粗大ゴミ・不用品回収業者は危険?ぼったくられた例と優良業者の選び方

この記事で分かる事
  • 粗大ゴミ・不用品回収業者にぼったくられた具体例がわかる
  • 粗大ゴミ・不用品回収業者の優良業者の選び方がわかる
  • 粗大ゴミ・不用品回収業者の費用相場がわかる
  • おすすめの粗大ゴミ・不用品回収業者がわかる

断捨離や引っ越しなどの粗大ゴミを一気に片付けたい時に便利なのが民間の回収業者。

いつでもどこでも対応してくれて面倒な手間もかからない粗大ゴミ・不用品回収業者を利用したいと考えている人は多いですよね。

しかし一部では悪質なぼったくり事件や不法投棄などのトラブルも多発し、業者が逮捕に至るケースなどもあるため不安に感じます。

今回は不用品回収業者のトラブルについてぼったくられた具体例や対処法、優良業者の選び方、などについて紹介します。

粗大ゴミ・不用品回収業者を使ってみたい方、どんな業者が良いか迷っている方にぜひチェックしてほしい内容です。

\即日対応可!おすすめ粗大ゴミ回収業者!/

目次

不用品回収業者は危険?ぼったくられた具体例

<ポイント>

  • 不当な追加料金を請求された
  • 作業前に料金を共有されずに作業後に高額請求された
  • 積み放題・パック料金のはずなのに当日倍額請求された
  • 最初に法外な値段を提示して値引きしてきた
  • 見積もりだけでキャンセル料を請求された

不用品回収業者の中には、様々な理由をつけて高額請求をしてくる悪質な業者も一部存在します。

作業後に不当な追加料金を提示したり、作業前に見積もりを明示しなかったり、積み放題やパックプランであるにもかかわらず料金が倍になったというケースもあるんですよ。

また法外な値段を提示してから、サービスと称して割引して安く見せる手口や、見積りだけでキャンセル料を請求された例もあります。

こうした被害に遭わないようにするためにも、まずは悪徳業者によるトラブルの具体例を詳しく見ていきましょう。

不当な追加料金を請求された

粗大ゴミ・不用品回収業者とのトラブルで最も多いのが不当な追加料金を請求されたケースです。

当ブログの口コミにも実際に被害に遭ったという人のコメントが寄せられました。

男性・50代以上のアイコン画像男性・50代以上
積み放題プランで60,000円と言われたのでお願いしたのに、当日になってから「今日来たトラックではサイズが小さいから追加の車両代や人件費、運搬費もかかる」と言われ最終的に300,000円も請求されてしまいました。

依頼当初は格安の見積もりや時には無料で回収すると言っておきながら、作業終了後に以下のような理由でさらに金銭を要求することもあるんですよ。

<悪徳業者が使う追加料金の例>

  • 回収品が無料、積み放題の対象外だった
  • 回収品が大きすぎて縦積の分、料金が倍になってしまう
  • 古い型の家電・家具なので追加の処分費用が必要
  • 見積もりに入ってない回収品があった など

健全な業者でも追加料金がかかることもありますが、その場合は事前に相談があります。

ちなみに不用品回収は無料で回収しているところはほとんどが違法業者なので、絶対に避けてください。

作業前に料金を共有されずに作業後に高額請求された

作業前に料金が共有されず、作業が終わってから高額請求されたという例もあります。

無料や格安回収を謳っておきながら、実際に依頼すると「全て積まないと料金がわからない」と言って一方的に作業をスタートし、作業が終わると数万~数十万円にものぼる高額請求してくるのも悪徳業者によくある手口です。

こうした場合、回収作業の人件費や運搬費が無料なだけで、リサイクル料は料金が発生するなど、曖昧な表現をしている業者が多くあります。

不用品回収業者に依頼する時は、明確な料金設定をしているか、どの段階で料金が確定するかを事前にチェックすることが大切です。

積み放題・パック料金のはずなのに当日倍額請求された

積み放題・パック料金と言っておきながら、当日になって見積りの倍の額を請求されたケースもあります。

料金が跳ね上がる理由として、回収品が積み放題の対象外だった、トラックの最大載積量と合っていないことを挙げる悪徳業者が多いです。

優良業者なら当日にトラブルや事故を防止するため、回収品の内容、個数、サイズ、間取り等を細かくチェックし、依頼主にとって最適なプランを提供してくれます。

悪徳業者は大まかな部屋の間取りや、回収品の個数を聞く程度ですぐに契約を迫ってくるので注意が必要です。

最初に法外な値段を提示して値引きしてきた

最初に法外な値段を提示して値引きしてきた業者もいます。

女性・40代主婦のアイコン画像女性・40代主婦
ベッドと机の回収を頼んだら6万円請求された。「本当は12万円だけどキャンペーンで半額にする」と言われて安いと感じ支払ってしまった。

本来ならぼったくりと言っていい金額であるにもかかわらず、「キャンペーン」や「特別な割引サービス」と言って依頼主を信用させようとするのも悪徳業者ならではのやり方です。

優良業者でも割引を行うことはありますがあまりにも高い額から半額など大きな値引きが入ることはないので、大幅な値下げがあったらぼったくりを疑ってください。

見積もりだけでキャンセル料を請求された

見積もりだけでキャンセル料を請求する悪質な手口もあります。

作業は一切していないにもかかわらず違約金と称して数万円要求し、支払えないと「訴える」などの言葉を使って無理やり支払いを迫ってくる悪徳業者も多いです。

正式に申込みをしていない、契約成立前であればキャンセル料は支払う必要はないので、その時点で何らかの請求があった時にはすぐ取引を中止し、しつこい場合は警察や消費者センターに相談しましょう。

\即日対応可!おすすめ粗大ゴミ回収業者!/

ぼったくられた時の対処方法は?返金はしてもらえる?

<ポイント>

  • 一度支払ってしまったら返金は難しい
  • 見積もり時点で気づいたら絶対に契約しない
  • 勝手に作業を開始されたら警察に通報
  • 被害に遭ってしまったら消費者センター・行政に相談する

悪徳な不用品回収業者は高圧的な態度で支払いを迫ってくるところもかなり多く、トラブルを避けたい一心でお金を払ってしまう人もいます。

しかし不当な請求額であっても、一度支払ってしまうと返金してもらうのはかなり難しいです。

ただし専門機関や行政に相談すれば適切に対応してくれて、クーリングオフ制度(約成立後でも一定の期間であれば無条件で契約申し込みの撤回、解除などができる制度)などが適用される場合もあります。

契約する前に少しでも違和感があったら気づいた時点で絶対に契約せず、勝手に自宅に侵入して作業を始めたらすぐ警察に連絡してください。

お金をだまし取られたら個人で解決しようとせず、領収書などの証拠を集めて消費者センターなど然るべきところに相談しましょう。

見積もりの時点で気付いたら絶対に契約しない

見積もりの時点でおかしいと感じたら絶対に契約しないことが大切です。

料金が相場よりも大幅に高かったり、追加料金の詳細を説明できなかったりするなら止めておきましょう。

悪徳業者は一旦契約が成立すると作業を強行するなどトラブルに発展しやすいです。

また契約書の構成も悪徳業者側が有利になるような内容になっていることが多くあり、支払い後の返金手続きなどもますます難しくなります。

キャンセル料などの名目で支払いを要求されたり、強く当たられたりしてもきっぱり断って大丈夫です。

勝手に作業を始められたら警察に連絡

依頼主からキャンセルや作業中止を要求しているにもかかわらず勝手に作業を始められたら、迷わず警察に通報してください。

悪徳業者は作業を勝手に進める上に、高値がつきそうだと判断すると、依頼主が処分したくないものも持ち出そうとすることもあります。

違法性が高い分、悪徳業者は警察や行政の指導を恐れているので、勝手な作業があったら作業のストップを提案し、応じない場合はすぐ通報しましょう。

返金してもらえない時は消費者生活センターに連絡

お金を支払ってしまい返金に応じてもらえない場合は、消費者生活センターにすぐ相談することを強くおすすめします。

問い合わせする前に、業者の名前や連絡先、領収書メールやなどやり取りした書類などの証拠を出来るだけすべて集めてください。

被害内容とともに、返金できる場合は全額返金を希望するか、追加料金分のみ返金を希望するかなどご自身の希望条件を整理したうえで「消費者ホットライン」に電話するとより円滑に対応してもらえます。

<消費者ホットライン>

TEL:188

※土日祝は10:00~16:00

※氏名、住所、電話番号、性別、年齢、職業を聞かれます。

※休日で都道府県の消費者センターが開通していない場合、国民生活センターにつながります。

URL http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

この番号がつながらない場合、平日のみ対応の特別相談窓口を利用するのもアリです。

<国民生活センター 平日バックアップ相談>

TEL:03-3446-1623

平日10時~12時、13時~16時(土日祝・年末年始を除く)

契約前に勝手に作業されたり不当な金銭を要求された場合は警察に通報し、お金を支払った後なら消費者生活センターに相談しましょう。

悪質な業者であるとみなされた場合、行政指導や捜査なども行われます。

優良な業者の選び方:悪質業者に注意

<ポイント>

  • 優良業者はしつこく勧誘してこない
  • 優良業者は連絡先をきちんと教えてくれる
  • 優良業者は領収書を発行してくれる
  • 街を巡回している無料回収を謳う廃品回収業者は注意

優良業者は自治体の許可はもちろん、執拗な勧誘はせず、連絡先も明示されており、領収書も発行してくれます。

安全な業者の特徴をまとめたので、不用品回収業者を利用する際にチェックしてください。

優良業者はしつこく勧誘してこない

優良業者はしつこい勧誘はしてきません。

見積もりの段階で納得がいかずキャンセルしたり、やり取りの中で希望に合わないと感じて取引を中止しても、態度を変えたり異常な割引などを使って無理に引き留めることもないです。

長時間の電話営業や突然家に訪問することもないので、不用品回収業者を選ぶ時は、しつこい勧誘がないかで判断するのもおすすめになります。

優良業者は連絡先をきちんと教えてくれる

優良業者は電話番号や住所など連絡先をきちんと教えてくれるので、そこも確認してください。

悪徳業者は携帯電話の番号やフリーのメールアドレスのみで運営していたり、住所を聞いても苦情が入らないように教えないことが多いです。

中には領収書にニセの住所や電話番号を記載して、ぼったくり後に連絡がつかないようにする業者も存在します。

固定回線の電話番号と住所を明示し、契約書などに書かれている連絡先とチラシや公式サイトに記載されている連絡先が一致しているのが優良業者の特徴です。

優良業者は領収書を発行してくれる

優良な不用品回収業者は、支払いが完了したら領収書を発行してくれます。

悪徳業者は作業後のクレームやトラブルを避けるため、証拠を残さないように領収書の発行を拒んだり、領収書に連絡先を明記しない場合もあるんですよ。

領収書は必ず発行されるものですが、念のため取引の前に領収書についても確認しましょう。

街を巡回している無料回収を謳う業者に注意

よく「無料回収」を謳って街中を巡回する不用品回収業者には注意が必要です。

粗大ゴミを回収するにはリサイクル料金などが必ず発生するため、無料で引き取ってもらえることは基本的にあり得ず、先ほど紹介したような追加費用を請求されて、最終的には優良業者よりも高額な値段を支払うことになります。

不用品回収業を経営する場合、法律の関係で自治体からの許可が必須ですが、こうした業者は無許可で営業していたり、回収した粗大ゴミを不法投棄しているところがかなり多いです。

大音量の宣伝カーで住宅街などを巡回したり、空き地に旗を立てて営業しているような業者は利用を避けましょう。

\即日対応可!おすすめ粗大ゴミ回収業者!/

不用品回収業者の費用相場:料金表を把握しておく

<ポイント>

  • 不用品回収は単品回収かトラック積み放題が主流
  • 5,000~2万円だと家具・家電1~2品程度を引き取ってもらえる
  • 2~5万円だと一人暮らしの家具・家電一式くらいまで引き取れる
  • 5~10万円だと一部屋に大型粗大ゴミ2~3点、通常の粗大ゴミ数点、細かい生活ごみが引き取れる
  • 10~60万円だと足の踏み場がない状態のワンルームを丸ごと片付けられる
  • 60~100万円だと天井までゴミが積みあがった一軒家を丸ごと片付けられる

不用品回収業者を利用する際の費用相場について紹介します。

粗大ごみ回収を業者に依頼する場合、単品回収かトラック積み放題の2種類が主流です。

単品回収は品目別の回収費がかかり、積み放題は定額料金が設定されています。

業者によってはその他の費用がかかる場合もあります。

<不用品回収にかかるその他の費用>

  • 人件費(人数×作業時間)
  • 車両費(トラックの大きさ、台数、階段料金、駐車場代)
  • 処分費
  • リサイクル4家電(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機)のリサイクル料金
  • 清掃費(害虫駆除、ハウスクリーニング、消臭・除菌、リフォーム)

トラックによっては積み方や車種によって料金が変動したり、ゴミを分別していなかったり高層階に住んでいると人件費がさらにかかることもあるので注意してください。

また部屋の間取りやゴミの内容でも値段が変わる業者もあるため、申込時には部屋の状態やゴミの内容は細かく伝えましょう。

5000円〜2万円の料金相場

5000円~2万円の場合は、単品での回収がメインとなります。

品目別の相場は以下の通りです。

種    類 費    用
ベッド 3,000~6,000円
自転車 6,000~8,000円
ソファ 6,000~12,000円
テレビ 2,000~5,000円
布団 1,000~3,000円
ノコギリ 1,000円
冷蔵庫 5,000~10,000円
マットレス 7,000~9,000円
電子レンジ 500~2,000円
洗濯機 5,000~8,000円
プリンター 1,000~3,000円
3,000~10,000円
パソコン 本体:1,000~4,000円、モニター:500~3,000円、ノートPC:500~2,000円
衣装ケース 500~1,000円
カーペット 2,000~5,000円
タンス 3,000~10,000円

例えばベッド1つとソファ1つの回収を依頼すると高くても20,000円程度になるので、1~2品だけの処分であれば単品回収が安く済みます。

2万円〜5万円の料金相場

2~5万円の場合は、一般的なワンルームから1DKくらいの広さの回収が可能です。

ベッド、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、炊飯器、衣装ケース、電子レンジ、細かいゴミといった一人暮らし程度の家具・家電、生活ごみ一式ならこの値段で引き取ってくれます。

良心的な不用品回収業者だと、軽トラの積み放題1台分の料金とほぼ同じです。

5万円〜10万円の料金相場

5万円~10万円程度になると、1DKくらいまでの広さの家具・家電一式は引き取ってもらえる場合が多いです。

また物置小屋を丸ごと片付けたい、6畳くらいの部屋で大型の家具や粗大ゴミと生活ごみをセットで引き取ってもらえます。

大きなタンスやキングサイズのベッドといった大型の粗大ごみが2~3点程度、衣装ケースのようなそこまで大きくない粗大ゴミが5~7点程度、分別されていない生活ゴミ部屋に散乱している程度は回収可能です。

優良業者だとトータルの費用は高くても10万円くらいになります。

2tトラック積み放題1台分も同じくらいの値段です。

10万円〜60万円の料金相場

2DK~4LDK程度の部屋の家具・家電一式回収する場合は10~60万円程度です。

間取り別だと2DK、2LDKが 90,000~300,000円、3DK、3LDKが 170,000~500,000円、4DK以上は 240,000~600,000円が相場になっています。

ワンルームくらいの広さでも、粗大ゴミや生活ごみが積みあがってしまい足の踏み場もない状態の場合は、同程度の費用が必要です。

60万円〜100万円以上の料金相場

天井までゴミが積みあがっている状態の一軒家を丸ごと依頼する場合は、60~100万円以上の費用がかかります。

ここまでくると処分内容やゴミの量によって必要な日数やスタッフの数が業者によってかなり変動してくるため、可能であれば複数の業者から見積もりを取ったり、口コミなどを確認して料金相場をチェックするのがおすすめです。

東京や大阪などの地域でも相場は違う?

ちなみに粗大ゴミ・不用品回収の費用相場は地域によって若干変わります。

地    域 費  用(軽トラ積み放題)
東京 9,000~35,000円
大阪 9,000~30,000円
神戸 7,000~30,000円
神奈川 6,000~30,000円
千葉 8,000~35,000円
埼玉 8,000~28,000円
兵庫 6,000~30,000円
仙台 8,000~40,000円
滋賀 8,000~20,000円
奈良 8,000~38,000円
愛知 8,000~30,000円
札幌 10,000~35,000円

東京、大阪といった大都市になると若干高くなりますが、大きな差はないです。

優良なおすすめ不用品回収業者

<ポイント>

  • 優良な不用品回収業者を料金や対応地域などで比較
  • 料金は業者によってばらつきがある
  • 最もおすすめな粗大ゴミ・不用品回収業者はエコ牧場

数ある不用品回収業者のなかでも優良業者をいくつかピックアップし、料金や対応エリアなどについて大まかに比較しました。

粗大ゴミを処分したい時や、業者に部屋を一気にきれいにしてほしい時に参考にしてください。

不用品回収業者の特徴比較

不用品回収業者のなかでも人気の高い優良業者5社を料金、特徴、対応地域、対応速度、親切さ、HPの見やすさで比較しました。

エコ牧場 くまのて お助け屋 便利屋ハピネス お部屋片付け日本一
料金
特徴
  • 不当な追加料金なし
  • 対応エリアが広い
  • 不用品買取り可能
  • メール見積り可能
  • 補償が手厚い
  • HPの料金表がわかりやすい
対応地域
すぐ来てくれるか
親切さ
HPがわかりやすいか

 

対応の丁寧さについてはどれも口コミなどの評価が高く、リピーターのいる業者が多かったです。

料金面についてはどれもパックプランや積み放題が主体となっているものの、基本料金、車両費、運搬費、出張費、搬出作業、処分費、追加スタッフ代などが追加でかかり料金が変動する業者もあります。

対応地域については、首都圏エリア限定など地域密着の業者がほとんどでした。

 

どの業者もそれぞれ特徴がありますが、最もおすすめしたいのがエコ牧場です。

エコ牧場は、不当な追加料金は一切必要のない積み放題パックプランを採用しており、上記の費用はすべて含まれているのと、契約成立後の追加料金もありません。

対応エリアについても、エコ牧場であれば北海道から四国まで全国25都道府県に拠点を持っているうえに、即日対応も可能です。

年間回収実績は10,000件以上を超えており、利用者の多くがリピーターや口コミの紹介というところも安心できるポイントになります。

 

どの粗大ゴミ・不用品回収業者にしようか迷っているなら、エコ牧場をはじめ様々な優良業者を検討してみてくださいね。

\即日対応可!おすすめ粗大ゴミ回収業者!/

まとめ

<まとめ>

  • 追加料金や不当な割引、見積り段階でのキャンセル料などを理由にぼったくる悪徳業者もいる
  • 怪しいと感じたら個人で解決しようとせず警察や消費者生活センターなどに相談する
  • 優良業者はしつこい勧誘はせず、連絡先を明示し、領収書も発行してくれる
  • 費用相場は料金が部屋の散らかり具合によって大きく変動する

今回は粗大ゴミ・不用品回収業者のぼったくられた具体例や対処法、優良業者の選び方、値段別の費用相場とおすすめの不用品回収業者について紹介しました。

粗大ゴミや不用品回収業者はエコ牧場をはじめ健全な業者もある一方で、高額請求や不法投棄などを行う悪徳業者も多く存在します。

被害に遭わないためにも、料金相場や正しい不用品回収業者の利用方法をよく理解してから、業者に相談するのが大切です。

今回紹介した知識も参考にしながら、後悔のない粗大ゴミ処分して、快適な住環境を実現しましょう。

\即日対応可!おすすめ粗大ゴミ回収業者!/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる