青髭をなくす・治す方法とは|青髭になる人の原因・ならない人の対策

この記事でわかる事
  • 青髭になる原因・青髭を薄くするための日常的な対策方法がわかる
  • 青髭をなくす方法・さまざまな脱毛方法のメリット・デメリットがわかる
  • 青髭をなくすメリット・青髭を残すと起こるデメリットが詳しくわかる

「毎日きちんと髭を剃ってるのに青髭が消えない…」

「できるだけ青髭を目立たなくしたい!」

そんな悩みを抱えている男性は数多くいます。

青髭は時間をかけて入念に髭を剃っても消すことができないため、髭の濃い男性にとっては大きな悩みです。

しかし、男性の中には髭を剃っても跡が目立たず、青髭にならないような人もいます。

青髭になる人・ならない人には、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、青髭になる人の主な原因や絶対にNGな青髭対策、青髭を残すと起こるデメリットについて解説します。

また、青髭にならないための日常的な対策や、青髭をなくす方法も紹介するのでぜひ参考にしてください。

目次

青髭になる原因とは

<ポイント>

  • 青髭は毛の太さ・皮膚の厚さ・剃り残し・ホルモンバランスなどさまざまな原因がある
  • 青髭の原因は一人ひとり違うので各原因に合わせて対処する必要がある
  • 青髭は適切なケアをすればある程度自力で防ぐことも可能
  • 女性でも青髭に悩んでいる人は意外と多い

青髭に関する悩みを解決するためにも、まずは青髭の原因から理解しておきましょう。

ここからは青髭の主な原因や、髭の濃い男性によくある悩みについて解説します。

青髭になる人・ならない人の違いとは?

青髭になる人とならない人の違いは「髭の太さ」「皮膚の厚さ」「皮膚の黒さ」にあります。

髭が太くて濃い男性は毛を剃ったときの断面図も大きいため、残った断面図が青髭に見える原因になります。

また、髭が細くても顔の皮膚が薄い人は毛根が透けて見えるため、それが青髭として目立ってしまうのです。

加えて、顔が色黒の人なら青髭も目立ちませんが、色白の人だと青髭がより一層目立ってしまいます。

青髭になる原因は一人ひとり違うため、各原因に合わせた適切なケアが必要です。

髭が太い

髭の1本1本が太くてしっかりとしている人は、青髭が目立ってしまう可能性も高くなります。

その理由は、髭が太いと毛を剃ったときの断面図も太くなり、その断面図が青髭として目立つからです。

髭の細い人なら毛の断面図は目立たないので、青髭に悩む男性の多くは面倒な髭剃りの悩みも抱えています。

ヒゲの剃り残しがある

ヒゲの剃り残しがあることも目立つ青髭によくある原因です。

古いカミソリやシェーバーは剃る力が想像以上に落ちているため、剃り残したヒゲが青髭として見えてしまいます。

これらの剃り残しは最新の電動シェーバーや、新品のカミソリを使うことである程度防ぐことは可能です。

しかし、人によってはどれほど入念にヒゲを剃っても青髭を消せない場合もあるので注意しましょう。

テストステロンが過剰分泌されている

髭が濃くて剃ってもすぐに伸びてくるような男性は「テストステロン」が過剰分泌されている可能性があります。

テストステロンは「男性らしさ」や「男性としての活力」に関係している男性ホルモンです。

不規則な生活などによって体のホルモンバランスが崩れると、テストステロンが過剰に分泌されることがあります。

そのため、規則正しい生活を送って、テストステロンの分泌量を抑えることも青髭対策には大切です。

皮膚が薄く毛根が透けている

青髭は毛の太さだけでなく、顔の皮膚の厚さも原因のひとつになります。

顔の皮膚が薄い人は髭を剃ったあとの毛根が透けて見えるため、それが青髭として目立つことになるのです。

そのため、顔が色黒の人よりも色白の人の方が毛根が目立ち、青髭も濃くなることになります。

電動シェーバーやT字カミソリでしっかり深剃りをしても青髭になる人は、顔の皮膚の厚さが関係しています。

髭を剃って濃くなる事はない

「髭は剃れば剃るほど濃くなるから、できるだけ剃らない方がいい」

という話を聞いたことのある人も多いと思いますが、このウワサは間違いです。

髭の濃さと髭剃りには一切関連性がなく、髭を剃っても毛が太くなることはありません。

髭は根本の部分が一番太く、毛先に行くほど細くなるため、髭を剃ると根本の一番太い部分だけが残ります。

そのため、多くの人が「髭を剃ったら毛が太くなった」と勘違いしてしまうことが、このウワサの原因です。

また、多くの男性は髭が濃く・太くなり始める年齢の頃に髭を剃り始めます。

なので、「髭は剃れば剃るほど濃くなる」というイメージが強く残っていることも原因のひとつだと考えられています。

女性でも青髭になる?

青髭と言えば男性特有の悩みというイメージですが、青髭に悩んでいる女性も意外と数多くいます。

睡眠不足や暴飲暴食など、不規則な生活を続けると女性の体内では女性ホルモンが減少します。

その結果、男性ホルモンが増加して顔の毛が濃くなり、太くなった毛が青髭に見えてしまうのです。

また、切れ味の悪いカミソリなどを使って間違ったムダ毛処理をすることも女性の青髭の原因になります。

青髭をなくす方法

<ポイント>

  • 髭をしっかり深剃りすれば青髭を目立たなくすることは可能
  • コンシーラーやファンデーションを顔に塗れば青髭隠すことができる
  • 青髭が嫌なら思い切って髭を伸ばしてしまうのもアリ

    髭の濃い男性の大きな悩みである青髭ですが、目立たなくする方法や上手に隠すためのテクニックもいくつかあります。

    ここからは青髭をなくす方法・日頃から実践できるテクニックについて詳しく解説します。

    ヒゲを深剃りする

    髭を根本からしっかりと深剃りすれば、青髭を目立たなくすることは可能です。

    深剃りをするためのテクニックには以下のようなものがあります。

    1. 蒸しタオルで髭を柔らかくしてから剃る
    2. クリームやジェルを使ってしっかり剃る
    3. 髭の伸びやすい朝の時間帯に剃る
    4. 電動シェーバーやカミソリは切れ味の良い新品を使う

    T字カミソリを使えば髭をより深く剃ることができますが、その分お肌への負担も大きくなります。

    肌の弱い人がT字カミソリを使うと剃った部分が出血したり、肌荒れを起こすことも多いです。

    T字カミソリよりも電動シェーバーの方がお肌への負担は小さいので、自分の肌質に合わせて使い分けましょう。

    コンシーラーで隠す

    女性がメイクでよく使用するコンシーラーを使って青髭を隠すという方法もあります。

    青髭の上からコンシーラーを塗るだけなので、いつでも手軽に青髭を隠すことが可能です。

    最近は男性用のコンシーラーも数多く発売されており、手軽に使えるクリームタイプやスティックタイプも用意されています。

    しかし、夏場などの汗をかく時期はコンシーラーが落ちてしまうため、こまめに塗り直す必要があります。

    また、髭の濃さによってはコンシーラーを使っても青髭を完全に隠すことができないので注意しましょう。

    メンズファンデーションで隠す

    コンシーラーよりも広範囲の青髭を隠したい場合はメンズファンデーションを使うのがおすすめ。

    ファンデーションなら青髭だけでなく、ニキビやカミソリ負けなどの肌トラブルも隠すことができます。

    メンズファンデーションは女性向けのファンデーションとは違い、男性特有の皮脂や汗を考慮した成分が配合されています。

    そのため、男性がファンデーションを使う場合は、女性向けのものよりもメンズファンデーションの方がおすすめです。

    髭のデザインをおしゃれにする

    深剃りやファンデーションでも青髭を隠せない場合は、思い切って髭を伸ばしてしまうのもアリです。

    髭を伸ばしておしゃれに整えれば、周りの人たちにワイルドでかっこいい印象を与えることができます。

    また、オシャレな髭に合わせた帽子や服装を用意すれば、自分のファッションの幅がより一層広がるでしょう。

    ただし、伸ばした髭をおしゃれにキープすることは非常に難しく、美容やファッションに関する高い知識が求められます

    さらに、伸ばした髭を毎日整えないと無精ヒゲになってしまい、だらしなく見えてしまう可能性が高いので注意が必要です。

    青髭を脱毛でなくす方法

    <ポイント>

    • 脱毛クリニックならレーザーで青髭を根元から確実に除去することができる
    • 脱毛サロンは費用は安く抑えられるが、効果も薄いので時間がかかる
    • 家庭用脱毛器は安価で手軽に使えるけど脱毛効果はかなり薄い
    • 抑毛ローションは青髭を目立たなくすることはできるが脱毛にはならない

    深剃りをする・ファンデーションを塗るなど、青髭を隠すためのテクニックは数多くあります。

    しかし、青髭を根本的になくす一番確実な方法は「永久脱毛を受けること」です。

    髭を根本から除去する脱毛処理を受ければ、青髭の悩みから永久的に解放されてますよ。

    ここからは各脱毛方法の特徴や違いについて詳しく解説します。

    脱毛クリニックで永久脱毛

    青髭をなくす方法として一番のおすすめは脱毛クリニックで永久脱毛を受けることです。

    クリニックでは専門の医師がレーザーを使って髭を脱毛をするので、短期間で確実に青髭をなくすことができます。

    また、クリニックなら髭を根本から完全に除去できるので、青髭や髭剃りの悩みを一気に解決することが可能です。

    毎朝髭を剃っても青髭になってしまう人や、深剃りをすると肌が荒れてしまう人にはクリニックの永久脱毛が一番おすすめです。

    脱毛サロンで脱毛

    レーザー治療の痛みが心配な人や費用をより安く抑えたい人には脱毛サロンがおすすめです。

    脱毛サロンでは光脱毛を使用するためレーザー脱毛よりも値段が安く、肌への負担も少なく抑えることができます。

    そのため、脱毛サロンならクリニックよりも安い料金・少ない痛みで青髭をなくすことが可能です。

    ただし、脱毛サロンの光脱毛はクリニックのレーザー脱毛よりも効果が薄いため、長期的にサロンへ通う必要があります。。

    家庭用脱毛器で脱毛

    家庭用脱毛器を使えば、自宅でいつでも気軽に脱毛処理をすることができます。

    家庭用脱毛器はレーザー脱毛よりも照射のパワーを抑えてあるので、誰でも簡単に使うことが可能です。

    また、一度購入すれば好きなだけ使うことができ、髭以外の全身のムダ毛も脱毛処理することができます。

    クリニックに通う暇がない人や、急いで脱毛をする必要がない人には家庭用脱毛器がおすすめです。

    ただし、家庭用脱毛器はレーザー脱毛に比べて照射パワーがかなり低いため、人によっては脱毛効果を実感できない可能性もあります。

    ローションで抑毛

    市販の抑毛ローションを使って髭を目立たなくするという方法もあります。

    抑毛ローションにはイソフラボンやパイナップルエキスなど、毛の成長を抑制する成分が含まれています。

    抑毛ローションを塗り続けると毛が細く・弱くなるため、青髭を目立たなくすることが可能です。

    また、使い方は髭剃り後のお肌に塗るだけなので、脱毛するための手間や時間が必要ありません。

    ただし、抑毛ローションはレーザー脱毛や光脱毛と違い、髭を根本的に除去する訳ではないので注意しましょう。

    男性ホルモンの分泌を抑えて青髭を減らす方法

    <ポイント>

    • 髭が濃くなり、青髭が目立ってしまうのは男性ホルモンが原因
    • 食生活・生活習慣を改善することで男性ホルモンを抑えることが可能
    • 男性ホルモンを抑えるサプリメントもある

    髭が濃くなり、青髭が目立つようになる原因は「男性ホルモン」にあります。

    男性ホルモンが過剰に分泌されると髭が濃くなり、青髭もより一層目立つことになるのです。

    食事の栄養バランスや生活習慣の乱れなど、男性ホルモンが増えてしまう原因はいくつかあります。

    ここからは男性ホルモンの分泌量を抑えて、青髭を減らす方法について解説します。

    食生活をバランス良く改善する

    男性ホルモンが分泌される量は食事の栄養バランスによって変化します。

    肉や魚、ネギ・ニラ・ニンニクなどのいわゆる「精のつく食べ物」は男性ホルモンを増やす食材です。

    特に牛肉・牡蠣・うなぎなど、亜鉛が多く含まれている食材は男性ホルモンの分泌を促進します。

    逆に、大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンによく似た効果があるため、男性ホルモンの働きを抑制してくれます。

    普段の食事に含まれている栄養素をよく理解して、バランスの良い食生活を意識しましょう。

    生活習慣を改善する

    男性ホルモンの分泌量は食事だけでなく、普段の生活習慣も大きく影響します。

    男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうのは、寝不足・暴飲暴食・ストレスなどの不規則な生活が原因です。

    喫煙はストレス解消の効果があるかもしれませんが、男性の体は有害物質が入ってくると男性ホルモンを余計に分泌してしまいます。

    また、適度な運動はホルモンバランスを整えてくれますが、激しい筋トレは男性ホルモンが分泌され、髭が濃くなる原因になるので注意が必要です。

    男性ホルモンで髭を濃くしないためにも、普段から規則正しい健康的な生活習慣を心がけましょう。

    サプリメントを使う

    サプリメントを使って男性ホルモンを抑える成分を摂取するという方法もあります。

    イソフラボンやノコギリヤシ、プラセンタなどの成分には男性ホルモンを抑制する効果があります。

    これらの成分を日頃から摂取すれば、男性ホルモンの分泌量を減らすことが可能です。

    飲むだけで手軽に摂取できるので、普段から青髭対策をしたい人はサプリメントを使うのもおすすめです。

    これでは治らない!NGな青髭対策

    <ポイント>

    • 有名な青髭対策の中にはまったく効果のないものや、逆に髭が濃くなってしまうものがある
    • 日焼けは肌へのダメージが大きく、時間が経てば元の色に戻ってしまう
    • 除毛クリームは体の表面の毛を落とすだけなので青髭対策にはならない
    • ヒゲ抜きでヒゲを抜いても永久脱毛にはならない

    青髭にはさまざまな対策方法がありますが、中にはまったく効果のないものや、逆に髭が濃くなってしまうものがあります。

    ここからは青髭対策としては絶対にNGな行動について詳しく解説します。

    日焼け

    日焼けをして肌を黒くすれば髭が目立たなくなるため、青髭対策として効果的に思えるかもしれません。

    しかし、日焼けによる肌へのダメージは意外と大きく、シミやシワといった肌トラブルの原因になってしまいます。

    また、日焼けした肌が回復するときには発毛組織も活性化するため、人によっては髭がより早く伸びてしまうこともあるようです。

    そもそも、日焼けした肌は時間が経つと元の色に戻ってしまうため、青髭対策の根本的な解決にはなりません。

    青髭対策は日焼けなどの一時的に隠すのではなく、クリニックで髭を根本的に処理するのが一番確実です。

    除毛クリームを使う

    塗るだけで簡単に毛が落ちる除毛クリームは、カミソリやシェーバーを使わずに毛を処理できるのでとても人気があります。

    しかし、除毛クリームは肌の表面に出ている毛を落とす効果しかないため、一時的に脱毛することしかできません。

    また、除毛クリームは顔に塗ると肌トラブルになる可能性があり、目や口に入ると危険なので髭の除毛には適していません。

    除毛クリームは顔以外のムダ毛を処理するには便利なアイテムですが、青髭対策として使うのは絶対にNGです。

    ヒゲ抜きでヒゲを抜く

    ヒゲ抜きでヒゲを根元から抜けば永久脱毛になりそうなイメージがあります。

    しかし、ヒゲを根元から抜いても毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織は毛穴に残っているため、ヒゲは同じ場所から再び生えてくるのです。

    また、ヒゲを根元から無理やり抜くと周囲の肌や毛細血管を傷つけてしまい、出血や肌荒れと言った肌トラブルに繋がります。

    ヒゲ抜きでヒゲを抜いても青髭対策にはならず、むしろ悪化させてしまう原因になるので注意しましょう。

    青髭をなくすメリット

    <ポイント>

    • 青髭のない男性は清潔感があり、若々しい印象を与えることができる
    • 青髭のない男性は「美意識が高い」「清潔感がある」と女性からの第一印象もかなり良い
    • 青髭を永久脱毛すると肌トラブルが減るため、キレイで若々しい肌を取り戻すことができる

    青髭をなくすと髭剃りの手間が減るだけでなく、清潔感が出る・若々しく見られるなど数多くのメリットがあります。

    ここからは青髭をなくすメリットや、青髭に対する女性からの印象について詳しく解説します。

    爽やかなモテ男に!

    青髭の生えている男性は清潔感がなく、女性からの評判もかなり悪いです。

    一方、永久脱毛して青髭の生えてない男性は爽やかで清潔感があり、周りの人たちにも好印象を与えることができます。

    実際、永久脱毛をしている男性に対して、女性は「美意識が高い」「清潔感がある」と感じているようです。

    青髭のないキレイな顔で笑顔を見せれば、初めて会う女性との第一印象もかなり良いものになるでしょう。

    永久脱毛で青髭をなくせば、女性からも好印象な爽やかな雰囲気の男性になることができます。

    若々しい印象に!

    毎日の髭剃りは肌へのダメージが意外と大きく、肌荒れや乾燥肌といった肌トラブルの原因になります。

    顔の肌が荒れていたりガサガサに乾燥していると、実際の年齢より老けて見られてしまうかもしれません。

    しかし、青髭を永久脱毛すれば髭剃りが不要になるので、顔の肌を傷つける心配もありません。

    肌荒れや乾燥肌といった髭剃りによる肌トラブルが減るので、キレイで若々しい肌を取り戻すことができます。

    清潔感のある男性に!

    美容に対する関心が低く、青髭や無精ヒゲを生やしたままにしている男性は数多くいます。

    そのため、青髭のないキレイな肌をしている男性は「清潔感がある」「キレイ好き」という印象を与えることができます。

    どれだけ毎朝入念に髭剃りをしていたとしても、少しでも青髭が残っていると清潔感のアピールにはなりません。

    永久脱毛で青髭をなくせば、誰でも簡単に清潔感をアピールすることが可能です。

    青髭のままのデメリット

    <ポイント>

    • 青髭といえばダンディなイメージがあるが、実際には多くの人が「汚い」「だらしない」と思っている
    • 青髭は写真だとかなり目立つため、写真に写るのが怖くなってしまう
    • 青髭を気にしている男性の多くは「自分に自信がない」と日頃から感じている

    青髭のままでいることには数多くのデメリットがあります。

    青髭が生えていると毎日の髭剃りに時間と手間が取られるだけでなく、日常生活にも影響を与えてしまうのです。

    ここからは青髭によって発生する問題点や、青髭の男性特有の悩みついて詳しく解説します。

    女性受けが悪い・・・

    男性の中には青髭に対して「男らしい」「ダンディ」というイメージを持っている人もいるかもしれません。

    しかし、実際には青髭を生やしている男性は「汚い」「だらしない」といった印象を周囲の人たちに与えてしまいます。

    特に女性からの評判はかなり悪く、多くの女性は青ひげに対して良いイメージを持っていません。

    逆に、青髭を永久脱毛している男性は「美意識が高い」「清潔感がある」と女性からの評判は意外と良いです。

    青髭をなくすと、女性や周りの人たちに対して「清潔感のある男性」という印象を与えることができます。

    写真に撮られる時に青髭が気になる

    「自分は写真写りが悪い」と思っている男性は、青髭が生えていることに原因があるかもしれません。

    スマホの普及した現代では、多くの人が顔写真をSNSにアップして交流を楽しんでいます。

    そのため、近年は女性だけでなく、男性にも美容や美肌に対する意識が求められているのです。

    男性の青髭は写真でもかなり目立つため、「だらしない」「老けている」といった印象を与えてしまいます。

    顔写真を撮られるのが嫌だと感じている男性は、青髭を永久脱毛すれば写真を使った交流も楽しめるようになるでしょう。

    青髭を気にしすぎて自分に自信が持てなくなる

    青髭を気にしている男性の多くは「自分に自信がない」と日頃から感じています。

    特に商談やデートなど、人と向かい合って話す場面になると青髭を気にしすぎてしまうようです。

    しかし、永久脱毛で青髭をなくせば、人と話すときも堂々と自信を持って話すことができるようになります。

    実際、永久脱毛を経験した男性の多くは「コンプレックスが消えた」「自信を取り戻せた」と話しています。

    普段から青髭を気にしすぎてしまう人も、永久脱毛で青髭をなくせば自分に自信を取り戻すことが可能です。

    まとめ

    <この記事のまとめ>

    • 青髭には毛の太さ・皮膚の厚さ・剃り残し・ホルモンバランスなどさまざまな原因がある
    • 青髭は女性からの評判も悪く、「汚い」「だらしない」といった印象を与えてしまう
    • 青髭にはさまざまな対策方法があるが、自力での対策には限界がある
    • 青髭をなくす一番確実な方法は「脱毛クリニックで永久脱毛をすること」

    この記事では青髭をなくす方法や日常的な対策方法、青髭をなくすと得られるメリットについて解説しました。

    青髭をなくすと髭剃りの手間や時間を節約できるだけでなく、顔の肌が若々しくなり、自分に自身を取り戻すこともできます。

    青髭をなくす方法として一番のおすすめは、脱毛クリニックで髭の永久脱毛を受けることです。

    クリニックでは医療機器のレーザーを使って髭を根本的に除去するので、誰でも確実に青髭をなくすことができます。

    しかし、お肌の状態や体質というのは人それぞれ違うため、一人ひとりに最適な施術が必要です。

    まずは無料のカウンセリングで青髭やレーザー脱毛の悩みについてプロに相談してみましょう。

    「本当に効果あるの?」「費用はどのくらい?」など、なんでも気軽に相談することができますよ。

    青髭の悩みをスッキリ解決して、毎朝髭を剃らなくていい快適な生活を楽しみましょう!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる