ドラマ|日本沈没―希望のひと―の動画を1話から視聴できる配信サイトまとめ

ドラマ「日本沈没―希望のひと―」を視聴するならNetflix!

Netflixには無料お試しサービスはありませんが、登録すれば全作品が見放題となっています。

放送2021年秋
話数全9話
原作小松左京 『日本沈没』
公式サイト日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』|TBSテレビ
公式Twitter日曜劇場「日本沈没-希望のひと-」|公式
Wikipedia日本沈没―希望のひと―|Wikipedia
キャスト天海啓示:小栗旬/常盤紘一:松山ケンイチ/椎名実梨:杏/東山栄一: 仲村トオル/田所雄介:香川照之/石塚平良:ウエンツ瑛士/安藤靖:高橋努/相原美鈴:中村アン/織辺智:浜田学/北川亜希:河井青葉/財津文明:六角慎司/大友麟太郎:山岸門人/仙谷治郎:竹井亮介/白瀬綾:高野ゆらこ/長沼周也 杉本哲太/生島誠:風間杜夫/里城弦:石橋蓮司/天海佳恵:風吹ジュン/天海香織:比嘉愛未/椎名和子:宮崎美子/山田愛: 与田祐希(乃木坂46)/世良徹:國村隼
配信サービス配信状況無料期間と月額


Netflix

見放題
独占配信

無料期間なし
990円

※表示月額料金は全て税込金額となります。また本ページの情報は2022年2月時点のものです。

Netflixを利用すれば『日本沈没―希望のひと―』の動画を第1話から全話視聴できます。

さらに、配信中の作品は全て見放題なので、ドラマだけでなくアニメや映画もあわせて楽しめるお得な配信サイトになります。

Netflixの特長
Netflixの特長一覧表
月額料金:990円
無料期間:無し
独占配信ドラマ/アニメ多数
オリジナルドラマ/アニメ:Nシリーズ
【Netflixの3つの特⻑】

ドラマ「日本沈没―希望のひと―」の動画はNetflixで独占配信しており、登録することで視聴することができます。その他の動画配信サービスのように「無料お試しサービス」はありませんが、Netflixは登録すれば配信されている全作品が見放題となる非常にお得なサービスです。またNetflixでしか配信がない”独占配信作品”が多くあるので、これを機に視聴してみるのをオススメします。

Netflixで独占配信されているオススメ作品
  • 今際の国のアリス
  • ARASHI's Diary -Voyage-
  • 宇宙を駆けるよだか
  • Jimmy~アホみたいなホンマの話~
  • 全裸監督
  • 火花
  • 僕だけがいない街
  • 野武士のグルメ

ドラマ「日本沈没―希望のひと―」の動画を無料視聴できる配信サービス一覧

\このドラマを配信中のおすすめサービス!/

配信サービス配信状況無料期間と月額とポイント


Netflix

見放題
独占配信

無料期間なし
990円
ポイントなし


Paravi

未配信
ダイジェストのみ配信

1,017円
ポイントなし


U-NEXT

未配信

31日間無料
2,189円
600P付与


FODプレミアム

未配信

14日間無料
976円
100P付与


Hulu

未配信

14日間無料
1,026円
ポイントなし


ABEMA

未配信

14日間無料
960円
ポイントなし


TELASA

未配信

15日間無料
618円
ポイントなし


Amazonプライムビデオ

未配信

30日間無料
500円
ポイントなし


music.jp

未配信

30日間無料
1,958円
1,600P付与


dTV

未配信

31日間無料
550円
ポイントなし


クランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
990円
3000P付与


TSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
2,052円
ポイントなし


dアニメストア

未配信

31日間無料
440円
ポイントなし

※表示月額料金は全て税込金額となります。また付与されるポイントの表示は無料期間中のものになります。

動画配信サービス一覧の中で無料体験があり、見放題と表示されているサービスは『日本沈没―希望のひと―』の動画を全話を無料視聴できます。

ただいくつか動画配信サービスを利用する際に注意点がありますので下記にまとめてみました。

動画配信サービスを利用する際の注意点
  • Netflixおよびクランクイン!ビデオは無料お試し期間がないので登録の際に料金がかかります。
  • TSUTAYA DISCASはDVDレンタルサービスのため今すぐ動画は視聴できません。

動画配信サービスで無料体験を利用する際に、それを選ぶ基準としては

  • 無料期間の長さ
  • 配信作品のラインナップ
  • その他のコンテンツ(漫画や雑誌、音楽)が充実しているか
  • 付与されるポイントの多さ

となります。

各動画配信サービスの特徴や比較してオススメのサービスはどれか?については下記の記事にまとめておりますのでご覧下さい。

VOD/動画配信の目的別で比較|おすすめランキング一覧

すでにいずれかの動画配信サービスで登録している場合でも、自分にピッタリのサービスが見つかったら乗り換えをオススメします。

日本沈没―希望のひと―の動画をYouTubeなど無料動画サイトで視聴する方法

YouTubeなどの無料動画サイトは登録せずに無料で動画を視聴できます。

※当サイトの動画リンクについて:動画リンクは無料視聴できる動画サイトを紹介しています。非公式な動画サイトは紹介していませんので、検索するのにご利用ください。

これらのサービスは期間限定で最新話などが配信されたりします。

ただ基本的にPVや予告動画などしか配信されておらず、全話視聴するなら先に紹介した動画配信サービスがオススメです。

日本沈没―希望のひと―の動画を動画共有サイトからダウンロードするのは違法

海外動画共有サイト、いわゆる「違法動画サイト」での視聴ですが、2020年10月より「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」(令和2年法律第48号)が施行され、より厳しいものとなりました。

これにより海外動画共有サイトより動画ダウンロード視聴するのは違法となり、処罰の対象となります。

注意点まとめ
  • 海外動画共有サイトからダウンロード視聴すると処罰の対象となる。
  • ウイルスに感染するなど安全性が確保されていない。
  • アクセスしている間にマイニング(仮想通貨の生成)をさせられる可能性。

海外動画共有サイトの利用はトラブルを招く可能性が高いので絶対にやめましょう。

現在は動画配信サービスの無料体験を使えば安心して、全話無料フル視聴できるので動画配信サービスをおすすめします。

なお公式の動画配信サービスを利用すれば

  • 合法でリスクの心配なし
  • 無料お試し期間が長期間あり
  • 見放題&高画質で視聴可能
  • 邪魔な字幕や広告なし

といったメリットがあり、海外動画共有サイトで視聴するよりも快適に視聴できます。

ドラマ「日本沈没―希望のひと―」のあらすじと感想まとめ

第1話

放送日:2021年10月10日放送

1話無料動画リンク・あらすじ

2023年、東京。東山総理(仲村トオル)は、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。さらに官房長官の長沼周也(杉本哲太)が、東山が“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足すると発表。そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)も選ばれていた…

【無料動画リンクまとめ】

第1話の感想まとめ
原作の書かれた頃とは違う地球環境に対する世界の認識の変化を世界環境会議や国会での審議項目に取り入れたドラマの設定が、少し未来の日本とされながら現在との共通点を感じさせました。環境問題に関わる政府や学者、官僚などが正解のない指針を示すために、それぞれがメリットを得るために動く中、本当に起こりうる推論を導き出し、人々のために動くリーダーが誰なのか、ギリギリまで分からない焦ったさと恐怖が、現実にも頻発している地震ともリンクしているようでした。

第2話

放送日:2021年10月17日放送

2話無料動画リンク・あらすじ

田所博士(香川照之)の予測通り、日之島が沈んだ。それは関東沈没の前兆が起きたということになる。環境省の天海啓示(小栗旬)は日本未来推進会議で、対策を早急に行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼)は日之島が沈んだのはただの地滑りだと真っ向から否定し、東山総理(仲村トオル)と共に会見を開き、説明を行う。納得がいかない天海だったが、週刊誌に天海が企業から不正にお金をもらっていたという記事が掲載される。疑惑を否定する天海の言い分は聞き入れられず、環境省では謹慎処分となり、未来推進会議からも外されそうになってしまう。絶体絶命のピンチの中、天海は田所から「解決の糸口になるかもしれない」と、海上保安庁の海底調査のデータを入手するように頼まれる。天海は経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)にデータの入手をお願いするが…。一方、記者の椎名実梨(杏)は、天海の地元、愛媛に行き、天海の母・佳恵(風吹ジュン)に接触を図っていた。そこで椎名は重要な情報を入手する。内外に追い込まれていく天海と田所。国民を守るために逆転の一手をうつことはできるのか!?

【無料動画リンクまとめ】

第2話の感想まとめ
世良と田所という二人の学者のいずれが真実を語っているのか、天海の真実を知りたいという言動を邪魔に感じる側から官僚としてのキャリアの継続に疑義が生じる状況に、現実の組織の実情とも同じに思えました。そんな危機的状況の天海に同僚や記者の椎名の協力や、天海の独特の処世術が真実を知るデータの取得につながり、現実に起きようとする危機の解明につながるあたりに人間の愚かさと想いの強さを感じました。

第3話

放送日:2021年10月24日放送

3話無料動画リンク・あらすじ

「関東沈没が1年以内に始まる」という田所博士(香川照之)の分析報告を総理官邸で聞いた天海(小栗旬)は、対策の緊急性を強く訴える。しかし、里城副総理(石橋蓮司)は田所を詐欺学者と決めつけて相手にせず、東山総理(仲村トオル)もすぐには決断できないでいた。天海とともに危機感を募らせる常盤(松山ケンイチ)に、記者の椎名(杏)が接触してくる。彼女は田所が総理官邸に招かれたことで、ただならぬ事態が起きていると感じていた。その夜、常盤は常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦)に呼ばれる。呼ばれた先には、里城がいた。同期である天海の人間性や関東沈没説に対する見解を聞かれ……日本未来推進会議で関東沈没への対策を議題に検討会が開かれた。その席で天海が、地球物理学の世界的権威であるアメリカの教授・ジェンキンスが田所博士の分析を支持したことを告げると、会議は一気に緊迫感を増す。各省庁の代表がそれぞれの視点から論争が繰り広げられる中、国民にどう伝えるかで天海と常盤の意見が割れてしまう。そして、その裏には里城副総理の影が…。四千万人の国民の命か…国の経済か…天海が決断へ、一歩踏み出す!

【無料動画リンクまとめ】

第3話の感想まとめ
これまで何度も突然の自然災害に襲われてきた日本でありながら、関東沈没の可能性が指摘され、住民の命を第一に考える天海が、自分らの保身や駆け引きのなかで判断を先送りする総理や副総理らと対立する様子が、起こっていない事実に対する行政の判断と伝え方の難しさを感じさせました。そんな優柔不断な状態に、真実をリークする判断をする天海とそれを手助けする椎名の決断と、責任を追求する審議会の対応が現実にも起こり得そうで怖さを感じました。

第4話

放送日:2021年11月7日放送

4話無料動画リンク・あらすじ

新聞に「半年以内に関東圏沈没」の記事が出た。里城副総理(石橋蓮司)や長沼官房長官(杉本哲太)がネタ元の特定に躍起になっている中、東山総理(仲村トオル)は椎名(杏)を呼び出し問い詰めるが、椎名は東山が会見をするべきだと伝える。その後、天海(小栗旬)とも話した東山は、会見を開くことを決意。そこで、時期や確率は明確にしなかったが、関東沈没の可能性が総理の口から語られたことで、人々は大混乱に陥る。東山の命により危機対策が日本未来推進会議に委ねられて、常盤(松山ケンイチ)を中心に迅速な対応が進んでいく。そんな中、ワイドショーで関東沈没の現状を赤裸々に話す田所(香川照之)。それは東山が発表していない情報で、勝手な告発に常盤は怒りを抑えられない。一方で毎朝新聞にリークしたのも天海ではないかという疑念がぬぐえずにいた。二人の仲に不穏な空気が漂う中、二人は企業からの支援を募るために、経団連会長の生島(風間杜夫)に会いに行った。しかし、そこには思いがけない人物が…。

【無料動画リンクまとめ】

第4話の感想まとめ
人命を第一に考える天海の独断専行によって椎名の記事掲載が実行され、結果的には総理の危機対応を推進し、関東圏の人々の迅速な避難も進んで評価されるかとも思われました。ところが、危機が現実となっていない状況で進められた避難計画は、その発端の事実を知った総理や常盤に反感をかい、天海が排除される様子には世の不条理を感じさせました。人命と経済、どちらを優先するか、さまざまな局面で判断を迫られる状況の難しさと対峙する人の思いも感じられました。

第5話

放送日:2021年11月14日放送

5話無料動画リンク・あらすじ

恐れていた関東沈没は突然始まった。首都圏を中心に深刻な打撃を受けた。沿岸部にいた天海(小栗旬)と椎名(杏)も関東沈没に巻き込まれて、その被害を受ける。さらに、天海の妻・香織(比嘉愛未)と娘の茜(宝辺花帆美)、椎名の母・和子(宮崎美子)らが乗った避難バスが、トンネル崩落事故に巻き込まれたという情報も入る。そんな中、東山総理(仲村トオル)は総理官邸の災害対策本部から、国民に向け全力の対応を約束する。そして、常盤(松山ケンイチ)ら日本未来推進会議のメンバーは、不安を感じながらも東山総理の指示の下、被害状況の把握や被災者の救助などの対応にあたっていた。今や政府も国民も注目しているのは第二波がくるのかどうか。昼夜を徹してデータの検証作業を行っていた田所博士(香川照之)が一つの結論に達する。導き出したこととは…

【無料動画リンクまとめ】

第5話の感想まとめ
トンネル崩落事故に家族が巻き込まれたと思われた天海と椎名の二人の避難所での表情は、被災者家族独特のものに思え、東北震災を思い起こさせました。一方で、首相や日本未来推進会議のメンバーそれぞれが不安を抱えながら、判断や対応を反芻しながら、想定する今後に違いを感じさせました。そんな中、関東沈没を予言していた田所がプレートを観察しながら自らの移籍先を探しながら、現実も懸念する姿には強かさも感じられました。

第6話

放送日:2021年11月21日放送

6話無料動画リンク・あらすじ

日本未来推進会議に天海(小栗旬)が戻って来た。首都東京の復興に向けて、取り組む決意を誓い合う。国民も日常を取り戻しつつあり、政府でも、復興に向けた議論が進められていた。その復興計画をめぐり、東山総理(仲村トオル)と里城副総理(石橋蓮司)は再び対立。関東沈没を経て、東山も里城に立ち向かう覚悟を決めていた。しかし、東山主導のもと、未来推進会議が進めていた復興計画に突如ストップがかかる。里城が東山の覚悟を上回る奇策を講じてきたのだ。そんな中、天海は田所博士(香川照之)に呼ばれる。そこで伝えられたのは日本沈没、という事実。1億2千万人の命を救うために、動かなくてはいけなくなる。ただ、里城だけはその事実をいまだに認めていない。天海は独断で、国民の命を救うためにできることをやろうとするが、高い壁に阻まれる。そんな中、衝撃の出来事が起こる!

【無料動画リンクまとめ】

第6話の感想まとめ
関東沿岸部が地震によって沈没して約3週間が経過し、日本未来推進会議に天海が復帰し、東京復興に向け動き出そうとする中、首相と副総理の対立が顕在化する様子は、今のコロナ禍に対する対応での人命と経済の駆け引きに似ていました。そんな中、田所が示した一年後には起こりうる日本全土の沈没の予測は、復興を掲げて動き始めた首相ら政府関係者はもちろん、日本未来推進会議のメンバーの中にも不協和音を生じ、リアルな恐怖を感じさせました。

第7話

放送日:2021年11月28日放送

7話無料動画リンク・あらすじ

日本沈没の機密情報を漏洩した疑いで、田所博士(香川照之)が東京地検特捜部に連行された。国家機密とされていた日本沈没も里城副総理(石橋蓮司)主導のもと、なかったことにされようとしていた。追い討ちをかけるように、著名なジェンキンス教授(モーリー・ロバートソン)も日本沈没を否定。企業の協力も得ることができず、天海(小栗旬)は、窮地に追い込まれる。一方、Dプランズから政府に接触があり、海外の土地購入の話を持ちかけてくる。秘密裏に動くべく、その土地を東山総理(仲村トオル)は購入を決断。そんな中、天海は椎名(杏)の協力を得ながら、田所を陥れたい人物を特定しつつあった。その人物とは……?そして、すべてが明らかになった時、世界との駆け引きが始まる。はたして、日本人総移民の希望を見出すことができるのか。

【無料動画リンクまとめ】

第7話の感想まとめ
日本全土が沈没する情報漏洩の疑いで田所博士の東京地検による連行騒動の裏には、官房長官の指示があったことがわかり、愕然とする総理や副総理、そして天海らの表情が印象的でした。そんな非情な情報を前に、認めたくない副総理の里城の現実逃避を諌める天海らの言葉には年代の差や人生観の違いも感じられるようでした。その一方、疑いが晴れ釈放された田所が高級弁当に舌鼓を打つ様子もまた、人柄を感じせるようでした。

第8話

放送日:2021年12月5日放送

8話無料動画リンク・あらすじ

アメリカの会見を受けて、中国は日本政府との移民交渉を完全に遮断。そして、世界各国も中国の動きに同調し、もはや世界との移民交渉の窓口は閉じられた。また、日本沈没という情報が全世界に知れ渡り、日本国内でも政府や東山総理(仲村トオル)に対しての怒りやデモは日増しに高まっていた。そんな中、中国に再度交渉しに行った日本政府は、到底不可能な条件を突きつけられる。天海(小栗旬)と常盤(松山ケンイチ)は、何とか移民交渉を進めるために中心となって動くが、なかなかうまくいかない。八方塞がりの中、田所博士(香川照之)からは日本沈没はいつ起きてもおかしくないという話を聞かされる。追い込まれた天海は、唯一の打開策を思いつく─それは、中国に対しての一か八かの危険な賭け。里城副総理(石橋蓮司)の協力も得て、その賭けに出る天海だったが…。そして、衝撃的な出来事が待ち受けていた…

【無料動画リンクまとめ】

第8話の感想まとめ
日本国民の移民交渉に目処をつけ混乱を最小限に抑えようとした天海や総理らの思いを断ち切るかのような中国による公表には悪意さえ感じられました。その一方、天海が思いつたジャパンタウン構想の提案を受けた中国側で密かに交渉を受けた人物の決断には、里城副総理との人間的な結びつきによるものが感じられました。人が窮地に追い込まれた時、全てが雪崩を起こしたように壊れる人、希望を見出し打開しようとする人、いずれも人の思いや共感する人との結びつきを想起させました。

第9話(最終回)

放送日:2021年12月12日放送

9話無料動画リンク・あらすじ

東山総理(仲村トオル)を狙ったテロのニュースは、全世界に大きな衝撃を与えた。国内の情勢が不安定と判断されて移民計画に影響することを恐れた日本政府は、早急に里城副総理(石橋蓮司)を総理代行にして世界へアピール。しかし、移民計画が進行していた矢先に、さらに予期していなかった悲劇が起こってしまう…。天海(小栗旬)、常盤(松山ケンイチ)ら未来推進会議が中心となって事態の打開に挑むが、状況は改善しない。そして、遂に全世界で日本人移民の受け入れ停止が発表される。そんな中、追いうちをかけるように田所博士(香川照之)から、「日本沈没までもう時間がない」と警告される。それでも最後の一人を救うまで、天海は関東に残って立ち向かう決意をする。そして、ついに恐れていた日本沈没が─天海や常盤は、無事なのか…日本人にとって希望のひととなれたのか!?

【無料動画リンクまとめ】

第9話の感想まとめ
日本沈没の危機に直面し、移民交渉を進める総理を狙ったテロが起き、感染症の全世界での流行までも重なるという複合的な危機状況には怖さを感じました。そんな中、感染症に対抗する薬を日本の製薬メーカーが特許を放棄して製造方法を開示し、国際貢献を果たしながら移民計画の進展を図る展開にも、危機迫るものを感じました。ひとりでも多くの日本人を脱出させようとする天海らの思いが、大きな地殻変動を止め北海道と九州を残したようにも思えました。

今すぐこのドラマを視聴!

ドラマ「日本沈没―希望のひと―」を視聴した方におすすめ人気ドラマ

TBS系のドラマ作品

2022年ドラマ一覧

よかったらシェアしてね!
あなたにピッタリの動画配信サービスを選ぼう!!動画配信サービスは10サービス以上もあるので、それぞれのサービスを把握するのは大変ですし、どれが自分に合ったサービスなのかわからないですよね。
  • 料金を重視したい
  • 作品ラインナップを重視したい
  • ダウンロード機能が欲しい
  • 無料期間でお得に試したい

など、様々な希望があります。

そこで、「【2021年最新版】おすすめ動画配信サービスを徹底比較」と題して、おすすめの動画配信サービスを徹底比較してみました。

これを読めば、あなたにピッタリの動画配信サービスが見つかり、より快適な動画ライフを送ることができますよ!

【2021年最新版】おすすめ動画配信サービスを徹底比較