【2021版】浮気調査に使えるおすすめGPS厳選12種類|アプリや車用小型GPSなど!

パートナーの浮気を疑っている場合、GPSによる浮気調査を考えている人もいるでしょう。

GPSを使うことでパートナーがどこにいるのか、嘘をついていないのかなどの浮気調査をすることができます。

そこで今回は実際に浮気調査に使えるGPSや浮気調査を手助けしてくれるアプリなどを紹介していきます。

目次

GPSで浮気調査はアリ?ナシ?

GPSで浮気調査をする場合、メリットとデメリットがあることを確認しておきましょう。

  • 低予算で自分で簡単にできる
  • 相手にバレる可能性がある

1つずつ詳しく解説していきます。

低予算で自分で簡単にできる

GPSはネット通販などで数千円で購入することができ、低予算で簡単にGPSを使って浮気調査することができます。

また、スマホの無料アプリを使えば無料でGPSを利用することができます。

浮気調査を自分でしようと考えている人が真っ先に思いつくのがGPSという方も実際に多いです。

相手にバレる可能性はある

GPSを浮気調査として利用する場合、パートナーにバレてしまうリスクはしっかり頭に入れておきましょう。

パートナーに浮気調査をしいていることがバレてしまうと、「プライバシーの侵害」などで自分が罪に問われてしまう可能性もあります。

またGPSがパートナーにバレた場合、警戒されその後の浮気調査で証拠を掴むことが難しくなってしまいます。

浮気調査に使えるGPSの種類

ここからは実際に浮気調査に使えるGPSの種類をご紹介します。

大きく分けるとGPSは以下の2種類に分けることができます。

  • 発信機型タイプのGPS
  • アプリのGPS機能

それぞれどんな違いがあるのか解説していきます。

発信器タイプのGPS

発信機タイプのGPSは車などに発信機を取り付け、相手の位置情報を記録または確認することができます。

また、発信機タイプには2種類のGPSがあります。

【発信機タイプのGPSの種類】

  • ロガータイプ

GPS発信機を取り付けた車など対象の行動履歴を記録することができます。


  • リアルタイムタイプ

相手の現在地をリアルタイムで確認することができます。

「ローガタイプ」「リアルタイムタイプ」のGPS発信機の特徴、メリットデメリットを表にまとめてみました。

ロガータイプ リアルタイムタイプ
特徴 対象者の行動を記録できる。 リアルタイムで現在地が分かる。
メリット
  • 行動履歴から嘘をつきにくくできる。
  • 長時間GPSを確認しなくてもいい。
  • リアルタイムで位置情報が確認できる。
  • 待ち伏せがしやすい。
  • 浮気現場を抑えやすい。
デメリット
  • リアルタイムの位置情報の確認ができない。
  • 待ち伏せがしにくいので証拠を抑えにくい。
  • 長時間GPSを確認し続けなければいけない場合もある。
  • 行動履歴が残らないので浮気現場を抑えるしかない。
価格 レンタル:30日30,000円~
購入:5,000円~
レンタル:30日35,000円~
購入:3,000円~

どちらにもそれぞれメリットデメリットがあるので、本格的に自分で浮気調査をしたいと思っている人は2種類のGPSを購入しても良いかもしれません。

アプリのGPS機能

スマホアプリのGPS機能でも浮気調査が可能です。

有料と無料のGPSアプリがあり、発信機などを購入する手間が必要なく、無料だと費用がかからないというメリットがあります。

スマホアプリのGPS機能の特徴やメリットデメリットを表にまとめました。

スマホアプリのGPS機能
特徴
  • GPSによる相手の位置情報と特定や記録ができる。
  • 画像や動画、メッセージ内容などが確認できる。
メリット
  • 決定的な証拠を得られる。
  • 費用が安い。
デメリット
  • 相手のスマホにアプリをインストールする必要がある。
  • 自分が罪に問われる可能性がある。
価格

基本的に無料。
有料版の場合は1ヶ月約350円。

GPSアプリの使用は、相手のスマホにGPSアプリをダウンロードする必要があります。

相手のスマホにロックがかかっている場合は解除が必要で、無料のGPSアプリのほとんどはホーム画面に表示されてしまうので、バレる可能性がとても高いです。

また、無断で相手のスマホにGPSアプリをインストールすることは違法となり、罪に問われる危険性もあります。

相手のスマホにGPSアプリをインストールするには、相手の許可が必要です。

浮気調査におすすめのGPS12選!

ここからは、自分で浮気調査を行う際におすすめのGPSと購入とレンタルどっちがおすすめなのかなどを紹介します。

それぞれどのように使用したいのかなど

購入とレンタルどっちがおすすめ?

浮気調査にGPSを利用する場合、購入またはレンタルが可能です。

【GPSを購入する場合】

ネット通販などで簡単に購入することができ、値段は大体数千円前後、高くても数万円です。

ただし、購入するGPSによって有効範囲は30m~50mと範囲が狭いものが多く、一定以上離れてしまうとGPSの記録ができない場合もあります。

【GPSをレンタルする場合】

基本的には浮気調査に使用するGPSを取り扱っている専門業者からレンタルします。

ある程度GPS機器も決まっており、GPS機器で迷う心配もありませんし、範囲が狭いなどの失敗することも少ないです。

レンタル期間は業者によっても異なりますが大体数日~1ヶ月ぐらいの期間を設けているところが多く、7日で1万円以下~2万円近くになります。

3日間の場合7000円ほどでレンタル可能なGPSもあります。

上記の違いからGPS選びに失敗したくない人、浮気の証拠を確実に押さえたい人はレンタルがおすすめです。

費用に関してはGPSを数日しか利用しないのであればレンタルの方が安く済むこともあるので、どれくらいの期間GPSを使った浮気調査をするのか計画を立てておくといいでしょう。

超小型でバレにくいGPS

超小型のGPSでバレにくいため浮気調査にぴったりなGPS機器です。

完全無音、最短10秒間隔で現在地検索の特徴の他、移動したタイミングで通知が来るため、相手が移動していないか何度も確認する手間が省けます。

ストリートビューでも現在地を確認することができるため、地図上に表示がないホテルなどもこれで一発で確認することができます。

どこを通ってどこに向かってどこにたどり着いたのかなどの移動履歴も確認できるため、浮気相手の自宅なども確認することができるかもしれません。

車用のおすすめGPS

大容量電池で1分充電するだけで最大15日間使用できるため、パートナーが出張先でも居場所を確認することができます。

サイズも幅68mm×奥行73mm×高さ27mmと小型のGPSなので、車に設置してもバレにくいGPSです。

また、防水構造になっているため、車の外側に取り付けたとしても壊れる心配がありません。

絶対バレない!?GPSキーホルダー

元々はスマホや家の鍵などを紛失した時に紛失場所が分かるように利用する目的で発売された商品ですが、この機能が浮気調査にピッタリだということで利用する人も増えてきています。

電池式なので交換すればいつまでも利用することができ、サイズも幅35mm×奥行6mm×高さ35mmと非常にコンパクトです。

そして価格や浮気調査に使えるGPSとしては価格が安いので、非常に導入しやすいです。

たとえバレたとしても元々は浮気調査で使われるものではないため、「忘れたときに困らないように」と言えば浮気調査をしていることもバレにくいです。

浮気探偵社プロデュースの「シラベル」

引用元:シラベル

シラベルは日本で初めて探偵が監修した最安の浮気調査用GPSです。

1年間使い放題50,800円で、1日あたり139円で利用することができます。

シラベルの主な特徴は8つ。

  1. 超小型(小サイズで鞄にも入れやすく、バレにくい)
  2. 完全無音
  3. 閲覧履歴
  4. スマホ・パソコンで確認可能
  5. 連続待受400時間
  6. 強力マグネットで取り付け簡単
  7. ストリートビュー搭載
  8. 自動位置取得

探偵監修ということもあり、安心して浮気調査に使えるGPSと言えるでしょう。

浮気調査用のレンタルGPS

次に、浮気調査用のレンタルGPSを2つ紹介します。

リアルタイムGPS

引用元:GPSnextレンタルショップ

リアルタイムGPSは自宅にいても外出先からでもスマホを開いて簡単に居場所を確認することができます。

また相手が移動したタイミングでスマホに通知がいくため、長い間スマホを確認する必要がありません。

レンタル費用はGPS機器などによっても異なりますが、自動追跡できる「GPSnext」は5日間のレンタルで19,800円、30日のレンタルで38,700円になります。

他にも位置検索型のGPSなども取り扱ってますので、浮気調査にどのようにして使用したいのかによって選ぶことができます。

Pro-NEXT

引用元:イチクロ

Pro-NEXTは探偵仕様のGPSで高性能・低価格・良サービスが自慢です。

Pro-NEXTは以下の8つのような特徴があります。

  • 完全自動検索
  • 無振動・無音設計
  • 超強力磁石内蔵
  • みちびき対応(測位1m~)
  • メール通知機能搭載
  • 位置検索最大1万回
  • 稼働平均30日間
  • 完全防水

設定は何もいりませんので、機会関係が苦手な方でも簡単に操作することができます。

Pro-NEXTのGPSレンタル料金ですが、3日間のレンタルで6,800円、30日間のレンタルで19,800円から利用することができます。

iPhoneなどスマホで使えるGPS

iPhoneなどのスマホで使えるGPSアプリを4つ紹介します。

それぞれに特徴が異なるので表にまとめました。

【Life360】

【GPS BoT】

【iシェアリング】

【Find My Kids】

使い方 相手のスマホにもアプリをダウンロードする必要がある。 手のひらサイズの端末を相手に持たせる必要がある。 相手のスマホにもアプリをダウンロードする必要がある。 相手のスマホにもアプリをダウンロードする必要がある。
費用 無料 無料 無料 無料
確認方法 スマホ スマホ スマホ・パソコン スマホ・パソコン
役立つ機能 相手が移動すると通知される 最大1~2分間行動を検索し続ける
記録機能 ×
ダウンロード

引用元:Google Play

実際にiPhoneなどのGPSアプリを浮気調査に使用する場合、相手のスマホにも同じアプリをダウンロードする必要があります。

スマホの持ち主の許可なくアプリをダウンロードする行為は「不正指令電磁的記録供用罪」や「不正アクセス禁止法違反罪」となり罪に問われる場合があります。

浮気調査に使えるキッズ携帯

キッズ携帯の多くにはGPS機能が付いるため、浮気調査に利用することが可能です。

キッズ携帯は各au・ドコモ・ソフトバンクで購入することができますが、3社共通して契約にはいくつかの条件があります。

【キッズ携帯を契約する条件】

  • 子どもがいて契約時の年齢が12歳以下でなければならない。
  • GPS機能を利用するには同じ携帯会社のスマホを持つ必要がある。

12歳以下の子どもがいない場合にはキッズ携帯の契約は難しいでしょう。

また、浮気調査を長期間考えている場合は費用が割高になる可能性が高いため注意が必要です。

浮気調査でGPSが使われる理由は?

浮気調査でGPSが使われる理由には、大きく分けて2つあります。

  • 相手の行動を把握できる
  • 離婚や慰謝料請求を有利にする証拠になる

しかし、GPSだけでは合法な証拠にはならないので注意が必要です。

なぜ合法な証拠にならないかも解説しますので、それぞれ見ていきましょう。

相手の行動を把握できる

浮気調査でGPSが使われる理由の1つ目は「GPSを使うことによって相手の行動を把握することができる」です。

最初は「浮気しているかも?」と確信を持つことができませんが、GPSで相手の行動履歴を把握することで確信を得ることが出来ます。

GPSで相手がラブホテルにいたり、仕事と言っていたのに仕事と関係のない場所にいる場合、浮気している確率がかなり高くなります。

離婚や慰謝料請求を有利にする証拠になる

浮気調査でGPSが使われる理由の2つ目は「離婚や慰謝料請求を有利にする証拠になる」です。

相手が確実に浮気をしている証拠を得ることができれば、離婚や慰謝料請求時に自分が有利になるように進めることができます。

GPSだけでは合法な証拠にはならないので注意!

GPSで浮気を確定することができますが、GPSだけでは合法な証拠にはなりません。

GPSを使用し合法的な証拠を得るためには、相手が肉体関係を持っている事実、ラブホテルに出入りする写真などが必要です。

【GPSを使って合法な証拠を得るためには】

  • GPSで相手の居場所を特定し浮気現場の写真を撮る
  • GPSの行動履歴をもとに浮気を自白させ録音する  など

また、GPSと言っても100%確実に居場所を把握することができません。

例えば、高級ホテルの場所に相手がいることがわかったとしても、宿泊しているわけではなく、ホテル内のレストランで食事をしているだけかもしれません。

確実に浮気をしている証拠が欲しい場合は、探偵事務所に依頼することを検討しても良いかもしれません。

GPSで浮気調査をする場合のポイントと注意点

次に、GPSで浮気調査をする場合のポイントと注意点を紹介します。

➀取り付ける場所
②バレないGPSを設置する
③バレたら違法・犯罪になる

①取り付ける場所が重要

GPSで浮気調査をする場合、大前提としてGPS発信機が相手にバレてしまっては元も子もありません。

そのためGPSで浮気調査をする場合、発信機を取り付ける場所が重要となります。

車にGPSを設置する場合、車内より車外に設置する方が電波が良く、バレにくくなります。

②バレないようGPSを設置する方法

浮気調査としてGPSを設置する際、バレないように設置する方法はいくつかあります。

GPSはバレないように「普段からあまり触らない場所」「見えにくい場所」に設置しましょう。

車に設置する場合、着脱が簡単なマグネットタイプがおすすめです。

また、設置場所は電波状況とバレにくさからバンパーの裏・車の底への設置が良いでしょう。

マグネットタイプのGPSではない場合は、後部座席の下にテープで固定して設置しましょう。

③バレたら違法・犯罪になる可能性も

浮気調査としてGPSを設置したことが相手にバレると、違法・犯罪になる可能性があることは必ず頭に入れておきましょう。

相手に訴えられる可能性もあります。

GPSが相手にバレなくても、GPSでの浮気調査は違法行為をしていることには変わりありません。

少しでも裁判や慰謝料で有利に進めたい人は、リスクや責任を負う前に探偵事務所に相談してみるのがおすすめです。

GPSでの浮気調査探偵に任せるのが確実!

自分でGPSを使った浮気調査をする場合、違法・犯罪になる可能性がありますが、どうすれば合法に浮気調査ができるのでしょうか?

結論から言うと浮気調査を探偵に依頼するのが確実です。

探偵に浮気調査を依頼することで、自分がリスクを背負って浮気調査をする必要がありません。

それでは、浮気調査を探偵に依頼するメリットを3つ紹介します。

➀合法で確実な証拠を得られる
②自分ではできない浮気調査をしてくれる
③自分の時間を割かずに探偵に任せられる

1つずつ確認していきましょう。

①合法で確実な証拠を得られる

浮気調査を行う際、重要になってくるのが確実な証拠です。

探偵事務所や興信所は公安委員会に届け出をし、探偵業の営業が認められているため、探偵員による浮気調査は合法となります。

また、探偵事務所や興信所が作成した調査報告書は証拠になり、裁判や慰謝料請求でも有利に進めることができます。

②自分ではできない浮気調査をしてくれる

探偵に浮気調査を依頼することで、自分ではできない浮気調査をしてくれます。

自分で浮気調査をする場合「GPSで居場所確認」「相手のスマホチェック」「相手の財布を確認」などをする人が多いですがこれらの行為は違法となり、裁判などで有利に進めにくくなってしまいます。

一方で探偵の場合は「張り込み」「尾行」など自分ではできないことを探偵業法の範囲内で行います。

自分で尾行や張り込みはなかなか難しく、バレる危険性が高まったり、通報されて罪に問われる危険性がありますが、探偵の場合はそんな心配はありません。

また、場合によっては相手の出張先の浮気調査まで可能となります。

③自分の時間は割かずに探偵に任せられる

探偵に浮気調査を依頼することで、自分の時間を割かずに浮気調査をすることができます。

自分で浮気調査をする際、GPSの行動履歴を確認するために長い時間張り付いている必要があったり、尾行などをするにしてもかないの時間が必要となります。

メンタル的にも不安な中、自分での浮気調査はとても辛いことです。

しかし、探偵に浮気調査を依頼することでいつも通りの生活をしているだけで証拠を得ることができます。

また子供がいる場合、自分での浮気調査は困難となり、証拠を掴むことができない…なんてこともありますので、探偵に浮気調査を任せることをおすすめします。

まとめ

こちらの記事では、浮気調査に使えるGPSやGPSで浮気調査をする場合のポイントや注意点などをご紹介しました。

パートナーが浮気をしていることが分かったり、浮気しているかもしれないという状況に陥ると、不安定になってしまい自分では正しい判断ができなくなる人もいます。

合法で浮気の証拠を得て、離婚や慰謝料請求で有利に進めたいという人には探偵に浮気調査探偵に任せるのが確実です。

あくまでもGPSは浮気の事実を確認するだけで、浮気をしている証拠になる可能性が低く、違法となる場合もあるということを覚えておきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる