L)

          通常プラン:

          1,512/本(12L)・1,188円/本(7L)

          電気代 約380円/ 約475円/
          サイズ 幅290×奥行×高さ1,110mm 【AQUA WITH】
          幅320×奥行320×高さ1,323mm
          【ネスカフェゴールドブレンド バリスタ50/Fifty】
          幅320×奥320×高さ1,344mm
          【ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ】
          幅320×奥320×高さ1,335mm重さ
          公式サイト
          よかったらシェアしてね!

          コメント

          コメントする

          CAPTCHA


          目次
          閉じる