【2021年】ガス専用フライパンおすすめランキング|人気の商品を25種類紹介!

新しくフライパンを買い替えようと思っているけどどれがいいんだろう?

そんな悩みはありませんか?

ガス専用のフライパンというのも選択肢のひとつにあります。

こちらの記事では、ガス専用フライパンの選び方のポイントやフライパンを長持ちさせる方法、ガス専用フライパンのおすすめランキングも紹介します。

目次

ガス専用のフライパンとは?IH対応との違い

ガス専用フライパンとは、その名の通りガスでのみ使えるフライパンです。

他にはIH専用とガスとIH併用があります。

ここではガス専用フライパンの特徴について説明します。

価格が安い

IH専用や併用フライパンと比べて、ガス専用フライパンは比較的安いものが多いです。

安いもので500円ほどのフライパンがあったりします。

そのため、引っ越しの予定やIHに替える予定のない方は、ガス専用フライパンを選んだ方が安くなることがあります。

重さが軽い

ガス専用フライパンはIH対応フライパンよりも軽い傾向にあります。

なぜならば、IH対応フライパンはIHに反応させるためにフライパンの中に、金属が入っているためです。

なるべく軽いフライパンを選びたい方はガス専用フライパンがおすすめです。

長持ちするガス専用フライパン選び方4つのポイント!

フライパンは毎日使うもののため、考えて選ばないと「思っていたより重たい」「コーティングがすぐ剥がれた」など後々後悔することになります。

そのため自分が絶対に譲れないポイントを考えて選びましょう。

ここでは、フライパンを選ぶ際のポイントを4つ紹介していきます。

  1. コーティングで選ぶ
  2. 使いやすいサイズと重さを選ぶ
  3. 熱伝導率が良いものを選ぶ
  4. 予算を決めてフライパンを選ぶ

ガス専用のフライパンを選ぶ際は表記が”ガス専用”となっていることを確認してくださいね。

①コーティングで選ぶ

どのフライパンでもコーティングがあると焦げ付きにくく、ひっつきにくいため料理へのストレスが軽減されます。

しかし、どれだけ丁寧に扱っても、長年使っているとどうしてもコーティングは剝がれてしまいます。

あえてコーティングがないものを選ぶ選択肢も
鉄製やアルミ製のフライパンはコーティングがないものがほとんどです。
コーティングがなくてもしっかり油を塗るようにする、などとお手入れができる方は鉄製やアルミ製のフライパンを選択肢に入れてみるのも良いでしょう。

②使いやすいサイズと重さで選ぶ

女性が使いやすい重さは1㎏程度と言われています。

フライパンが1㎏でも食材の重さがプラスされるともう少し重たくなるため、重さにこだわる方は注意しましょう。

フライパンのサイズは家族や人数、作りたい量によって変わります。

人数 大きさ
4人以上 28cm~
2~4人 25~27cm
1~2人 18~24cm

おおよその目安です。

購入時の参考にしてみてください。

③熱伝導率が良いものを選ぶ

熱伝導が良いと何がいいかというと、温まるまでの時間が短縮され、ガス代も少なくすむことです。

また、焼きムラも少なく美味しい料理を作ることが出来ます。

そのため家事の時短をしたい方や節約を考えている方はなるべく熱伝導が良いフライパンを選ぶのが良いでしょう。

熱伝導率が良い素材
熱伝導が良い素材としては、鉄、アルミ、銅があります。

④予算を決めてフライパンを選ぶ

フライパンのサイズによって価格は変化します。

おおよその目安としてサイズと価格を表にしました。

参考にしてみてください。

フライパン種類 価格帯
フライパン大(28cm〜) 1500円~5800円
フライパン中(25cm〜27cm) 1100円~5000円
フライパン小(18cm〜24cm) 800円~4500円
卵焼きフライパン 1300円~3700円

【2021年版】ガス専用フライパン人気ランキング

楽天やAmazonでの口コミを独断で総合的に判断して、ランキング5位までを作成しました。

人気ランキングとして、参考にしてみてください。

第1位:ティファール インジニオ・ネオ マホガニープレミアセット9

特徴① 5層チタン・プレミアコーティング

チタンコート加工のフライパンはあまり流通していませんが、ティファールにはあります。

チタンを配合したベースと層を厚くすることによし、従来のティファールのフライパンよりも耐久性が上がり、こびりつきさもアップしています。

チタンでできているため26cmフライパンでも660gと軽量で、料理中の負担が少なくおすすめです。

特徴② バタフライガラス蓋

バタフライガラス蓋とは、蓋の取っ手が蝶の羽のように上下に動くことからの名前です。

蓋の取っ手が動くことにより、フライパンが重ねやすくなり、コンパクトに収納できます。

小さなことに思えますが、いざ収納してみると蓋の取っ手が動くことに感動します。

特徴③ 付加価値が満載

フライパンとしての高性能だけではなく、ティファールインジニオ・ネオはオーブン対応なため料理の幅が広がります。

食洗機での使用もでき、家事の時短が可能です。

さらに、コーティング加工されていますが、金属へらが使えます。

そのためキッチンツールを気にしなくても良いという利点と、金属へらを使ってもコーティングが剝がれにくい利点があります。

第2位:北陸アルミ センレンキャストプロ 玉子焼き13×19cm

特徴① 北陸アルミは歴史ある会社

どれくらいの情熱をこめて作っているかなどが変わってきたり、大量生産だったり、手作業だったりとどこの会社がフライパンを作っているかは、意外と重要です。

北陸アルミは約400年の歴史を持った高岡鋳造発祥の地で作られています。

それにより優れた技術・信念・伝統があり信頼できる会社です。

特徴② コーティングへのこだわり

テフロンプラチナプラスをいう最高級のテフロン加工が施されています。

きれいな凹凸がついた見た目と、高性能の汚れがつきにくい加工が特徴です。

また、強い強度を持つシリコンカーバイドと特殊な表面形状で、キズからも守っています。

特徴③ 作り方へのこだわり

耐久性に強いあるアルミマグネシウム合金を使用しており、変形に強いです。

また、アルミキャスト製でさらに熱変形に強いです。

金型に直接アルミニウムを流して鋳造することにより、独自の結晶ができ、強度な形を実現しています。

フライパンの外面は主にアルミニウムで、加熱面にリップルウェーブ加工でさらに熱伝導を良くしてあります。

第3位:アイリスオーヤマ ダイヤモンドコートパン6点セット

特徴① アイリスオーヤマの代表商品

安くていい商品がたくさんあるアイリスオーヤマの中でもこちらのダイヤモンドコートパンは代表商品といえます。

ダイヤモンドコートはフッ素樹脂加工に人口ダイヤモンドを配合してコーティングしてあるため、焦げ付きにくく、丈夫で長持ちします。

耐摩耗性試験にも50万回クリアしています。

特徴② 取っ手が取れる

取っ手が取れることにより、収納が楽になったり、冷蔵庫での保管や食卓にそのまま出すことが可能なため便利な商品です。

また、アイリスオーヤマの取っ手は2段階で取り外しができます。

もちろん片手で使えて、2段階なためうっかり調理中にボタンに触れてしまっても取れることがなく安心して使用できます。

特徴③ フライパンセットでお得

フライパンセットなため炒める、焼く、煮る、蒸す、揚げるなど多様な使い方ができ便利です。

フライパン以外にも鍋や蓋が付いてきて、一式全部を買い替える際にもお得に購入できます。

第4位:ウルシヤマ金属 蓮 ガス専用フライパン

特徴① 安心の日本製

日本製のフライパンはなかなか見つかりにくいです。

ウルシヤマ金属のフライパンは高品質のアルミ鋳物製で、日本の職人がひとつひとつ手作業で作っているため、安心して使えます。

特徴② 考え抜かれた形

フライパンの底面の厚さが2.6mmと厚いことが特徴です。

底に厚さがあると、熱伝導が良いことの他にじっくり焼くことができ、料理がおいしくなります。

底に厚さを持たせたことにより、側面を薄くして軽量化も考えられています。

特徴③ 口コミが良い

楽天でもアマゾンでも★5がとても多い印象です。

”蓮”の前に販売されていた”玄”を使っていた方が、”蓮”に乗り換えたというのも結構ありました。

他には、国産なことと軽くて持ちやすく、こびりつかないことを気に入って使っている方がたくさんいました。

第5位:タフコ 軽量ダイヤモンドマーブルコーティングフライパン

特徴① マーブルとダイヤモンドの合わせ技

コーティングが5層になっており、マーブル加工に硬いダイヤモンドの粒子を配合して耐摩耗性を上げています。

また、ダイヤモンド粒子とアルミダイキャスト製法により、熱伝導を良くしてあります。

耐摩耗性が強いため角が丸ければ金属へらの使用ができます。

特徴② 洗いやすい形

フライパンを洗っていて困るのは、取っ手の接着部分に留め具などが付いていて汚れが付着したまま気づかなかった!ということではないでしょうか。

こちらのフライパンはきちんと洗いやすいように考慮していて、取っ手の接着部分に凹凸がない設計です。

洗いやすくて衛生的なところが良いです。

特徴③ シリーズ展開されている

シリーズ展開しているため、フライパンの他にも深型のフライパンや玉子焼きフライパンも揃っています。

値段も高すぎないため、気に入ればシリーズで揃えることもできます。

おすすめ人気のガス専用フライパン20選

ランキング外でも、まだまだおすすめのフライパンはたくさんあります。

ここでは、以下の種類別に紹介していきます。

好みのフライパンが見つかりますように。

軽いフライパン

毎日使うフライパンは軽いものがいいですね。

軽いと炒め物が楽になったり、意外と洗い物の時にも便利だったりします。

ここではおすすめの軽いフライパンを紹介します。

アーネスト ベルフィーナライトプレミアム

ベルフィーナライトプレミアムは4層のブルーダイヤモンドコーティングが施されているためこびりつきにくいです。

さらに、食材が触れる面にはフラワーエンボス加工がしてあり、食材を浮かせてくっつきにくくする工夫がされているため洗う時も楽々です。

アルミダイキャスト製法で熱伝導を均一にし、軽さと熱伝導を最大限に引き出すため、底面とフチだけ厚くて丈夫で、側面は薄くしてあります。

大きめの28㎝で800gなため、女性でも楽に持てます。

貝印 House Select 軽量 高熱効率フライパン

貝印のフライパンは表面がマーブルコートなためキズつきにくい加工です。

軽さはスピン製法により従来のフライパンよりも約20%の軽量化が実現されています。

特徴は取っ手が短めに作られており、軽いフライパンとのバランスを保っています。

そのため、フライパンが軽いと何も入れずにコンロに置いた時に、ひっくり返ってしまうことを懸念している方におすすめです。

また取っ手が短いことにより、コンロに置いた時やシンクに入れた時にも邪魔になりにくく、扱いやすいです。

アイリスオーヤマ 軽量フライパン

アイリスオーヤマのフライパンは26cmと28cmの2サイズしかないですが、数人分作るには問題ない大きさのため使いやすいです。

また重さが、26cmで535g、28cmで590gと普段使いしやすい重さです。

フライパンの両端には注ぎ口が付いていて、出来上がった料理の盛り付けがしやすいですね。

和平フレイズ EZストーンフライパン

和平フレイズのEZストーンフライパンはダイキン工業が開発した、最高ランクの耐摩耗のシルクウェアEZを使用しています。

そのため、公的機関による耐摩耗試験200万回をクリアしているキズの付きにくいフライパンです。

本体はアルミダイキャスト製法で作られており、とても軽くなっています。

家庭用としては大きめの30cmフライパンでも660gと使いやすい重さです。

パール金属 ブルーダイヤモンドコートフライパン

パール金属のブルーダイヤモンドコーティングとは、ダイヤモンド粒子配合の3層構造のため、とても強力なコーティングです。

熱伝導も良いため、時短調理にも向いており、金属へらを使えるところも良いですね。

サイズ展開は20cm~30cmの4サイズあるため、一人用から数人用まで幅広く選ぶことができます。

長持ちするフライパン

せっかくフライパンを新調するならば、できる限り長持ちしてほしいですよね、

そんな気持ちに応えて長持ちするフライパンを紹介します。

ハイランダー 焚火フライパン

ハイランダーの焚火フライパンは鉄フライパンで有名な藤田金属との共同開発商品です。

アウトドアでも使えるためサイズ展開は小さめですが、1~2人用や少量つくる際には重宝する大きさです。

また最大の特徴は、一生モノといわれる鉄フライパンですが、ハードテンパー加工がされているため、焼きならしやシーズニング不要で、サビにくいというところです。

この特徴があれば鉄フライパン初心者の方でも気軽に使い始められおすすめです。

ティファール グランブループレミアフライパン

ティファールのグランブループレミアフライパンは、チタン粒子配合のベースと厚くなったフィニッシュ層により耐久性が上がった5層コーティングです。

フライパンの外面はエナメル加工で熱や汚れに強く、艶めきが長持ちし、きれいが続きます。

重さも20cmで510gと使いやすい軽さため、ひとつあると便利なフライパンです。

ドウシシャ エバークック ガス専用軽量フライパン

エバークックの軽量フライパンはもちろん20cmで380gととても軽いです。

エバークックの特徴であるツルスベが長持ちするコーティングも施されており、こびりつきにくくストレスフリーです。

またフッ素剥がれに対して、1年保証があるため安心して使用できます。

北陸アルミニウム マイスター S-AL

北陸アルミニウムのマイスターS-ALはコーティングがないフライパンです。

そのためきちんと油を引けば、コーティングのあるフライパンよりも遥かに長持ちします。

アルミダイキャスト製法のため変形に強く、熱伝導も良いです。

底面は特厚底のため熱保有も良く、熱ムラなく使用できます。

ダイヤアルミ ウィニープロHGフライパン

ダイヤアルミのフライパンはデュポン社の最高フッ素樹脂、テフロンプラチナプラス加工を施してあるため、キズつきにくいです。

底面が厚さが4mmあり、熱伝導がよく、料理がおいしくなります。

取っ手がステンレスなため、変形などしにくく丈夫で、複雑な構造ではないため洗いやすく衛生的に保てます。

安いフライパン

安いフライパンを求めている方向けに、安いフライパンもまとめて紹介します。

安すぎるのは数回の使用でだめになってしまうこともあるため、安すぎるものは省きました。

バッラリーニ コルティナⅴフライパン

バッラリーニはヨーロッパ屈指の生産量を誇るイタリアの会社です。

コルティナのグランチウムコーティングは、ミネラル粒子配合の5層コーティングで、御影石のようなコーティングシリーズです。

また金属へらの使用も可能で、それほど強い表面となっています。

取っ手部分にフライパンの表面温度がわかるサーモポイントが付いており、食材投入のベストタイミングがわかり便利なフライパンです。

谷口金属 超軽~いフライパン2

超軽~いフライパンはその名の通り32cmの大型でも、710gと驚きの軽さと2178円という安さです。

性能もきちんとしており、フッ素樹脂加工に工業用のダイヤモンド微粒子を配合し、耐久性を上げており、金属へらで擦るテストも30万回クリアしています。

取っ手は握りやすく、使いやすい設計のため力に自信のない方でも楽に使用できます。

和平フレイズ ネオブルフライパン

和平フレイズのネオブルフライパンは、ネオ・マーブルという特殊フッ素樹脂加工が施してあり、こびりつきにくくなっています。

耐摩耗試験も10万回クリアしており、金属へらの使用も可能です。

サイズ展開は20cm~32cmの5サイズで、1番大きい32cmで2131円ととても安くて経済的です。

サーモス デュラブルコート 軽量モデル

サーモスのフライパンはデュラブルコートが施しされており、耐摩耗が高く、焦げ付きにくいことが特徴です。

ガス専用で軽量のシリーズのため、20cmで400gそして1455円と良心価格です。

しかも口コミも良く、サーモスのフライパンはとても人気です。

パール金属 ストロングマーブル 軽いフライパン

パール金属のストロングマーブルフライパンは、内面は4層、外面は3層のマーブル加工が施しされており、キズや汚れに強く、金属へらの使用も可能です。

内面に、取っ手の接続部分が出てないため汚れが溜まりにくく、洗いやすいです。

また28cmで770gと軽い上に、注ぎ口も付いているためお皿に料理を移すのも負担なくできるためおすすめです。

鍋とセットのフライパン

フライパンもほしいけど、鍋もそろそろ新しいのがほしいかも!と思っているなら、鍋とフライパンがセットになった商品をおすすめします。

セットの方が、個別で買うよりも安価なことが多いですよ。

ドウシシャ エバークック フライパン6点セット

エバークックのフライパンがなかなか焦げ付かないことで有名です。

アルミニウムの隙間にフッ素が入り込んだアンカー構造と、熱・塩分・摩擦に強いアルマイトコーティングが施されているためツルスベが長く続きます。

耐摩耗性試験も50万回クリアしており、信頼できるフライパンです。

アイリスオーヤマ ダイヤモンドコートパンディープラス 9点セット

アイリスオーヤマのダイヤモンドコートパンディプラスは魅力がいっぱいあります。

まず、ダイヤモンドコーティングのため耐久性が高いことはもちろんのこと、取っ手が握るだけで付けられるように進化しています。

ワンタッチで付けられるため、操作に手間取りません。

他には、フライパンの深さが7cmとなり、従来品と比べて1cm深くなりました。

それにより、煮物や炒め物が作りやすくなっています。

グリルパンも付いていて、いつもの料理が一味違うものとなるため、いつもの料理に飽きてきた。という方におすすめです。

卵焼きフライパン

卵焼きが上手に作れる以外にも、少量のものを炒めたいときなどに活躍するのが卵焼きフライパンですね。

卵焼きフライパンにもガス専用があるため紹介します。

サーモス 深型卵焼きフライパン

サーモスの卵焼きフライパンは、硬質フィラー配合により耐摩耗性が高く、焦げ付きにくさが特徴のデュラブルコートが施されています。

こちらは深型なため、卵焼きや焼き物以外にもスープも作れる優れものです。

お皿に移す際も形が四角いため、角からスープを流せるためこぼす心配もありません。

ティファールのフライパン

ティファールのフライパンはとても人気ですが、種類もたくさんあり、悩みます。

ここでは、ガス専用の中でもおすすめのフライパンを紹介します。

ティファール フェアリーローズフライパン

ミネラル粒子を配合した4層のパワーグライドコーティングが施されています。

従来よりもこびりつきにくさ、傷つきにくさが高い以外にも、熱変形に強いことが特徴です。

フライパンの外側はフッ素樹脂加工なため、汚れも楽に落ちます。

取っ手も握りやすさにこだわって作られているため持ちやすいです。

ニトリのフライパン

フライパンでも人気のニトリからガス専用フライパンのおすすめを紹介します。

ニトリ ガス火 厚底でも超軽量フライパン

底が厚く作られているため熱伝導が良く、食材をじっくり焼けるためふんわりした仕上がりになります。

重さが28cmの大きいフライパンでも520gしかないため、食材を入れても楽にフライパンを振ることができます。

本体の素材がアルミニウム製なため軽量化できており、外側はセラミック加工なため、キズに強く汚れも簡単に落ちます。

フライパンのコーティング加工の種類

フライパンのコーティングといっても様々な種類があります。

今回は、以下の4つの加工について紹介していきます。

  • テフロン加工
  • フッ素樹脂加工
  • ダイヤモンド加工
  • チタンコート加工

コーティングによって特徴が少しずつ違うため、フライパン選びのポイントにもなります。

ひとつずつ紹介していきます。

テフロン加工

テフロン加工とフッ素樹脂加工はよく耳にするコーティング名ですが、名前が違うだけで同じものです。

アメリカのデュポン社が、フッ素樹脂のひとつのポリテトラフルオロエチレンというものを製品化して、世に出したものがテフロンと呼ばれます。

そのためテフロン加工と記載されていたら、フッ素樹脂加工と同じ性質なんだなと思えば大丈夫です。

テフロン加工の特徴
・軽くて安い
・焦げ付きにくい
・テフロン加工=フッ素樹脂加工 同じもの

フッ素樹脂加工

フッ素樹脂加工は軽くて安く、どこでも手に入れられるところが特徴です。

焦げ付きにくく、少量の油で調理が可能ですが、コーティングが剥がれてしまうと油を塗ってもこびりつきます。

コーティングが剥がれる原因としては、経年劣化の他に急激な温度変化などがあります。

そのため、なるべくコーティングが長持ちするようにフライパンの扱い方をきちんと理解しておく必要があります。

フッ素樹脂加工の特徴
・軽くて安い
・焦げ付きにくい
・フッ素樹脂加工=テフロン加工 同じもの

ダイヤモンド加工

ダイヤモンド加工とは、フッ素樹脂と共に人工ダイヤモンドをコーティングしてある、フッ素樹脂加工の1つです。

フッ素樹脂加工よりも耐久性があり、さらに焦げ付きが少なくなっています。

摩耗性も高いためコーティングが剥がれにくいです。

フッ素樹脂加工の特徴
・フッ素樹脂とダイヤモンドをコーティング
・フッ素樹脂加工よりも耐久性がある
・フッ素樹脂加工よりも焦げ付きにくい

チタンコート加工

チタンコート加工もフッ素樹脂加工の1つで、チタンと共に加工してあります。

チタンは丈夫で変形しにくく、とにかく軽いことが特徴です。

また、酸や塩分にも強いため、サビにくいところも他のコーティングと違うところです。

チタンコート加工の特徴
・フッ素樹脂とチタンをコーティング
・丈夫で変形しにくい
・軽量
・サビにくい

ガス専用フライパンを長持ちさせる方法

フライパンを長持ちさせるためにはお手入れや使い方が重要となってきます。

ここでは主に、フライパンにコーティングが施されている場合の長持ちをさせる方法を3つ紹介していきます。

  • 使用するキッチンツールに注意する
  • ガスの火力に注意する
  • 潜在や洗い方に注意する

フライパンの正しいお手入れ方法を知って、長くフライパンを使いましょう。

それでは詳しくみていきましょう。

使用するキッチンツールに注意する

フライパンにコーティングが施されている場合、基本的には金属のキッチンツールは使わない方が良いです。

コーティングに金属が触れることにより、コーティングの劣化が早まり、焦げ付きやすくなります。

フライパンによっては”金属へらの使用可能”と記載されているものもあるため、説明書きも注意して読みましょう。

ガスの火力に注意する

コーティングが施されているフライパンは強火と空焚き厳禁です。

コーティング素材は260度で劣化が始まり、400度を超えると有害ガスが出ます。

そのため、火力は中火以下を推奨されています。

洗剤や洗い方に注意する

フライパンはアルカリ洗剤で洗うと劣化が進むため、中性洗剤がおすすめです。

また、意外と知られていませんが、フライパンは余程の汚れではない限りは、キッチンペーパーなどで拭き取って、軽くスポンジで水洗いをすれば清潔に保てます。

スポンジを使う際もキズつけないようにやさしく洗い、金属たわしなど硬い素材のものは使わないようにしましょう。

急激な温度変化に注意
急速な温度変化はフライパンの変形の原因となるため、使用後は冷ましてから水につけることも大切です。

フライパンと合わせて買いたい人気商品

せっかくフライパンを新調するならば、フライパングッズも一緒に見てみましょう。

フライパンと合わせて使うとさらに調理が楽になる人気商品を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

無印良品 シリコーン調理スプーン

無印良品のシリコーン調理スプーンは大人気の商品です。

シリコーンなためフライパンをキズつけることなく調理ができます。

調理へらとして使えて、お皿に移す時のスプーンとしても使える一石二鳥の商品です。

一度使うと手放せなくなるほど便利です。

山崎実業 tower 伸縮鍋蓋 & フライパンスタンド 

山崎実業の人気シリーズtowerのフライパンスタンドです。

長さは約45~82cmの間で伸縮でき、仕切りパーツの位置は3cmごとに調節可能です。

フライパンの取っ手が邪魔になりがちですが、付属の持ち手置きパーツを付ければ邪魔にならず、取り出しやすいです。

鍋蓋の取っ手は仕切りのくぼみ引っ掛かるようになっており、使いやすさが徹底的に追及されています。

KEYUKA 立つハンドル付きフタ

KEYUKAのフライパン蓋は、20cm~27cmのフライパン対応しているためひとつ持っていれば何種類ものフライパンと共有できる便利な商品です。

ハンドルも立てて置くことができ、調理スペースの場所を取りません。

収納時にはハンドルを折りたたむことができ、省スペースです。

キッチン道具の置き場に困っている方へおすすめです。

パール金属 フライパン用焼き物メッシュシート

フライパン用メッシュシートはフライパンに敷くだけで食材がこびりつかず、ベタつかない商品です。

フッ素加工が施されているため洗うのも簡単で、繰り返し使用可能です。

焼きもの以外にも蓋をすれば蒸し料理もでき、多様な使い方ができます。

26cm~30cmまでのフライパンに対応しており、適宜切って使えます。

朝光テープ びわこふきん

びわこふきんは木綿の吸水性と吸油性に加えて、ガラ紡の凸凹により、洗剤なしで油汚れも取れる優れものです。

洗剤を使わないため、海や川へ汚水が流れず環境にも良く、手荒れを気にしている方にもおすすめです。

取り除いた汚れは洗えばすぐに落ち、乾きも早くふきんの臭いも気になりにくいです。

まとめ

ガス火専用フライパンについて、フライパン選びからおすすめのフライパンまで紹介してきましたがいかがでしたか?

ガス火専用だからこそ軽いという特徴があるため、ガス火しか使わない方にはぜひおすすめです。

フライパングッツも賢く使ってフライパンを良い状態で長く使えるように工夫してきましょう。

①軽いフライパン:《パール金属》ブルーダイヤモンドコートフライパン

商品詳細

②長持ちのフライパン:《ティファール》グランブループレミアフライパン

商品詳細

③安いフライパン:《谷口金属》超軽~いフライパン2

商品詳細

④鍋とセットのフライパン:《ドウシシャ》エバークック フライパン6点セット

商品詳細

⑤卵焼きフライパン:《サーモス》深型卵焼きフライパン

商品詳細

⑥ティファールのフライパン:《ティファール》フェアリーローズフライパン

商品詳細

⑦ニトリのフライパン:《ニトリ》ガス火 厚底でも超軽量フライパン

商品詳細

→ガス専用おすすめフライパン20選

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる