ドラマ|青天を衝けの動画を1話から無料視聴できる配信サイトまとめ

ドラマ「青天を衝け」を無料視聴するならU-NEXT!

初回31日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません

この記事は

  • 「青天を衝け」を見逃してしまったので動画を探している
  • 「青天を衝け」の再放送の情報を探している
  • 「青天を衝け」だけでなく、いろんなドラマも無料視聴したい
  • 動画配信サービスをまだ利用したことがない

という方におすすめです。

すぐに「青天を衝け」を無料視聴するためのおすすめ方法を紹介します。

目次

ドラマ「青天を衝け」の動画を無料視聴する方法

「青天を衝け」のドラマ動画を視聴するのに1番オススメの方法は動画配信サービスのU-NEXTを利用して視聴する方法です。

配信サービス配信状況無料期間と月額


U-NEXT(NHKオンデマンド)

見放題

31日間無料
2,189円

※表示月額料金は全て税込金額となります。また本ページの情報は2022年1月時点のものです。

U-NEXTの無料体験中に貰えるポイントを利用すれば「青天を衝け」の動画を1話から全話無料視聴できます。

本記事のU-NEXTリンクから登録した場合に限り1000ポイントが貰えるので「NHKオンデマンド:まるごと見放題パック」を無料で利用できます。

見逃していたエピソードも全話配信されるので、いつでも好きな時に見逃したエピソードを視聴できます。

またU-NEXTはドラマや映画などの映像作品だけでなく、ゲームや音楽、雑誌などを丸ごと楽しめるサービスです。

「青天を衝け」とあわせて楽しめるコンテンツが豊富にあるので、無料体験期間を余すことなく楽しめます。

注意!!

※NHKオンデマンドの見放題パックは毎月1日~月末までが契約期間となり、購入日から月末まで、パック対象作品が見放題で楽しめます。

また通常のU-NEXT利用登録は貰えるポイントが600ポイントになります。

もしU-NEXT以外の動画配信サービスを利用したい場合は、下記の配信サービス一覧をご覧ください。

ドラマ「青天を衝け」を無料視聴できる動画配信サービス一覧

配信サービス配信状況無料期間と月額とポイント


U-NEXT(NHKオンデマンド)

見放題

31日間無料
2,189円
1000P付与


Amazonプライムビデオ

レンタル

30日間無料
500円
ポイントなし


music.jp

レンタル

30日間無料
1,958円
1,600P付与


TSUTAYA DISCAS

レンタル

30日間無料
2,052円
ポイントなし


Hulu

未配信

14日間無料
1,026円
ポイントなし


FODプレミアム

未配信

14日間無料
976円
900P付与


dアニメストア

未配信

31日間無料
440円
ポイントなし


TELASA

未配信

15日間無料
618円
ポイントなし


Netflix

未配信

無料期間なし
990円
ポイントなし


ABEMA

未配信

14日間無料
960円
ポイントなし


dTV

未配信

31日間無料
550円
ポイントなし


Paravi

未配信

1,017円
ポイントなし


クランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
990円
3000P付与

※表示月額料金は全て税込金額となります。また付与されるポイントの表示は無料期間中のものになります。

ドラマ「青天を衝け」の動画はU-NEXTで配信しており、無料お試しを利用して視聴することができます。

オススメしている「U-NEXT」はフジテレビ系、TBS系、テレビ朝日系、テレビ東京系、NHK総合など様々なテレビ局のドラマを垣根を超えて配信していて、無料で視聴することができる非常にお得な動画サービスです。

配信されている総作品数は国内最大級で、「見放題作品数No.1」と公表しています。

U-NEXTの特長一覧表
月額料金:2189円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
ポイント付与:1200P(無料期間中は1000P)
国内ドラマ作品数:1200作品
邦画作品数:4080作品
独占配信作品あり
【U-NEXTの6つの特⻑】

  • 190,000本以上が⾒放題!最新レンタル作品も充実。
  • 「観る」と「読む」がひとつのアプリで。
  • 毎⽉もらえる1,200ポイントでお得に。
  • マンガの購⼊などは、最⼤40%※をポイントで還元。
  • ファミリーアカウントをつくれば、もっとお得。
  • ダウンロード機能で、いつでもどこでも視聴。
  • 動画配信サービスの「U-NEXT」についての詳細な情報はコチラから

「また見たい!」と思った時にU-NEXTであれば今すぐ視聴することができるのです。

また、ドラマ動画だけなく原作小説や漫画も同時に楽しめてしまう懐の深いサービスですので、1度も利用したことがない方は無料体験を使ってみるのをおすすめします!

ドラマ「青天を衝け」はYouTubeなど動画共有サイトで視聴できる?

ドラマ動画はYouTubeやテレビ局、Yahoo!のサービスである、

  • YouTube
  • GYAO!
  • Tver
  • テレ朝動画
  • 日テレ無料

などの動画サイトがありますが、ドラマによっては独占配信であったりする為、視聴することはできないものもあります。

また、テレビドラマやアニメ・バラエティ等の見逃し配信に関しては、放送後1週間だけ無料で視聴できるサービスとなっている為、過去放送すべてを視聴できるわけではありません。

なのでU-NEXTなどの動画配信サービスを利用しての全話視聴がオススメです。

海外動画共有サイトに関する注意

海外動画共有サイト、いわゆる違法動画サイトでの視聴ですが、2020年10月より「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」(令和2年法律第48号)が施行され、より厳しいものとなりました。

海外動画共有サイトでは、権利元が認めていないアップロード動画が掲載されている場合があり、これをダウンロード視聴するのは罰則の対象となります。

また、今までは大丈夫だったから、といって海外動画共有サイトを利用するとフィッシング詐欺の被害、ウィルスによるスパイウェア感染の被害に繋がる可能性もある為、絶対に利用せずに公式配信されている動画から視聴するようにしましょう。

ドラマ「青天を衝け」に関しては過去放送も含めてU-NEXTで配信していますので、無料期間を利用してお得に視聴してみるのをオススメします。

ドラマ「青天を衝け」の作品情報とあらすじ

放送2021年冬
話数全41話
放送局NHK
公式サイト青天を衝け|NHK
公式Twitter青天を衝け|公式
Wikipedia青天を衝け|Wikipedia
出演・キャスト渋沢栄一:吉沢亮/渋沢市朗右衛門:小林薫/渋沢ゑい:和久井映見/渋沢なか:村川絵梨/渋沢てい:藤野涼子/渋沢喜作:高良健吾/渋沢よし:成海璃子/渋沢宗助:平泉成/渋沢まさ:朝加真由美/尾高惇忠(新五郎):田辺誠一/尾高長七郎:満島真之介/尾高千代:橋本愛/尾高平九郎:岡田健史/尾高やへ:手塚理美/尾高きせ:手塚真生/高島秋帆:玉木宏/利根吉春:酒向芳/真田範之助:板橋駿谷/大橋訥庵:山崎銀之丞/徳川斉昭:竹中直人/藤田東湖:渡辺いっけい/武田耕雲斎:津田寛治/徳川慶喜:草彅剛/平岡円四郎:堤真一/平岡やす:木村佳乃/徳信院:美村里江/美賀君:川栄李奈/吉子(登美宮):原日出子/川路聖謨:平田満/高島秋帆:玉木宏/井伊直弼:岸谷五朗/阿部正弘:大谷亮平/堀田正睦:佐戸井けん太/永井尚志:中村靖日/徳川家慶:吉幾三/徳川家定:渡辺大知/篤君(天璋院):上白石萌音/歌橋:峯村リエ/松平慶永(春嶽):要潤/橋本左内:小池徹平/藤田小四郎:藤原季節/マシュー・ペリー:モーリー・ロバートソン

※「青天を衝け」の公式PVは現在のところありませんでした。

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の活躍を吉沢亮主演でドラマ化。幕末から明治へ、時代の渦に翻弄(ほんろう)され挫折を繰り返しながらも、高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。脚本は連続テレビ小説「あさが来た」(2015年9月〜2016年4月)などを手掛けた大森美香が担当する。

1話:2021年2月14日放送【栄一、目覚める】

1話無料動画リンク・あらすじ

武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)。人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむが…。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(子役・笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた。

【無料動画リンクまとめ】

1話の感想まとめ

武家の世の中から近代国家へと激変する日本の社会基盤に多大なる影響を与えた渋沢栄一が、徳川家最後の将軍慶喜に直接直訴して対面した状況から物語が始まり、養蚕家で育った幼少期の栄一の様子が細かく描かれていました。渋沢栄一が生粋の武家育ちではなく、江戸から距離のある武蔵国の今でいう複業農家に育ったことと高島秋帆との出会いが、国というモノに対する意思を芽生えさせたように思え、小さいながらも自らの頭と体で体得していたように感じられました。

2話:2021年2月21日放送【栄一、踊る】

2話無料動画リンク・あらすじ

父・市郎右衛門(小林 薫)から藍の商いを、いとこ・新五郎(田辺誠一)から読書を習い始めた栄一(子役・小林優仁)。でも一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだ。しかし、大人の事情で祭りは中止に。がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂(子役・笠松基生)は、慶喜と名を改め、将軍・家慶(吉 幾三)から実子のようにかわいがられていた。隠居の身の斉昭(竹中直人)は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。そんな中、ペリー(モーリー・ロバートソン)が日本にやってくることになり…。

【無料動画リンクまとめ】

2話の感想まとめ

藍染めに必要な商いを通じて「みんなが喜ぶことが大切だ」と教えた両親の教えが、十歳くらいとなった栄一には強烈な印象となり、武士の不条理に対し、幼いながらも村の人が楽しめる獅子舞を自ら舞う決断と行動力が周囲との違いに感じられました。その一方、新五郎から習い始めた読書にも没頭し、自らの知らない世界に憧れを抱く一方で、時代が大きく変化しようとする状況は今と内容の差はあれど、同じように感じられました。そんな希望や憧れを抱く栄一を、両親はもとより周囲の人たちの理屈ではなく、見守ろうとする雰囲気が今との違いのようにも思えました。

3話:2021年2月28日放送【栄一、仕事はじめ】

3話無料動画リンク・あらすじ

市郎右衛門(小林 薫)と初めて江戸へ行った栄一(吉沢 亮)は、江戸の華やかさに驚くとともに、父の姿に商売の難しさを知る。その年の藍葉の不作により窮地に陥った父を助けるため、自ら藍葉の買い付けに行きたいと考える栄一だが…。一方、黒船が襲来した江戸は、大騒ぎ。家慶(吉 幾三)が亡くなり、次期将軍候補に慶喜(草彅 剛)の名が挙がるも、慶喜は反発する。そんな慶喜の腹心の部下にと、ある男に白羽の矢が立つ。

【無料動画リンクまとめ】

3話の感想まとめ

今は地方に住んでいても東京の有り様は想像ができるものの、実際に上京すれば、個人差はあるものの多少なりとも衝撃を受けるものです。黒船来航の時期に江戸に向かった栄一がワクワク感と同時にその人の多さと活気に高揚する姿は、想像以上だったのかもしれないと思えました。藍葉の不作を受け、買い付けに向かった村で、生産者の生活と翌年の生産を考えて独断を下した栄一の判断を父親が褒めて認める姿は、幕末の日本人の武士と商人に共通した男親の基調にも感じられました。

4話:2021年3月7日放送【栄一、怒る】

4話無料動画リンク・あらすじ

栄一(吉沢 亮)は仕事にますます励み、もっとよい藍を作るにはどうしたらよいかと思い巡らせていたが、ある妙案を思いつく。一方、幕府はペリー(モーリー・ロバートソン)の再来航が迫り混乱していた。斉昭(竹中直人)は、次期将軍候補である息子・慶喜(草彅 剛)に優秀な家臣を付けようと、変わり者の平岡円四郎(堤 真一)を小姓に据える。そしてついに、日米和親条約が締結。開港のうわさは血洗島にも届き、栄一たちはがく然とする。そんな中、父・市郎右衛門(小林 薫)の名代として、多額の御用金を申し渡された栄一は、その理不尽さに、この世は何かがおかしいと感じ始める。

【無料動画リンクまとめ】

4話の感想まとめ

ひと回りも年下の徳川慶喜の小姓となった平岡が当初は不満を抱いていたものの、その人となりに接するにつれ惚れ込んでいく様が面白く感じられました。しかも、当時の武士の常識からすれば無作法をはたらいた平岡に理由を尋ね、相応の教育を施す慶喜の懐の深さも江戸幕府最後の将軍の器を感じさせました。一方、父親の名代で代官の前に向かった栄一が、納得できない御用金の額に即答せず、用件を持ち帰ると申し出る姿は、今でなら当然のことですが、肝の座り方と自らの頭でものを考える姿勢が今と共通していました。

5話:2021年3月14日放送【栄一、揺れる】

5話無料動画リンク・あらすじ

惇忠(田辺誠一)に薦められた本で、清がアヘン戦争でいかに英国に敗れたかを知った栄一(吉沢 亮)は、開国した日本の未来を危惧する。そんな中、栄一の姉・なか(村川絵梨)は、自身の縁談を、“相手の家に憑き物(つきもの)がいる”という迷信的な理由で伯父・宗助(平泉 成)たちから反対され、ふさぎ込んでしまう。一方、幕府の方針をなおも受け入れられない斉昭(竹中直人)は暴走。老中・阿部正弘(大谷亮平)と斉昭の側近・藤田東湖(渡辺いっけい)は斉昭を必死にいさめる。そんなとき、大地震が江戸を襲う。

【無料動画リンクまとめ】

5話の感想まとめ

黒船の襲来による江戸幕府の内外で攘夷と開国で意見の対立、なかの縁談の反対理由が憑き物という迷信的な理由と栄一の合理的な判断の対立のそれぞれに、現代でもありがちな過去の価値観と新たな考え方の対立をみるようでした。そんな中、一方的に納税を強いられ、武家に対する強烈な反感を抱いた栄一の社会に対する見方が、さまざまな状況を経験しながら構築されて行くように感じられました。

6話:2021年3月21日放送【栄一、胸騒ぎ】

6話無料動画リンク・あらすじ

長七郎(満島真之介)や喜作(高良健吾)と共に剣術の稽古に励む栄一(吉沢 亮)は「百姓にだって何かできるはずだ」と意気込む。そんなとき、千代(橋本 愛)から突然思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまう栄一。さらに、道場破りの真田範之助(板橋駿谷)が栄一らの道場に現れて……。一方、東湖(渡辺いっけい)を失った斉昭(竹中直人)はさらに過激な言動が増え、慶喜(草彅 剛)らに引退を勧められるが、「慶喜が将軍になるなら引退する」と突っぱねる。ほかにも慶喜は、正室に迎えた美賀君(川栄李奈)の気性に頭を悩ませていた。

【無料動画リンクまとめ】

6話の感想まとめ

江戸幕府が黒船によって今後の対応を迫られる中、栄一らにも尊皇攘夷の思想を伝える道場破りが現れ、栄一は千代への気持ちに蓋をするかのように気持ちの昂りを誤魔化す様子に時代を感じました。そんな栄一が、馬を走らせていた慶喜と山中で小用中に巡り合い、慶喜が気さくに近づく姿に、最後の将軍の器を感じました。また、千代をめぐる男同士の気持ちのせめぎ合いは、現代にも通じるものが感じられました。

7話:2021年3月28日放送【青天の栄一】

7話無料動画リンク・あらすじ

老中・阿部(大谷亮平)が亡くなり、幕府は大混乱。そんな中、慶喜(草彅 剛)を次期将軍に推す声が日ごとに高まり……。一方、血洗島では、長七郎(満島真之介)が真田(板橋駿谷)に勧められ、武者修行のため江戸へ行くことに。栄一(吉沢 亮)は、依然、千代(橋本 愛)とぎくしゃくした関係のままであったが、喜作(高良健吾)が千代を嫁にもらいたいと言い出し動揺する。惇忠(田辺誠一)と藍売りに出かけた栄一は、漢詩を詠みながら山道を歩く中で自分の真の思いに気づき、そびえたつ山頂で……青天を衝く!

【無料動画リンクまとめ】

7話の感想まとめ

武者修行に江戸へ向かう前の長七郎に千夜を嫁にしたいと宣言した喜作の姿に動揺した栄一の様子を見透かしたかのような長七郎の江戸からの手紙が、栄一の志を気づかせるきっかけのように感じられました。今とは違い筆文字の文のやり取りによる遠隔地同士の情報取得は、激動の幕末には関わる人同士の思惑や思い違いも多々あったことが推測されました。老中阿部の死亡で混乱する幕府の一方、慶喜に対する期待と攘夷に対する慶喜の考え方の一端も垣間見えたようでした。

8話:2021年4月1日放送【栄一の祝言】

8話無料動画リンク・あらすじ

ついに、栄一(吉沢 亮)は自分の思いを語り、千代(橋本 愛)に結婚を申し込む。と、そこに待ったをかけたのは喜作(高良健吾)。栄一と喜作は剣術で勝負をすることに。一方、幕府では、大老になった井伊直弼(岸谷五朗)が「日米修好通商条約」を結ぶが、調印は違勅だと大問題に発展。井伊に意見した慶喜(草彅 剛)や斉昭(竹中直人)には処分が下され、安政の大獄と呼ばれる苛烈な弾圧が始まる。

【無料動画リンクまとめ】

8話の感想まとめ

千代をめぐる栄一と喜作の争いを剣の勝負で決しようとする状況が、いかにも江戸時代の武士の世に思えました。勝負に勝った喜作が栄一と千代の気持ちを思い、自分から身を引く姿は、千代の意思を聞かなかった点は今なら問題かもしれませんが、古来日本男児の美徳を感じさせました。その一方、黒船に揺れる幕府内での権力闘争の中、最後の将軍となる慶喜の冷静沈着な胆力を感じさせる草薙さんの演技が印象的でした。

9話:2021年4月11日放送【栄一と桜田門外の変】

9話無料動画リンク・あらすじ

井伊直弼(岸谷五朗)により、蟄居(ちっきょ)を命じられた斉昭(竹中直人)や慶喜(草彅 剛)は無言の抵抗を続ける。しかし、その井伊は桜田門外の変で暗殺され、斉昭も突然の死去。父の死を耳にした慶喜は慟哭(どうこく)する。一方、江戸から戻った長七郎(満島真之介)に感化され尊王攘夷の考えに傾倒し始めた栄一(吉沢 亮)は、喜作(高良健吾)に続いて自分も江戸へ行きたいと父・市郎右衛門(小林 薫)に懇願する。

【無料動画リンクまとめ】

9話の感想まとめ

今のように情報が簡単に手に入らなかった江戸時代の状況を示したかのように、江戸から戻った長七郎の話を聞きに若者らが集結する様子は、誤った情報でも簡単に広がる怖さが感じられました。尊皇攘夷の考え方と違う井伊直弼に対する反感が広がり、桜田門外の変につながる武士らの激動ぶりと行動の過激さが現代との違いを感じさせました。栄一の父親の「天下国家を百姓がどうこういうべきではない」と言った言葉や、慶喜と平岡とのやり取りにも江戸幕府の人々の考え方の一端がみえました。

10話:2021年4月18日放送【栄一、志士になる】

10話無料動画リンク・あらすじ

幕府では、暗殺された井伊直弼(岸谷五朗)に代わって老中・安藤信正(岩瀬 亮)が、孝明天皇(尾上右近)の妹・和宮(深川麻衣)の将軍・家茂(磯村勇斗)への降嫁を進めていた。朝廷との結びつきを強めて幕府の権威回復を図った和宮降嫁は、尊王攘夷派の志士に火をつける。一方、念願の江戸に来た栄一(吉沢 亮)は、尊王論者・大橋訥庵(山崎銀之丞)を紹介され、安藤の暗殺計画を知る。長七郎(満島真之介)は、その計画のために命を捨てる覚悟を決めるが…。

【無料動画リンクまとめ】

10話の感想まとめ

東京と地方の情報格差が緩和された状態にある現代とは違い、人伝に聞く江戸の状況を目の当たりにした栄一が百姓という自らの立場と日本という国の在り方に疑問を感じ始め、苦悩する姿が印象的でした。そんな栄一の苦悩が千代の妊娠で、百姓として国行く末を考えようとする姿に変化する様子は、現代にも共通する心情にも思えました。同郷の長七郎が当時流行ともいえる志士として暗殺計画に加担する覚悟を決める姿も、幕末ならでは光景に思えました。

11話:2021年4月25日放送【横濱焼き討ち計画】

11話無料動画リンク・あらすじ

栄一(吉沢 亮)と千代(橋本 愛)に待望の第一子が生まれるが、すぐに亡くなってしまい、渋沢家は重い空気に包まれる。そんな中、惇忠(田辺誠一)は自らの手で攘夷(じょうい)の口火を切ろうと、横浜の外国人居留地の焼き討ちを発案。心を動かされた栄一は、武器や仲間を集め始める。一方、謹慎を解かれた慶喜(草彅 剛)は将軍・家茂(磯村勇斗)の後見職となるも、島津久光(池田成志)らから「一刻も早く攘夷の決行を」と迫られる。

【無料動画リンクまとめ】

11話の感想まとめ

長七郎の暴走を止めるべく上宿へと走る栄一が、当時流行り病のような攘夷論に乗るのではなく、討幕を基本とした考え方が感じられました。そんな中、コロナ禍で日常が変わる現在のように、第一子の誕生を喜ぶ栄一と千代が、麻疹の流行でその子供を亡くしてしまい悲しむ姿は、時代に関係なく人の情が感じられました。その悲しさもあったのか、惇忠の発案した横浜の外国人居留地焼き討ちに加担するエネルギーとなったのかもしれません。その一方、謹慎を解かれた慶喜が、幕府内の攘夷論を一喝する姿も印象的でした。

12話:2021年5月2日放送【栄一の旅立ち】

12話無料動画リンク・あらすじ

役人に追われる栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)をボロ屋に引き込んだのは、円四郎(堤 真一)だった。円四郎は一橋家に仕えないかと勧めるが、栄一たちは断る。血洗島村に戻った栄一は、惇忠(田辺誠一)らと高崎城乗っ取り計画の準備をしていた。そこに京都から長七郎(満島真之介)が戻り、涙ながらに中止を訴える。計画を断念した栄一と喜作は、再起をはかるため、村を離れ京都に向かうことを決意する。

【無料動画リンクまとめ】

12話の感想まとめ

天下のために仕事をしたいという栄一の申し出に対し、父親が意外にもすんなり認め、置き去りにされる妻の千代まで栄一の背中を押す状況が今の社会や家族の在り方との違いを感じました。具体的なものもなく江戸に向かう栄一と喜作の兄弟が、一橋家の円四郎と出会う展開も運命のように感じられました。円四郎を前に臆せず持論を展開する栄一の怖いもの知らずの無鉄砲さと、それを静かに聞き一橋家に引き入れようとする円四郎の懐の深さが印象的でした。

13話:2021年5月9日放送【栄一、京の都へ】

13話無料動画リンク・あらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は江戸で円四郎(堤 真一)の妻・やす(木村佳乃)から一橋家のご証文を受け取り、無事京都へたどりつく。京都では朝廷が参与会議を開催。薩摩藩などが国政に影響力を持ち始める中、“一度全てを捨て、新しい世を作ろう”と語る松平春嶽(要 潤)に、慶喜(草彅 剛)は静かに怒りを募らせる。一方、栄一からの文を喜んだ長七郎(満島真之介)は京都に行くことを決意。しかし道中で誤って飛脚を斬ってしまい捕らえられる。栄一の文も見つかり、幕府から目を付けられた栄一と喜作は追い詰められる。

【無料動画リンクまとめ】

13話の感想まとめ

江戸で出会った円四郎を頼るべきか悩みながらも、自宅に押しかけた栄一と喜作のふたりを門前払い仕掛けた妻のやすが、二人の名前を聞いて家に招き入れ円四郎から預けられた証文を渡す展開が人と人の出会いの不可思議を感じさせました。氏素性もそれほど明確には知らない栄一と喜作と直接話した印象から人柄を判断し、自らの家臣に招き入れようとする円四郎の人柄と懐の深さが、武士の世の中にあった日本人の面白さに思えました。

14話:2021年5月16日放送【栄一と運命の主君】

14話無料動画リンク・あらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)から一橋家に仕官せよと迫られるが、栄一は慶喜(草彅 剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功。栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。一方慶喜は、薩摩藩が天皇に信頼の厚い中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに気づく。中川宮を問い詰め、その場にいた島津久光(池田成志)らに“天下の大愚物、天下の大悪党だ”と言い放つ。

【無料動画リンクまとめ】

14話の感想まとめ

役人に捕まり獄に繋がれるか、一橋家の家来になるか、二者択一の選択を迫る円四郎に、栄一と喜作の二人が無作法に立ち場をわきまえない振る舞い、それを受けた円四郎も慶喜の対応に懐の深さが感じられました。幕府と天皇、薩摩藩など、さまざまな権力争いの渦中にあった慶喜が、公儀の権威を保持するために、静かに戦っていながら、ついに中川宮を問い詰め、島津久光らに放った言葉は痛快に思えました。

15話:2021年5月23日放送【篤太夫、薩摩潜入】

15話無料動画リンク・あらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、武士として初俸禄(ほうろく)をもらい、円四郎(堤 真一)から「篤太夫(とくだゆう)」「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。篤太夫の初仕事は、摂海防禦(せっかいぼうぎょ)の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井 優)の隠密調査だった。そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)から、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた篤太夫は、円四郎の行く末を心配する。一方、水戸藩では、藤田東湖の息子・藤田小四郎(藤原季節)が攘夷(じょうい)実現のため天狗党(てんぐとう)を率いて挙兵していた。

【無料動画リンクまとめ】

15話の感想まとめ

一橋家の正式な家臣となった栄一と喜作が、円四郎から武士らしいとする「篤太夫」「清一郎」の名前と初めての俸禄をもらい喜ぶ姿は、現代でも学生から新社会人となった若い世代にも似た表情に思えました。そんな篤太夫が円四郎の命を受け、薩摩の折田の隠密調査に向かい、出会った西郷吉之助とサシ飲みする中で本音をぶつける怖いもの知らずの正直さを、面白いと言いながら見つめる西郷の目が印象的でした。

16話:2021年5月30日放送【恩人暗殺】

16話無料動画リンク・あらすじ

篤太夫(吉沢 亮)と成一郎(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)に命ぜられ、一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く。二人はかつての同志・真田範之助(板橋駿谷)に会い、一緒に働くことを勧めるが一蹴されショックを受ける。血洗島村では惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)が水戸騒動に関わった嫌疑で連行され、惇忠は牢(ろう)に入れられる。一方京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組が池田屋を襲撃。攘夷(じょうい)派志士の怒りは、禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)の慶喜(草彅 剛)と側近・円四郎に向かっていく。

【無料動画リンクまとめ】

16話の感想まとめ

一橋の家臣となった篤太夫と誠一郎が、尊皇攘夷に対する考えの違いから反乱を起こした水戸騒動の影響から血洗島への帰郷の望みが断ち切られ、しかも、大恩人の円四郎の死も知らない状況が今の情報伝達スピードの違いを実感させるものでした。幕末の江戸幕府が、いかに国としての在り方に問題を抱え、解決方法に安易に反対する勢力の重要人物を斬りつける選択をしていたかが痛感させられる一方、人の人に対する思いにそれほどの違いがないことも印象的でした。

17話:2021年6月6日放送【篤太夫、涙の帰京】

17話無料動画リンク・あらすじ

円四郎(堤 真一)の命が奪われたことを江戸で知り、衝撃を受ける篤太夫(吉沢 亮)と成一郎(高良健吾)。その時、京では慶喜(草彅 剛)が自ら指揮を執り、御所に迫る長州藩兵と戦っていた。そこに、西郷吉之助(博多華丸)が薩摩藩兵を率いて加勢する。集めた兵を引き連れて京に向かう篤太夫たち。その道中、岡部の代官・利根(酒向 芳)が現れる。さらに、水戸では、耕雲斎(津田寛治)と小四郎(藤原季節)が率いる天狗党(てんぐとう)が、慶喜を頼って京を目指していた。

【無料動画リンクまとめ】

17話の感想まとめ

関東から一橋毛の兵となる人材を三十余名引き連れ帰京する道中で円四郎の死を聞いた篤太夫と成一郎の二人が驚き落胆しながらも、自分の果たすべき役割を懸命に果たそうとする姿が印象的でした。また、後ろ盾となっていた円四郎にかわり、岡部の代官から猪飼が二人の身の保全を確保し、労を労う慶喜との対面には強い人間同士の信頼関係が感じられました。その一方で、未亡人となった円四郎の妻のやすが、円四郎の残した手紙を読み涙する姿に幕末という時代の悲しみが感じられました。

18話:2021年6月13日放送【一橋の懐】

18話無料動画リンク・あらすじ

篤太夫(吉沢 亮)は、天狗党(てんぐとう)討伐のため慶喜(草彅 剛)とともに京をたつ。一方、成一郎(高良健吾)は、慶喜からの密書を耕雲斎(津田寛治)に届ける。耕雲斎は降伏を決めるが、悲しい運命が待ち受けていた。一橋家を強くしなければという思いに駆られた篤太夫は、新たな兵の招集を慶喜に建白。歩兵取立御用掛となった篤太夫は、一橋領のある備中に向かう。江戸城では、三度(みたび)京に向かうことになった将軍・家茂(磯村勇斗)が、和宮(深川麻衣)との別れを惜しんでいた。

【無料動画リンクまとめ】

18話の感想まとめ

攘夷を旗印に兵を挙げた小四郎らの天狗党に対し、公儀と天子の間で苦悩する慶喜は外国人による征伐を避けるために討伐を決断する中、円四郎への想いを抱えながら苦悩する篤太夫の優柔不断にみえる姿が印象的でした。ところが、成一郎の一喝で別人のように、一橋の家臣集めに奔走したいと直談判し、硬軟使い分けた交渉術で代官をも取り込み、慶喜にも自身の役割を主張する姿へと変化が面白く感じられました。

19話:2021年6月20日放送【勘定組頭 渋沢篤太夫】

19話無料動画リンク・あらすじ

売り方を変えることで一橋領の木綿の価値を高めることに成功した篤太夫(吉沢 亮)は、さらに商売を盛んにするため紙幣の流通にも取り組む。勘定組頭に抜てきされた篤太夫は、財政を豊かにすることで一橋家を支えようと決意をする。一方、薩摩では、欧州から帰国した五代才助(ディーン・フジオカ)が大久保一蔵(石丸幹二)と密談を交わしていた。ついに幕府は2度目の長州征伐へ…しかしひそかに薩長同盟を結んだ長州を前に、幕府は大苦戦。そんな中、大坂城で指揮を執る家茂(磯村勇斗)が倒れる。

【無料動画リンクまとめ】

19話の感想まとめ

勘定組頭となった篤太夫が米や火薬、そして木綿を扱う百姓らと交渉する姿は、仕官する前に村で行っていた藍の仕入れにも似ていました。一橋家の財政復旧のために生み出した銀本位制の紙幣も成功し、慶喜から褒められたと喜ぶ篤太夫に成一郎が悪態をつく姿には、やっかみと志の違いが感じられました。そんな成一郎を静かに見守り送り出す篤太夫の表情には、決意と覚悟が滲んでいるようでした。

20話:2021年6月27日放送【篤太夫、青天の霹靂】

20話無料動画リンク・あらすじ

家茂(磯村勇斗)が亡くなった。慶喜(草彅 剛)の次期将軍就任が避けられぬと目される中、篤太夫(吉沢 亮)は「今将軍になっても、国中の非難を一身に背負うだけ」と慶喜に進言する。一方、薩摩の大久保一蔵(石丸幹二)は公家の岩倉具視(山内圭哉)と共謀し、王政復古を画策していた。慶喜が徳川宗家を継いだことで幕臣となってしまった篤太夫は失意の日々を送っていたが、ある日、謀反人の捕縛を命じられる。警護のために同行するのは、新選組副長・土方歳三(町田啓太)だった。

【無料動画リンクまとめ】

20話の感想まとめ

一橋家の家臣に導いてくれた円四郎が亡くなり、今度は将軍家茂の死去に伴い、篤太夫がまたしても慶喜の将軍職を継ぐことやそれに伴う自身の立場や仕事の変化に苦悩し、その決断の基盤が本来の武士の感覚の違いが感じられました。そんな中、幕末の江戸では恐れられた新撰組の土方にも萎縮することなく、自身の主義主張を通す篤太夫の怖いもの知らずの姿に感じられましたが、捕縛に向かった先で土方に命を救ってもらった後に本音を吐露する姿が対照的でした。

21話:2021年7月4日放送【篤太夫、遠き道へ】

21話無料動画リンク・あらすじ

篤太夫(吉沢 亮)は、パリ万博に参加する慶喜(草彅 剛)の弟・昭武(板垣李光人)の随行でフランス行きを打診され、その場で快諾する。一方、慶喜は第15代征夷大将軍に就任。慶喜は篤太夫を呼び出し、昭武の未来を託す。その後、横浜で初めて勘定奉行・小栗忠順(武田真治)と対面した篤太夫は、このフランス行きに秘められた重要な目的を知らされる。旅立ちの前、成一郎(高良健吾)と再会した篤太夫。二人は牢(ろう)に囚(とら)われている長七郎(満島真之介)と久々に対面するが…。

【無料動画リンクまとめ】

21話の感想まとめ

慶喜が家茂から将軍職を引き継ぎ、江戸幕府と公家とが水面下で権力争いを演じ、日本へ接触する諸外国との関係を模索する国内情勢の微妙な状況に頭を悩ませる表情が印象的でした。そんな中、円四郎と篤太夫との特異な縁が、慶喜と篤太夫との間にも同様に築かれていることが興味深く感じられました。予備知識がなかった外国人との対面でさまざまな感情を抱く篤太夫の姿は江戸時代ならではに感じられました。その一方、今よりも激変だった生活の中、渋沢が故郷に残した家族を案じる姿は、現代との共通点に感じられました。

22話:2021年7月11日放送【篤太夫、パリへ】

22話無料動画リンク・あらすじ

パリに到着した篤太夫(吉沢 亮)たちは、さっそく万国博覧会の会場を視察。蒸気機関やエレベーター…最先端の西洋技術を目の前にして度肝(どぎも)を抜かれる。しかし、日本の展示ブースに行くと、そこには薩摩の紋が高々と掲げられていた。幕府使節団は薩摩に抗議するが、モンブランと五代(ディーン・フジオカ)が裏で手を引き、幕府と薩摩は同格の政府であると風聞が流れる…そんな中、昭武(板垣李光人)はナポレオン三世の謁見式に出席し、堂々と慶喜(草彅 剛)の名代としての役目を果たす。そのころ日本では、慶喜が次々と幕政改革を打ち出していた。

【無料動画リンクまとめ】

22話の感想まとめ

今とは違い、海外事情やマナーの違いなどの予備知識もほとんどなく、約2ヶ月もの期間を船旅で費やしフランスへと向かう渋沢ら公儀の一行のそれぞれの反応と対応の違いが人柄や人としての許容度が感じられました。武士と皇室のふたつが存在した日本を狙うフランスとイギリスの思惑が、薩摩と琉球、そして幕府を絡めた戦略となって万博の裏舞台と慶喜がいる江戸でぶつかる様子が面白く感じられました。そんな中、万博視察団の経費を考え奔走する篤太夫の自分の仕事に対するブレない姿勢が、他の武士らとの違いに思えました。

23話:2021年7月18日放送【篤太夫と最後の将軍】

23話無料動画リンク・あらすじ

フランスからの借款は消滅したが、篤太夫(吉沢 亮)が当面の資金繰りに奔走し、昭武(板垣李光人)は留学を続けていた。家庭教師のヴィレットの教えに従い、篤太夫たちは髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることに。同じころ、日本では西郷(博多華丸)が軍備を整え、岩倉(山内圭哉)と大久保(石丸幹二)が王政復古への動きを進めるが、慶喜(草彅 剛)は先手を打って政権を帝に返上してしまう。一方、血洗島では篤太夫の養子になった平九郎(岡田健史)が、江戸に向かおうとしていた。

【無料動画リンクまとめ】

23話の感想まとめ

異国の文化や貿易の知識が今後の日本には不可欠として篤太夫らをフランスへ送り込んだ慶喜が、薩摩の動向や諸般の状況をひとり考え、いかに公儀の延命すべきか悩み大政奉還という突飛な決断を下す覚悟と戦略の凄さが感じられました。慶喜の能力の高さを評価する岩倉らの中で、西郷が軍人として戦を仕掛けようとニヤリとした表情が印象的でした。
その一方、フランスの篤太夫らが、激変する自分たちの状況を改善しようとしながら、詳細のわからない日本の状況に気を揉む様子も印象的でした。

24話:2021年8月15日放送【パリの御一新】

24話無料動画リンク・あらすじ

篤太夫(吉沢 亮)や昭武(板垣李光人)らがパリで新年を祝う中、幕府から書状が届く。“慶喜(草彅 剛)が政を朝廷に返上した”との文面に一同大混乱するが、篤太夫は昭武の留学費用を捻出すべく更なる節約策を講じる。そんな中、篤太夫はエラールに連れられて証券取引所を案内され、債券の仕組みを教わる。一人一人の小さな力が合わさってこの世を変えられることを知り、新たな決意を抱く。その時、日本では、成一郎(高良健吾)、惇忠(田辺誠一)、平九郎(岡田健史)が、新政府軍と戦っていた。

【無料動画リンクまとめ】

24話の感想まとめ

準備中

25話:2021年8月22日放送【篤太夫、帰国する】

25話無料動画リンク・あらすじ

帰国した篤太夫(吉沢 亮)は、横浜で杉浦(志尊 淳)や福地(犬飼貴丈)らと再会。幕府が薩長に敗れた経緯や、慶喜(草彅 剛)や幕臣の動向を聞かされる。さらに、恵十郎(波岡一喜)と虎之助(萩原 護)から、成一郎(高良健吾)、惇忠(田辺誠一)、平九郎(岡田健史)のその後を知らされる。成一郎らは彰義隊を結成するもすぐに分裂し、振武軍(しんぶぐん)として新政府軍と戦うが敗戦。激闘の中、平九郎の行方は分からなくなり、成一郎は箱館へ向かったという。頭の中が整理できない中、篤太夫は故郷・血洗島へ戻る。

【無料動画リンクまとめ】

25話の感想まとめ

フランスで新年を迎えた篤太夫らの元に、幕府から大政奉還が慶喜によってなされたと文書で伝えられ、動転する面々の表情の裏にはそれぞれの立場の違いも垣間見得ました。篤太夫はフランスでの滞在費用の捻出に頭を抱え、エラールに案内された証券取引所に触発され、自らの手で公儀の資金を増やし債券の利用価値を実感しながら、その意義を確信する姿は、他の武士らとは一線を隠していました。また、民部公司が日本への帰国に恐怖を感じると篤太夫にもらす姿は、その立場ゆえのものに思えました。

26話:2021年9月12日放送【篤太夫、再会する】

26話無料動画リンク・あらすじ

久々に故郷・血洗島に戻った篤太夫(吉沢 亮)は、千代(橋本 愛)、父・市郎右衛門(小林 薫)、母・ゑい(和久井映見)らと再会を喜びあうが、尾高家に起こった悲しい出来事を知って大きな衝撃を受ける。その後、昭武(板垣李光人)から預かった書状を届けるため、慶喜(草彅 剛)が謹慎している駿府に向かう篤太夫。駿府藩の中老・大久保一翁(木場勝己)にパリでの収支を報告し、慶喜との謁見を願い出るが…。

【無料動画リンクまとめ】

26話の感想まとめ

親族の一人が都会で成功して帰郷すると面白くない思いをする人もいるのは今の時代にもありがちな光景ですが、故郷の血洗島へと戻ってきた篤太夫を出迎える村人や親族らの対応も同様に感じられました。篤太夫の尾高家に対して抱く後ろめたさを察する親族と対立感情をむき出しにするおていの姿も、関係の近さ故と思えました。そんな中、篤太夫が差し出した土産代わりの金子を父の市郎右衛門が嫁の千代に渡す姿には、これまでの労いと感謝の念が感じられました。

27話:2021年9月19日放送【篤太夫、駿府で励む】

27話無料動画リンク・あらすじ

篤太夫(吉沢 亮)は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが、水戸にいる昭武(板垣李光人)のことを思って辞退する。しかし、この命が慶喜(草彅 剛)の配慮であることを大久保一翁(木場勝己)から聞かされ、駿府に残る決断をする。篤太夫はパリで学んだ知識を生かし、武士と商人が力を合わせて商いを営む「商法会所」を設立。駿府藩の財政改革に乗り出す。一方、箱館では、成一郎(高良健吾)や土方(町田啓太)らが新政府軍を相手に決死の抵抗を続けていた。

【無料動画リンクまとめ】

27話の感想まとめ

新政府軍と最後の戦いを続ける函館の五稜郭の武士らも、駿府藩の勘定方で働く武士らも、今の日本人とは違い金銭欲ではなく、徳川のためという忠義を原動力として動く精神性の違いが感じられました。それゆえ、篤太夫の発想や生に対する考え方は、本来の武士との違いに感じられ、新たな価値観と社会が模索される中で特異だったゆえに、商工会議所の原形を組織できたようでした。また、激変する日本の状況下を冷静に判断し、駿府を離れようとする篤太夫を止める慶喜と大久保一翁には、三者三様の信頼関係が感じられました。

28話:2021年9月26日放送【篤太夫と八百万やおよろずの神】

28話無料動画リンク・あらすじ

新政府から大蔵省への出仕を求められた篤太夫(吉沢 亮)は、直接断るため東京へ向かう。篤太夫は、伊藤博文(山崎育三郎)の案内で大隈重信(大倉孝二)を訪ね、早速辞任を申し出るが、大隈は“なぜ今新政府に、君が必要なのか”と立て続けに話し、篤太夫は完全に言い負かされる。一方、慶喜(草彅 剛)は、ようやく謹慎を解かれ宝台院を出た。慶喜は、「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と篤太夫に最後の命を下す。

【無料動画リンクまとめ】

28話の感想まとめ

大蔵省への出仕を頼まれた篤太夫が幕臣としての立場から受け入れられないとして、拒絶する意思を伝えに大隈重信に直接会いに行き、居丈高に振る舞う様子が、徐々に変化する様子が興味深く感じられました。その一方、篤太夫に対峙する直前までオロオロしていた大隈が徐々に饒舌に自らの主張をし、篤太夫を論破していく話術と特徴的な語尾もまた面白く感じられました。時代が大きく変わる中、新たな国家体制を模索する中心にいた人物らの変化に対するいい意味での柔軟さを見せられたようでした。

29話:2021年10月3日放送【栄一、改正する】

29話無料動画リンク・あらすじ

明治政府に出仕した栄一(吉沢 亮)は、各省の垣根を超えた特命チーム“改正掛(かいせいがかり)”を立ち上げ、杉浦 譲(志尊 淳)や前島 密(三浦誠己)を静岡から呼び寄せる。改正掛は、租税の改正、貨幣や郵便制度の確立など、新たな国づくりのためまい進するが、旧幕臣の活躍を快く思わない一派との対立が生まれてしまう。そんな中、栄一は、久しぶりに惇忠(田辺誠一)と再会する。惇忠は、新政府に平九郎を殺された傷を抱えていた。栄一は、ひそかに温めていた提案を惇忠に切り出す。

【無料動画リンクまとめ】

29話の感想まとめ

栄一の発案した「改正掛」は、今の行政改革と同様のものを思わせましたが、そのやり方と物事の進展の仕方には今とはまるで違うスピード感を感じました。これまでとは違う仕組みを生み出すエネルギーと世代間の衝突もまた、今の政治状況と似ているようにも思えました。そんな激動の中、栄一と再会した惇忠が苦悩する真意を吐露し、それにストレートに自分の思いを語った栄一の言葉が惇忠の心を変えた様子や栄一を百姓上りの幕臣と毛嫌いしていた人物が非礼を詫びる姿が、現代人とは違う人間性にも思えました。

30話:2021年10月10日放送【渋沢栄一の父】

30話無料動画リンク・あらすじ

明治4(1871)年5月。栄一は新しく流通させる硬貨の品質を確認するため、大阪の造幣局に出張することに。そこで栄一は五代と再会し、これまでの恨み言をぶつける。同年7月。新政府の首脳会議に出席していた西郷隆盛(博多華丸)が、「まだ戦が足らん」と声を上げる。井上馨は、「廃藩置県を断行せよ」との西郷の意思表示と理解し、栄一らにある極秘の任務を託す。冬を迎えたある日、出張先の大阪から帰宅した栄一の元に、父・市郎右衛門が危篤との知らせが届く。

【無料動画リンクまとめ】

31話:2021年10月17日放送【栄一、最後の変身】

31話無料動画リンク・あらすじ

岩倉使節団として米欧に向かった大久保(石丸幹二)らが不在の中、栄一や井上らは、日本で初めてとなる銀行の設立に乗り出す。栄一らは、豪商の小野組と三井組に協力を仰ぐも難航。民間の合同による銀行を目指す栄一と、独自に銀行を設立したい三井が対立し、栄一は三野村利左衛門と熾烈な駆け引きを繰り広げる。その頃、富岡製糸場の操業を始めたい惇忠は、あるうわさが原因で工女が集まらないことに悩む。惇忠は誤解を解くため、娘のゆう(畑芽育)に伝習工女になってほしいと頼む。

【無料動画リンクまとめ】

32話:2021年10月24日放送【栄一、銀行を作る】

32話無料動画リンク・あらすじ

明治6(1873)年7月。国立銀行条例に基づいて、日本橋兜町に日本初の銀行・第一国立銀行が開業する。栄一は3年半勤めた大蔵省を井上馨(福士誠治)と共に辞職し、同行の総監役として新たな道を歩み始める。開業後、駆け付けた五代は、「“商いは化け物”、魑魅魍魎がはびこっている」と栄一に忠告する。その頃、三菱を率いる岩崎弥太郎は、大蔵卿に就任した大隈(大倉孝二)と結び付きを強め、海運業で急成長する。そんな中、ゑいが体調を崩し、東京の栄一の元に身を寄せる。

【無料動画リンクまとめ】

33話:2021年10月31日放送【論語と算盤(そろばん)】

33話無料動画リンク・あらすじ

明治7(1874)年11月。第一国立銀行の大株主・小野組が放漫経営で多額の借金を抱えて破綻する。小野組の破綻の影響で、無担保で多額の貸付をしていた第一国立銀行も連鎖倒産の危機に陥る。さらに、三野村率いる三井組が、この機に乗じて第一国立銀行を乗っ取ろうとたくらんでいた。栄一は銀行を守るため、三野村との一世一代の大勝負に出る。一方、喜作は主要な輸出品である蚕卵紙を値崩れさせようと、横浜の外国商館が口裏を合わせて買い控えを始めたことに憤慨する。

【無料動画リンクまとめ】

34話:2021年11月7日放送【栄一と伝説の商人】

34話無料動画リンク・あらすじ

明治11(1878)年。諸外国との不平等な条約の改正を推進する伊藤は、欧米に倣って商人の声を集める組織づくりを栄一に依頼。栄一は、商人たちが業種を超えて手を組める組織「東京商法会議所」を設立する。その頃、初めて養育院を訪れた千代は、身寄りのない子供たちに胸を痛め、世話をしたいという思いを強くする。そんな中、岩崎から宴席に誘われた栄一は、岩崎と商業で国を豊かにしようと意気投合するが、手法を巡って意見が真っ向から対立。激論の末、会合は物別れに終わる。

【無料動画リンクまとめ】

35話:2021年11月14日放送【栄一、もてなす】

35話無料動画リンク・あらすじ

明治12(1879)年。アメリカ前大統領・グラント(フレデリック B)の来日が決まり、栄一らが民間を代表して接待することに。栄一は、夫人同伴が当たり前の西洋流を取り入れようと、千代やよしにも協力を求める。そこに大隈綾子(朝倉あき)ら政財界の婦人たちも加わり、西洋式マナーの習得に悪戦苦闘する。6月になり来日したグラントを官民挙げて歓迎する中、グラントが渋沢家に行きたいと言いだす。渋沢家では、千代が中心になって前大統領を歓迎するための準備を始める。

【無料動画リンクまとめ】

36話:2021年11月21日放送【栄一と千代】

36話無料動画リンク・あらすじ

明治13(1880)年8月。栄一は三菱の海運独占に対抗するため、三井物産の社長・益田(安井順平)と協力し、東京風帆船会社を設立。だが、岩崎の新聞を使った巧みな妨害工作に劣勢を強いられる。また、養育院も東京府から事業縮小を迫られ、なかなか前に進めない栄一に対し、岩崎は着々と事業拡大を推し進める。その頃、栄一の長女・うたと穂積陳重(田村健太郎)の縁談が持ち上がり、意気投合した二人は結婚。渋沢家が幸せな空気に包まれる中、千代が病に倒れてしまう。

【無料動画リンクまとめ】

37話:2021年11月28日放送【栄一、あがく】

37話無料動画リンク・あらすじ

明治15(1882)年。栄一や三井物産の社長・益田(安井順平)らは、再び岩崎の海運独占に対抗するため、海運会社の共同運輸会社を設立。共同運輸の営業が開始されると、早速三菱との戦いが始まる。そんな中、千代(橋本愛)を亡くして憔悴していた栄一は、知人の勧めで豪商・伊藤八兵衛の娘・兼子(大島優子)と再婚することに。程なく、突然岩崎が病に倒れる。五代は共同運輸と三菱の争いに終止符を打つため、栄一と岩崎の弟・弥之助(忍成修吾)との間を取り持とうとする。

【無料動画リンクまとめ】

38話:2021年12月5日放送【栄一の嫡男】

38話無料動画リンク・あらすじ

明治22(1889)年夏。栄一や旧幕臣たちは、東京・上野で家康(北大路欣也)が江戸城に入って三百年の節目を祝う「東京開市三百年祭」を開催する。栄一は、会場で昭武(板垣李光人)らと再会し、旧交を温める。参加者が「徳川万歳」と祝う中、栄一は汚名をかぶったまま静岡で暮らす慶喜を気に掛ける。一方、栄一の息子・篤二は跡継ぎの重責から逃れるかのように、ある過ちを犯す。時は流れ、明治27(1894)年夏。日清戦争が始まり、日本の戦況を伝える報道に人々は熱狂する。

【無料動画リンクまとめ】

39話:2021年12月12日放送【栄一と戦争】

39話無料動画リンク・あらすじ

明治35(1902)年6月。アメリカを訪れた栄一は、ホワイトハウスで民間人としては異例のルーズベルト大統領と会談を行う。日本の軍事面のみが注目され、経済への評価がまだまだ低いことを痛感する。明治37(1904)年2月。日露戦争が勃発。戦争への協力を求められた栄一は、演説の直後に倒れてしまう。栄一の見舞いに訪れた慶喜は、「生きてくれたら自分のことは何でも話す」と、涙ながらに語り掛ける。栄一らは慶喜の功績を後世に伝えようと、伝記の編纂を始める。

【無料動画リンクまとめ】

40話:2021年12月19日放送【栄一、海を越えて】

40話無料動画リンク・あらすじ

アメリカで日増しに排日の機運が高まる中、栄一(吉沢亮)は、日米関係を改善しようと兼子(大島優子)と渡米。特別列車で全米を巡り、民間外交に奔走する。そんな中、伊藤博文(山崎育三郎)暗殺の知らせを聞く。

【無料動画リンクまとめ】

41話(最終回):2021年12月26日【青春はつづく】

41話無料動画リンク・あらすじ

渋沢栄一(吉沢亮)が時代に翻弄され、挫折を繰り返しながらも未来を切り開いていく物語が終焉。老年になっても走り続ける栄一は、アメリカ国内で日本人排斥運動が強まることに心を痛めていた。その後、ワシントンの軍縮会議に合わせて再び渡米。悪化した日米関係の改善に尽力する。そんな折、関東大震災が発生し、周囲の心配をよそに救援の最前線に立つ。

【無料動画リンクまとめ】

今すぐこのドラマを無料視聴!

「青天を衝け」の感想まとめ

ドラマ「青天を衝け」の原作について

ドラマ「青天を衝け」は「日本資本主義の父」と称された渋沢栄一を主人公に幕末から明治までを描いた作品です。

脚本は「あさが来た」の大森美香さん。

  • 未解決の女 警視庁文書捜査官
  • 東京バンドワゴン〜下町大家族物語
  • マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

ドラマを視聴して気に入った方は大森美香さんの他の作品もチェックしてみて下さい

ドラマ「青天を衝け」の再放送について

一般的にテレビドラマは一定の期間を空け、放送時間帯を変えて再放送されるケースがあります。

ドラマ「青天を衝け」の再放送について調べてみましたが、最新のドラマですので再放送情報は出ていませんでした。

今後、人気や視聴率の具合によっては再放送される可能性がありますが、いつ再放送されるかは分かりません。

TVで放送時間に見る以外は公式で視聴できる動画配信サービスを利用して視聴することになります。

ドラマ「青天を衝け」の動画はU-NEXTで配信中ですので、U-NEXTにログインして視聴しましょう。

「青天を衝け」を視聴した方におすすめの人気ドラマ

歴史上の人物のオススメドラマ

  • 花の乱
  • 徳川慶喜
  • 元禄繚乱
  • 利家とまつ~加賀百万石物語~
  • 功名が辻

U-NEXTで配信中の人気ドラマ


その他、バラエティでは「ブラタモリ」「ポツンと一軒家」といった人気番組も配信されているのできっとお好きな動画に巡り会うことができるでしょう。

2022年ドラマ曜日別一覧

よかったらシェアしてね!
あなたにピッタリの動画配信サービスを選ぼう!!動画配信サービスは10サービス以上もあるので、それぞれのサービスを把握するのは大変ですし、どれが自分に合ったサービスなのかわからないですよね。
  • 料金を重視したい
  • 作品ラインナップを重視したい
  • ダウンロード機能が欲しい
  • 無料期間でお得に試したい

など、様々な希望があります。

そこで、「【2021年最新版】おすすめ動画配信サービスを徹底比較」と題して、おすすめの動画配信サービスを徹底比較してみました。

これを読めば、あなたにピッタリの動画配信サービスが見つかり、より快適な動画ライフを送ることができますよ!

【2021年最新版】おすすめ動画配信サービスを徹底比較