ウォーターサーバーのメリットとデメリット!赤ちゃんにも使える!後悔したという声も?

ウォーターサーバーの導入を検討している場合、メリットやデメリットは気になる点ですよね。

そこで、今回の記事ではウォーターサーバーのメリットやデメリットを、具体的な利用シーンなどを踏まえてご紹介していきます。

ウォーターサーバーは赤ちゃんにも使えますので、お子さんがいるご家庭にもとても便利です。

一方、後悔したという声も聞かれるので、デメリットについても詳しくご紹介していきます。

是非、ウォーターサーバーを選ぶ際に参考にしていただけたら、と思います。

目次

ウォーターサーバーとは

まずは、ウォーターサーバーとはどういった商品なのか、についてご紹介します。

水道水や浄水器と比較するとウォーターサーバーの水は成分が異なるなど、いろいろな特徴があります。

ウォーターサーバーとはどんなものなのか、そしてどのような人におすすめなのか、をこちらでは紹介していきます。

ウォーターサーバーと水道水の違い

・水の味が美味しい
・硬水と軟水が選べる
・温水がすぐに飲める

ウォーターサーバーと水道水の違いは3つあります。

まずは味の違いです。

水道水は消毒のために塩素が加えられていますが、その臭いが気になる場合も多いと思います。

ですがウォーターサーバーの水は塩素が使用されていないため、水道水より臭いもなく美味しく感じられます

また、軟水と硬水を選べるのもウォーターサーバーと水道水の違いで、水道水では選ぶことはできません。

そして、水道水は冷たい水だけですが、ウォーターサーバーは温水もすぐに飲めるなど、便利な点が特徴です。

ウォーターサーバーと浄水器の違い

・水の種類が選べる
・導入にかかる費用
・サイズやデザイン

ウォーターサーバーと浄水器の違いもご紹介します。

まず、大きな違いは水の種類が選べる点です。

ウォーターサーバーは様々な種類があるため、水の種類も好きなものを選ぶことができますが、浄水器は水道水のみになります。

どちらも綺麗な状態の水を飲めるので安全ですが、ウォーターサーバーの方がミネラルが豊富な水が多い、という特徴もあります。

そして、導入にかかる費用も異なり、浄水器は交換カートリッジの費用がかかり、ウォーターサーバーは本体のレンタル料や電気代などの維持費がかかります。

最後は、サイズやデザインの違いです。

ウォーターサーバーは浄水器と比較すると製品が大きめですが、カラーやデザインが豊富です。

お部屋のインテリアに合ったウォーターサーバーを選ぶことができますよ。

ウォーターサーバーがおすすめの人

・手軽に美味しい水を飲みたい人
・すぐにお湯を使いたい人
・赤ちゃんがいる人

ウォーターサーバーを使うのがおすすめな人は、手軽に美味しい水を飲みたい人です。

ウォーターサーバーは、ペットボトルの水を購入する手間がなく、すぐに美味しい水を飲むことができます。

そして、すぐにお湯を準備することができることも大きな利点ですね。

朝に温かいコーヒーを入れたい場合など、ポットややかんでお湯を沸かす必要がなくなるので、とても便利です。

さらに、ウォーターサーバーではお湯が出るのですぐにミルクを作ることができ、赤ちゃんがいるご家庭にもおすすめですね。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーには多くのメリットがあります。

・美味しい天然水が手軽に飲める(天然水タイプ)
・水道水が美味しい水になる(水道直結タイプ)
・赤ちゃんのミルクがすぐ作れる
・一人暮らしでも便利
・重たい水を買う手間がなくなる
・ペットボトルのゴミが減る
・お湯や冷水がすぐに使える
・災害用の備蓄水になる
・おしゃれなインテリアにも

上記でまとめましたが、どれも気になる内容ばかりですね。

詳しくご紹介していきます。

美味しい天然水が手軽に飲める(天然水タイプ)

ウォーターサーバーは美味しい天然水を手軽に飲むことができます

水道水は飲用水としての基準を満たすためではありますが、どうしてもカルキ臭さがあり、蛇口をひねってそのまま飲むには美味しいとは言えません…

また、水道水は温度を変えることはできず、夏はぬるく、冬は冷たい水を飲むしかない、ということに。

ですが、ウォーターサーバーの天然水はカルキ臭さはなく美味しいのはもちろん、常に冷たい水やお湯がすぐに飲める、ということは大きな利点です。

夏は冷たく、冬はあたたかいお湯が簡単に美味しく飲めるのは、とても嬉しいですよね。

水道水が美味しい水になる(水道直結タイプ)

ウォーターサーバーには、水道水と直結型の製品もあります。

水道直結型のウォーターサーバーを設置すると、普通の水道水が浄化されてRO水になります。

RO水とは、水道水の水を特殊なフィルターでろ過した水のことであり、不純物のない水でクセがなく美味しい水です。

水道直結型のウォーターサーバーは、天然水のウォーターサーバーのようにボトルを交換する必要もなく、水道から水を飲むのと同じ手軽さで、美味しい水を飲むことができるんです。

こちらも、冷たい水とあたたかいお湯が出るタイプがあり、好きな温度で美味しい水が手軽に飲めることが嬉しいポイントです。

赤ちゃんのミルクもすぐ作れる

赤ちゃんのミルクをすぐに作れるのも、ウォーターサーバーのメリットといえます。

ミルクの調乳に利用するお湯の温度は70℃以上が良い、といわれています。

熱湯で作ると水につけて冷ます必要があり、調節に時間がかかります。

ですがウォーターサーバーのお湯の温度はだいたい80~90℃、またエコモードが付いている場合は60~70℃前後となり、ミルクを冷ます時間が少なくなり時短に

赤ちゃんのミルクを作ることを考えると、エコモードがついているウォーターサーバーの方が簡単でおすすめです。

一人暮らしでも便利

一人暮らしにもウォーターサーバーがあると便利です。

というのも、ウォーターサーバーはすぐにお湯が使えるから。

一人暮らしの場合だと、お湯を沸かすのも少しで面倒だったりもします。

その点、ウォーターサーバーがあればすぐにお湯が使えるので、インスタントスープやカップラーメンを即座に作ることができます。

ウォーターサーバーはお湯を沸かす手間が省け、時間短縮になるアイテムです。

重たい水を買う手間がなくなる

ウォーターサーバーがあれば、スーパーで毎回重たい水を買わなくて済むようになります。

ペットボトルの水は重くて運ぶのが大変です。

500mlのボトルでもまとめ買いするとなるとかなりの重さになります。

ウォーターサーバーであれば、業者が水を運んできてくれたり、水道直結のサーバーの場合は水を運ぶ手間もなく、重い水を買うという手間から解放されますよ。

ペットボトルのゴミが減る

ウォーターサーバーを使えばペットボトルのゴミも減ります

スーパーで水を購入するとペットボトルのゴミが増えて、ゴミ箱がいっぱいになったりしますよね。

そんな時にウォーターサーバーを使えば、メーカーによってはボトルの回収をしてくれるところもあります。

少しでもゴミを減らしたい人は、ボトル回収型のウォーターサーバーはおすすめです。

お湯や冷水がすぐに使える

ウォーターサーバーはお湯や冷水をすぐに使うことができます

お湯は80-90度の温度で、冷水は4-12度という設定が多い印象です。

水道水の場合はお湯を沸かすのにある程度の時間がかかるので、ウォーターサーバーがあればその時間が短縮できます。

ただ、ウォーターサーバーによってはお湯が出ないタイプもあるので、お湯をすぐに使いたいという場合は、温水機能がついているサーバーを選んでくださいね。

災害用の備蓄水になる

災害時には備蓄水としても使えるのがウォーターサーバーのメリットです。

災害で水道水が出なくなってしまうことも多くあります。

そんな時、ウォーターサーバーのボトルがあったら安心ですよね。

以下のウォーターサーバーは備蓄水として利用しやすい製品でダンボールに蛇口が付いているので簡単に給水ができます。

サントリー天然水 ウォーターサーバー ウォーターエナジー(日田天領水)

引用:サントリー天然水 ウォーターサーバー

引用:ウォーターエナジー(日田天領水)

レンタル代 4,388円 3,132円
月額料金 電気代と
お水料金のみ
電気代と
お水料金のみ
詳細

 

おしゃれなインテリアにも

ウォーターサーバーはデザインがおしゃれな製品も多くあり、インテリアとしてもおすすめです。

ボトルが見えないようなデザインになっているものもあり、ウォーターサーバーの存在感を感じさせないような商品もあります。

インテリアに馴染むウォーターサーバーは多くあるので、あなたのお部屋に合ったデザインのサーバーを選んでくださいね。

ワンウェイウォーター プレミアムウォーター フレシャスdewo

引用:ワンウェイウォーター

引用:プレミアムウォーター

引用:dewo

水の料金 12L/1,350円~ 12L/1,987円~ 7.2L (税込)1,516円〜
特徴 チャイルドロック

多彩なカラー

定期メンテナンス不要

チャイルドロック

エコモード

スリムなデザイン

水の交換がしやすい

5色から選べる

シンプルなデザイン

詳細

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのメリットを紹介しましたが、続いては、気になるデメリットについても。

・置く場所が必要
・毎月の費用がかかる
・メンテナンスが必要
・ボトル交換が大変
・水の受け取りが面倒
・空のボトルの保管場所が必要
・水の注文ノルマがある(サーバーによる)
・赤ちゃんや子供がいると心配
・一人暮らしだと水が使い切れない
・使ってみてから後悔することもある

上記のようなデメリットが、ウォーターサーバーにはあります。

こちらも詳しくご紹介していきますね。

置く場所が必要

ウォーターサーバーは、ある程度のスペースが必要なものでもあります。

特に、ボトル交換のサーバーですと、予備のボトルを置く場所も必要になるのでスペースには注意が必要です。

ウォーターサーバーのご契約前に、大きさを確認し、設置場所を考えてみてくださいね。

毎月の費用がかかる

ウォーターサーバーは毎月電気代や水代などがかかります

天然水タイプ、RO水タイプ(フィルターろ過)、水道水直結タイプで異なるので表をご覧ください。

プレミアムウォーター アクアクララ ウォータースタンド
プレミアムウォータースリムタイプ

引用:プレミアムウォーター

引用:アクアクララ

引用:ウォータースタンド

月額費用
(サーバー代+水代)
3,542円~ 2,504円~ 3,850円〜
タイプ 天然水タイプ RO水タイプ 水道水直結タイプ
詳細

上記のように水道水直結タイプは、サーバーの費用がかかるので月額料金が少し高くなることが多いです。

しかし、水は水道水を利用するので、水代がかかる天然水やRO水タイプと違い、水の料金が別途かかることはありません。

水をたくさん使うご家庭では、水道直結タイプがおすすめですね。

メンテナンスが必要

ウォーターサーバーは、基本的にはメンテナンスが必要です。

業者がメンテナンスをする場合が多いので、その時間帯は家にいる必要があります。

ですが、自分でメンテナンスをするサーバーや、自動洗浄機能がついているサーバーもあります。

自動洗浄機能がついているウォーターサーバーは、メンテナンスが楽なのでおすすめですね。

ボトル交換が大変

・ボトルが上にあるタイプ
・ボトルが下にあるタイプ
・水道直結タイプ

ウォーターサーバーには上記の3つのようなタイプがあり、特にボトルが上にあるサーバーは交換が大変です。

ウォーターサーバーの水は12Lのタイプが多くとても重いので、力がない人にとっては毎回の交換に苦労することも。

しかし、最近ではボトルが下にあるサーバーもあり、水の交換が楽なタイプもあります。

水道直結型であれば、交換の必要もないので負担がほとんどありません。

クリクラ コスモウォーター ウォータースタンド

引用:クリクラ

引用:コスモウォーター

引用:ウォータースタンド

月額費用 4,380円~ 4,578円~ 3,850円〜
タイプ ボトルが上にあるタイプ ボトルが下にあるタイプ 水道水直結タイプ
詳細

水の受け取りが面倒

ウォーターサーバーは水の受け取りが必要な場合もあります。

ボトルタイプは毎月配送されてくるため、受け取りの必要があり配達を待つことに。

時間に融通が効かない場合、不便に感じることもあります。

しかし、水道直結タイプであれば水道水を利用することができるので、水の配達を待つ必要がありません。

サーバーのタイプによって受け取りが必要な場合と必要ない場合があるので、ウォーターサーバーを選ぶ時には注意しましょう。

空のボトルの保管場所が必要

ボトルタイプのウォーターサーバーの場合、空のボトルの保管場所が必要になります。

水の消費量が多い場合には、空のボトルが複数になることも。

ただ、水道直結タイプのサーバーはボトルを使わないので、スペースをとることはありません。

ボトルを自分で捨てるタイプのウォーターサーバーもありますので、ご自身のライフスタイルに合ったタイプを選ぶことをおすすめします。

水の注文ノルマがある

ウォーターサーバーには水のノルマがあるサーバーもあります

ノルマとは、1ヶ月に注文しなければいけない水のことであり、ボトル交換のタイプのウォーターサーバーには、ほとんどの会社にノルマがあります。

ノルマがないウォーターサーバーは、水道直結型のサーバーになります。

ノルマがある場合、毎月決まった数量を注文しないといけないので、消費が少ない人にとってはデメリットです。

ただ、ウォーターサーバーの種類により、水の配達をお休みできるサービスもありますので、そちらを利用すれば水が余ることも少なくなりおすすめですね。

赤ちゃんや子供がいると心配

赤ちゃんや子供がいるご家庭には、少し心配なこともあります。

ウォーターサーバーは簡単にお湯が出る反面、小さなお子さんが誤ってお湯を出してしまう危険性も。

小さなお子さんや赤ちゃんがいて不安という場合には、チャイルドロックや転倒防止機能がある製品がおすすめです。

チャイルドロック機能は小さいお子さんが操作できないようにロックをかける機能ですので、あると安心ですね。

一人暮らしだと水が使い切れない

一人暮らしだと水が使いきれない、というデメリットもあります。

ウォーターサーバーにはノルマのあるサーバーもあり、水の消費が少ないとどんどん溜まっていきます。

ノルマのあるウォーターサーバーの場合、水が減らないで余ってしまうことがありますので、水道直結型の水のノルマがないウォーターサーバーがおすすめです。

また、ウォーターサーバーの種類により、水の配達をお休みできるサービスもありますので、こちらを利用すると余計な費用がかかりません。

使ってみてから後悔することもある

ウォーターサーバーを使ってから後悔する場合もあります

ウォーターサーバーは、契約をしてから利用することになりますので、契約期間内で解約をしてしまうと解約金や違約金が発生します。

この解約金も、レンタルした期間によってはある程度の金額になることもあるので注意が必要です。

ウォーターサーバーの契約をする時には、どのくらいの期間でどのくらいの解約金や違約金がかかるのか、を把握した上で契約することをおすすめします。

ウォーターサーバーを選ぶ時のポイント

ウォーターサーバーを選ぶ時のポイントはいくつかあります。

・お得なキャンペーンの有無
・レンタル料の有無
・水の種類

キャンペーンがあるのか、レンタル費用がどのくらいかかるのか、をまずは確認することをおすすめします。

また、ウォーターサーバーの種類によって選べる水の種類が異なりますので、そちらもぜひ確認してみてください。

キャンペーンもある、おすすめのウォーターサーバーを下記にご紹介させていただきますね。

アクアクララ プレミアムウォーター

引用:アクアクララ

引用:プレミアムウォーター

おすすめポイント チャイルドロック機能

スリムなデザイン

安心安全なボトル

非加熱処理の天然水

選べるボトルサイズ

デザインが豊富

概要 RO水で安心安全な水 厳選された天然水
キャンペーン 乗り換えキャンペーン

かならずもらえるキャンペーン

QUOカード2,000円分プレゼント

16,500円キャッシュバック

公式サイト

この他にも、おすすめのウォーターサーバーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回ご紹介させていただいた内容を、まとめていきます。

メリット デメリット
・美味しい天然水が手軽に飲める(天然水タイプ)
・水道水が美味しい水になる(水道直結タイプ)
・赤ちゃんのミルクがすぐ作れる
・一人暮らしでも便利
・重たい水を買う手間がなくなる
・ペットボトルのゴミが減る
・お湯や冷水がすぐに使える
・災害用の備蓄水になる
・おしゃれなインテリアにも
・置く場所が必要
・毎月の費用がかかる
・メンテナンスが必要
・ボトル交換が大変
・水の受け取りが面倒
・空のボトルの保管場所が必要
・水の注文ノルマがある(サーバーによる)
・赤ちゃんや子供がいると心配
・一人暮らしだと水が使い切れない
・使ってみてから後悔することもある

メリットはもちろんのこと、デメリットもしっかりと理解した上で、自分に合ったウォーターサーバーを選びたいですよね。

また、ウォーターサーバーは天然水タイプやRO水タイプ、水道直結タイプというように、様々な種類があります。

アクアクララ プレミアムウォーター ウォータースタンド

引用:アクアクララ

引用:プレミアムウォーター

引用:ウォータースタンド

月額費用 2,504円~ 3,283円~ 3,850円〜
タイプ RO水 天然水 水道水直結タイプ
特徴 チャイルドロック機能

スリムなデザイン

安心安全なボトル

非加熱処理の天然水

選べるボトルサイズ

デザインが豊富

水代が水道代のみ

浄化された水で安全

ボトルを変える必要がない

公式サイト

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、それぞれにどんな特徴があるのか、またあなたにはどんな機能が必要なのか、を確認してから、後悔することのない理想にピッタリのウォーターサーバーを選んでいただけたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる