【2021最新】浮気調査を探偵に依頼する費用相場|安い料金で調査するコツ!

パートナーが浮気をしていると感じても、裁判や交渉などを有利に進められる決定的な証拠などを個人で集めるのは大変です。

パートナーの浮気の証拠が欲しい場合は浮気調査を探偵に依頼する方が効率が良いです。

しかし、浮気調査といっても探偵事務所によって料金が異なり、調査人数や調査日数なども異なります。

そこで今回は浮気調査を探偵に依頼する平均費用や費用を抑えるコツ、探偵社に依頼するメリット、探偵社を選ぶポイントなどをご紹介していきます。

目次

浮気調査を探偵や興信所に依頼する費用の相場

浮気調査を探偵や興信所に依頼する場合、主流の料金プランが3つあります。

  1. 成果報酬
  2. 時間料金型
  3. パック料金型

それぞれどのような目的で利用するのがいいのか、費用などを簡単に以下の表にまとめました。

成果報酬型 時間料金型 パック料金型
おすすめの人 確実に証拠を得たい 時間帯を絞り、短時間で安く済ませたい コスパを良くしたい
調査費用 100~200万円になる場合も 1時間2~3万円 20時間40万円~50万円
情報量 少ない 多い 普通
費用や時間をかけてでも証拠が欲しいか 欲しい そうでもない 普通

3つの料金プランでも各探偵社や調査人数など異なるので、慎重に選ぶことが大切です。

では、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

成果報酬の費用相場

成果報酬型の場合、証拠が掴めた際の費用が100~200万円以上発生してしまうことも少なくありません。

予想以上に費用がかかってしまうことのないように、証拠を押さえられた際の費用は必ず事前に確認しておきましょう。

成果報酬型とはその名前の通り、成果に見合った報酬を支払い、浮気の証拠を押さえて初めて費用が発生するようになります。

そのため、調査を依頼しても浮気の証拠を押さえられなかった場合は費用が発生することはありません。

しかし、依頼する探偵や興信所によっては証拠を押さえられなくても、それにかかった人件費などの負担を求められる場合もあります。

成果報酬型がおすすめの人
・確実に浮気してるが証拠を中々掴むことができない人
・裁判にて有利に進めたい人

時間料金型の費用相場

時間料金型の場合は1時間あたり2~3万円が平均費用相場になります。

ただし、この時間料金型の場合は時間に対する基本料金になります。

依頼する探偵や興信所によってはカメラなどの機材費や現場までの交通費、尾行用車両代、報告書制作費用などの様々な諸経費が別にかかる場合もあります。

時間料金型がおすすめの人
・浮気している時間帯や怪しい時間帯の目星がついている人
・既にある程度情報がある人

パック料金型の費用相場

パック料金型の場合、20時間で40万円、30時間で60~70万円が費用相場です。

パック料金型は10時間〇〇円、1日〇〇円などと時間制とは異なり、まとまった時間を設定しているプランです。

あらかじめ費用が決まっているため、追加料金などを気にせずに安心して浮気調査を依頼することができます。

しかし、証拠が掴めないまま調査が終わったとしても、1時間程度で証拠を掴めた場合でも料金は原則変わらずに請求されます。

パック料金型がおすすめの人
・浮気の事前情報が少ない人
・1回だけでなく複数回の調査を前提としている人

張り込みや尾行の費用例

ここでは、実際に張り込みや尾行などの浮気調査を依頼した時にかかった費用例を2つ紹介します。

《例1》

家庭状況 夫婦・子供なし
浮気の情報 浮気相手と会っていそうな曜日や浮気相手の自宅住所がわかる
プラン 25時間パック
費用 37万5,000円

《例2》

家庭状況 夫婦・子供なし
浮気の情報 浮気相手の顔と利用しているホテル名が分かる
プラン 12時間パック
費用 18万円

どれだけ浮気の情報を知っているかによって費用は変わってきますが、費用の目安になるため確認しておくと良いでしょう。

このような事例は各探偵社の調査報告書や探偵社のホームページなどで確認することができます。

浮気調査費用は調査期間などで差がでる

浮気調査費用は1時間2万円前後から100万円を超える場合など、かなり幅があります。

浮気調査費用の相場にこのような差がでる理由は調査する期間や探偵事務所の料金体系、調査に関わる人数などによって左右されるからです。

パートナーが確実に浮気している日にちや時間などをあらかじめ把握しておけば、その時間限定で探偵に調査を依頼することができるため、調査費用を抑えることができます。

浮気調査で支払った費用の平均は?

実際に浮気調査を探偵社に依頼した人、50人にアンケートを取りました。

  • 浮気調査にかかった費用
  • 浮気調査にかかった期間
  • 浮気調査で利用したプラン

それぞれを円グラフにまとめました。

実際の浮気調査にかかった費用

浮気調査はかなりの金額がかかると思いがちですが、実際に浮気調査にかかった費用は10万円未満という方が一番多い結果となりました。

成果報酬型で費用が10万円未満でも浮気の証拠を得れたというアンケート結果も多くありました。

100万円以上かかった方はパック料金型を利用し3ヶ月の期間をかけていました。

実際の浮気調査にかかった時間

実際に浮気長にかかった時間は様々でしたが、一番多かったのは1ヶ月でした。

早ければ3日や5日とで証拠を得られたというアンケート結果もありました。

浮気調査には数週間から数ヶ月以上かけている人が多く、1日で済んだという人はいませんでした。

実際の浮気調査で選んだプラン

なんと成果報酬型のプランを選んだ人が50人中25人もいました。

浮気調査は安い金額ではないので、依頼するのであれば確実に証拠を入手したときのみお金を払いたいですよね。

それぞれの状況に合わせて浮気調査の料金プランを選ぶようにしましょう。

東京・大阪などの浮気調査の費用

東京、大阪府、福岡県、埼玉県の浮気調査費用を平均を以下の表にまとめました。

成果報酬 パック料金 時間料金
東京都 0~50万円 20~100万円 10~15万円
大阪府 0~50万円 20~150万円 5~15万円
福岡県 0~50万円 10~100万円 5~10万円
埼玉県 0~50万円 10~100万円 5~20万円

比較しても、費用にそれほど差がないことがわかります。

しかし探偵事務所によっては平均よりも安い場合や高い場合もあるため、どの探偵か興信所に依頼するのかが重要になります。

浮気調査の費用の内訳

浮気調査の費用には基本料金のほかに大きく分けて3つの費用がかかります。

  • 人件費
  • 交通費
  • 手数料

それぞれの内容をご紹介していきます。

人件費

調査員が1人の場合は基本料金は変わりませんが、2人または複数人に依頼する場合、人件費が2倍またはそれ以上の費用が必要となります。


調査員1人1時間1万円の場合、2人に依頼するとなると1時間で2万円の費用がかかる。

多くの場合は最初から調査員2人体制で行っている所も多く、この理由は正確な浮気調査を行う上で効率が良いからだと言われています。

ちなみに、調査費用の平均は調査員2人で1時間あたり1.5万円~2万円と言われています。

調査員は2人もいらないよ!と考える方もいらっしゃると思いますが、1人の場合は証拠を掴みにくくなり、成果がないのに費用がかかるため無駄に費用がかかる場合もあります。

交通費などの経費

人件費とは別に発生する費用の1つが交通費などの経費です。

経費とは】

  • 交通費
  • 通信費
  • 機材費
  • 宿泊費 など

パートナーが出張先で浮気している可能性が高く、尾行などの調査を依頼する場合、調査員の交通費や宿泊費などもかかってしまいます。

2人の場合は倍の費用が必要となるので金額には注意が必要です。

手数料

浮気調査後、報告書などの作成費が手数料になります。

この報告書は浮気をしているかしていないかの判断材料になり、裁判などでも大切な書類になので、必ず発生する費用になります。

探偵や興信所に浮気調査を依頼するメリットは?

浮気の証拠がほしいけど、探偵や興信所を利用すると費用が高そう…

という理由で依頼するのをやめてしまう方も多いのではないでしょうか?

確かに探偵や興信所に浮気調査を依頼する場合、それなりの費用がかかってしまいますが、もちろん費用相応のメリットもあります。

メリット①合法的に浮気調査ができる
メリット②法的に有効な証拠集めができる
メリット③慰謝料を請求できる

自分で浮気を調査するリスクについても紹介します。

①合法的に浮気調査ができる

探偵や興信所が浮気調査をすることは合法的です。

その理由として、探偵は開業を行ったときに「探偵業法」もしくは民法にもとづいて業務を行います。

探偵業法とは … 「面接による聞き込み、尾行、張り込み、その他これらに類する方法により実地の調査を行う」と明確に業務が定められています。

②法的に有効な証拠集めができる

探偵や興信所による浮気調査で証拠をつかむことができた場合、その浮気を法的に証明することができます。

また、探偵や興信所で法的に有効な証拠を掴めた場合はパートナーあるいは不倫相手に対して慰謝料を請求することができ、離婚する際も有利に進めることができます。

浮気の証拠を押さえておけば、突然離婚を切り出されたとしても拒否することができます。

③慰謝料請求できる

探偵や興信所で依頼をして確実な証拠を掴めた場合、浮気をしていたパートナーと浮気相手どちらにも慰謝料を請求することができます。

自分で浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求する場合はなかなか上手くいかず、罪に問われることもあります。

正式に浮気調査依頼し証拠を掴んだ場合、慰謝料の請求時も有利になります。

自分でするとバレる・違法などのリスクが多い!

費用を抑えるために浮気調査を自分で行い、証拠を掴みたいという人もいるでしょう。

パートナーの財布の中身を確認することやカーナビの走行履歴を確認することなどは自分でも調べることができますが、浮気しているという確かな証拠にはなりません。

尾行を行うにしても自ら行ってしまうと相手にばれてしまうケースも多々あります。

また自分で浮気調査をする場合、勝手にGPSをつけると「プライバシーの侵害」、尾行する場合は「ストーカー規制法」などの法律違反になる場合があり、逆に自分が罪に問われることもあります。

結婚しているパートナーだからといって、何でもしていいわけではありません。

浮気調査の費用を安く抑える方法

浮気調査を依頼する場合、どうしても高額な費用がかかってしまう場合が多いです。

数万円でも浮気調査の費用を安くする方法や探偵や興信所に依頼する前にしておくべくこと、抑えるべきポイントなどをご紹介していきます。

  • 複数の探偵社に見積もり依頼をする
  • 無料相談を利用してみる
  • 事前にある程度の情報を集めておく
  • 追加料金がかかるか確認しておく
  • 浮気調査を行う時間や曜日を絞る

複数の探偵社に見積もり依頼をする

浮気調査の費用は各探偵社によって異なります。

探偵に浮気調査を依頼する場合は1つの探偵社ではなく、複数の探偵社に見積もりを依頼しましょう。

そうすることで数万円程度費用を抑えることができる場合があります。

費用が安いという理由だけで探偵社を決めてしまうと、後に高額な追加料金が請求されることもあるため注意が必要です。

無料相談を利用してみる

探偵社の中には無料相談できる所もあります。

自分がどの程度の浮気調査を考えているのか、その場合の費用はいくらかかるのか、予算の提示など、相談しておくことで不安を解消することができます。

無料相談は電話で行うこともできるので、忙しい人でも利用しやすくなっています。

事前にある程度の情報を集めておく

探偵社に浮気調査を依頼する前に、事前にある程度の情報を集めておくことが費用を安くするポイントです。

明らかに2人で食事したような領収書や宿泊先の領収書、家の近くでも職場の近くでもない住所の領収書があったりすれば、その情報が証拠やヒントになるため集めておきましょう。

浮気していそうな場所、日時、相手などの目星をつけやすくなります。

追加料金がかかるか確認しておく

浮気調査を依頼する場合、証拠が掴めても掴めなくても追加料金が請求される場合もあります。

悪質な場合は多額な追加料金がかかる場合もあるため、追加料金は発生するのか、発生する場合は何に対して追加料金が発生するのかなどを確認しましょう。

基本的には明確な料金表があり、契約書などに記載されていることが多いため、契約書や書類関係はしっかり目を通すようにしましょう。

浮気調査を行う時間や曜日を絞る

浮気調査を依頼する場合は、調査を行う時間や曜日を絞ることにより費用を安くすることができます。

仕事終わりの平日なのか、仕事が休みの日なのかなどを絞ることで調査時間を短縮でき、費用を抑えることができます。

時間や曜日を絞るにはパートナーのカーナビ履歴、明らかに怪しい領収書、日ごろの言動や行動などをよく観察しましょう。

探偵社を選ぶ時の9つのポイント

続いて、探偵社を選ぶ時のポイントを9つ紹介します。

初めて探偵社に依頼する人は何も情報がない状態だと思いますので、これから紹介するポイントを是非参考にしてください。

  1. 正規の業者かどうか確認する
  2. 調査費用が安すぎる業者は注意
  3. 契約内容や費用の内訳の説明があるか
  4. 追加料金やキャンセル料がかかるか確認する
  5. 2名以上で浮気調査を行ってくれるか確認する
  6. 調査報告書の見本を確認する
  7. 相談時の対応を確認する
  8. 実績があるか確認する
  9. 複数社を比較する

では1つずつ見ていきましょう。

①正規の業者かどうか確認する

探偵業は平成19年から「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行され、開業するには考案委員会への提出が義務付けられています。

最低限この届出を行っているかの確認はしましょう。

正規の探偵社かどうかは最寄りの警察署などで確認することができます。

良心的な業者は、届出を行っている+「社団法人日本調査業協会」に加入していますので、こちらを判断基準にするのも良いでしょう。

②調査費用が安すぎる業者は注意

浮気調査を依頼する場合は基本的に高額な費用が発生するためどうしても安い調査費用に目が行きがちです。

しかし、浮気調査は目に見えない情報サービスです。

料金が低すぎるとその分調査員にかけられるコストが下がるため、結果的に何も成果が得られない場合があります。

また、最初に提示された料金や安いものの、調査終了後に追加料金が発生して結果的に高額になる場合もあります。

一般的に行動調査で1時間あたりの単価が1万円以下の場合はまともな調査が期待できないと考えても良いでしょう。

③契約内容や費用の内訳の説明があるか

契約内容や費用の内訳は必ず確認するようにしましょう。

基本的には業者の方から説明がありますが、相談者に言われるまで説明をしない悪質な業者もいます。

また、いくら丁寧に説明されたからといって、すぐに契約を急かすような業者にも注意が必要です。

④追加料金やキャンセル料がかかるか確認する

浮気調査には絶対というものはありません。

探偵業の場合は明確な金額を最初から決めることができない場合もありますが、以下の3つは最低でも確認しましょう。

  • 費用の目安
  • 追加料金の有無
  • キャンセル料の有無

万が一教えてくれない場合はその業者は選択肢から外しても良いでしょう。

⑤2名以上で浮気調査を行ってくれるか確認

浮気調査をする場合は基本的に2人体制で調査を行います。

1人の場合はどうしても証拠を掴むチャンスがあっても確実に証拠を掴めない場合があり、それらを防ぐ為に2人体制が一般的です。

しかし、業者によっては1人のみで調査を行う場合があります。

確かに2人よりも1人の方が調査費用が安いですが、証拠を掴める確率は下がってしまします。

⑥調査報告書の見本を確認する

可能であれば、依頼する前に調査報告書の見本やサンプルなどを見せてもらいましょう。

仮に証拠を得られたとしても、調査報告書が裁判で使えなければ意味がありません。

そのため、調査報告書を確認して今までどんな証拠を取ったことがあるのかなどを確認しましょう。

⑦相談時の対応を確認する

探偵社に依頼する際に、相談員の対応を確認することもとても大切なポイントになります。

探偵社に依頼する方は基本的にメンタルが弱っている場合や怒りで正確な判断をすることができないケースがあります。

そんなときに契約を迫ってきたり、親身に話を聞いてくれない業者はやめておきましょう。

しっかりと話を聞いて、しっかり対応してくれる探偵を選ぶことが大切です。

⑧実績があるか確認する

探偵社の実績も探偵社を選ぶ際の大切なポイントです。

実績は調査報告書でも確認できますし、一部の実績をホームページにて確認できる業者もあります。

実績がたくさんあったとしても、自分の依頼内容に似た実績がないと意味がありませんので、浮気調査の実績をいくつか確認しましょう。

⑨複数社を比較する

探偵社に浮気調査を依頼する場合は、1社だけでなく複数社の調査費用を比較しましょう。

ある程度の費用なら電話相談だけで料金を確認することができますので、面倒くさがらずに複数社を比較するようにしましょう。

浮気調査のよくある質問

浮気調査のよくある質問を2つ解説していきます。

  • 浮気調査費用は相手に請求できる?
  • 恋人・夫・妻でも費用は同じ?

浮気調査費用は相手に請求できる?

浮気調査費用をパートナーや浮気相手に請求することは任意になります。

法律的には請求できる・できないの決まりがなく、自分が請求したいと思えば請求することができます。

過去には、離婚・慰謝料を求める裁判でパートナーや浮気相手に浮気調査費用の支払いを命じた判例もあります。

しかし、請求ができたとしても全額請求できるとは限りません

裁判する際にかかる弁護士費用なども相手に請求することができます。

恋人・夫・妻でも費用は同じ?

浮気調査の対象が恋人でも夫でも妻でも、浮気調査を行う内容は変わらないので、費用も変わることはなく同じになります。

しかし、恋人の場合はたとえ浮気の証拠を掴めたとしても、慰謝料請求することは難しいと言えるでしょう。

恋人の浮気調査を依頼する人は裁判で使う証拠ではなく、単純に浮気しているかどうかの確認で調査を依頼する人が多い傾向にあります。

また、事実婚の場合は裁判において事実上の夫婦として扱われるため、パートナーが浮気していると慰謝料を請求することが可能になります。

しかし、裁判にて相手が事実婚をしていないとシラを切る場合もあります。

そのような場合は事実婚状態であったことを証明することが難しくなるため、不安な場合は探偵社や弁護士などに相談してみましょう。

まとめ

浮気調査を探偵に依頼する費用相場やメリット、探偵社を選ぶポイントなどを解説してきました。

簡単に要点をまとめます。

  • 成果報酬型は100~200万かかる場合もある
  • 時間料金型は1時間あたり2万円~3万円が相場
  • パック料金型は20時間で40万円、30時間で60~70万円が相場
  • 探偵社に見積もり依頼を行う
  • 無料相談を利用する
  • 事前にある程度の情報を集めておく
  • 浮気調査を行う時間や曜日を絞っておく

探偵社などに浮気調査するメリットは3つです。

①合法的に浮気の調査ができる
②法的に有効な証拠集めができる
③慰謝料を請求できる

自分で浮気調査を行った場合、尾行がばれたり、「プライバシー侵害」や「ストーカ規制法」により罪に問われる場合があり、慰謝料請求も難しくなるでしょう。

探偵社を選ぶ9つのポイントも再確認し、優良な探偵社に依頼しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる