AppleMusic(アップルミュージック)の解約方法!無料トライアルの退会や請求についても

AppleMusicは3ヶ月無料トライアルがあり、お試しで利用しやすいサブスクリプションの音楽配信サービスです。

ですが、いざAppleMusicに登録しようと思っても「解約は簡単にできるのかな?」というのは気になる点ですよね。

また、解約したのに請求がきた、という声もあったりして、不安になります。

ということで、こちらの記事ではAppleMusicの解約方法や、無料トライアルの退会のタイミング、解約したのに請求がきたのはなぜか、なとAppleMusicの解約について詳しくご紹介します。

是非、参考にしてくださいね。

AppleMusic解約方法はこちら

目次

AppleMusic(アップルミュージック)は解約が必要!請求がくる危険も

AppleMusicは3ヶ月間は無料で登録することができるサブスクリプションです。

しかし、無料期間を過ぎてしまうと自動的に更新されます

そのため、AppleMusicをやめたい場合にはご自身で解約や退会処理をしなければいけません。

解約手続きを行わないと、毎月請求がきてしまいます。

 

AppleMusicを使用しなくなった場合、以下のような対応だけでは退会したことになりませんので、注意しましょう。

【退会したことにならない】
・AppleMusicからサインアウトをする
・AppleMusicのアプリをアンインストールする

一番誤解されやすいのが、アプリのアンインストールです。

アプリを消してしまえば、登録が解除されると思っている方が多くいらっしゃいますが、アプリをアンインストールしただけでは登録が解除されることはありません

アプリを消しても、もう一度インストールしてログインしたり、他のデバイスからも普段通り使うことができます。

そのため、しっかりとした解約手順に沿って解約を進めなければいけません。

以降の見出しにて、AppleMusicの詳しい解約方法について画像付きで解説していますので、解約方法が分からない方は是非チェックしてみてください。

AppleMusic(アップルミュージック)を解約・退会する際の注意点

AppleMusicを解約する際は、以下の項目に気を付けてください。

  • 再登録は3ヵ月無料トライアルの対象外
  • ライブラリに保存している曲が消える
  • ファミリープランは全員が利用できなくなる
  • 解約・退会するタイミング

それでは一つずつ確認していきましょう。

再登録は3ヶ月無料トライアルの対象外

AppleMusicを過去に一度でも利用したことがある方は、再登録時3ヵ月無料トライアルの対象外になります。

そのため、3ヵ月無料で使えると思っていても、実は初月から料金が発生していた!などのこともありますので注意するようにしましょう。

各プランからの再登録を表にしてみると…

個人プラン再登録 ファミリープラン再登録 学生プラン再登録
個人プラン キャンペーン適用外 キャンペーン適用外 キャンペーン適用外
ファミリープラン キャンペーン適用外 キャンペーン適用外 キャンペーン適用外
学生プラン キャンペーン適用外 キャンペーン適用外 キャンペーン適用外

以上のように、どのプランへの再登録も3ヵ月無料キャンペーンは適用されません

AppleMusicを1か月利用していて、その後に解約し「まだ2か月分の無料期間が残っているから再登録しよう!」という場合もあるかもしれませんが、一度解約してしまうと3ヵ月無料トライアルを再度使えることはありませんので、ご注意くださいね。

ライブラリに保存している曲が消える

AppleMusic ライブラリ

AppleMusicを一度解約してしまうと、利用していた時にダウンロードしていた曲やプレイリスト、ライブラリの内容などが全て消去されてしまいます。

基本的にはAppleの仕様でデータが消えてしまうため、消えない方法はありません。

ファミリープランは全員が利用できなくなる

AppleMusicを解約・退会する際、ファミリープランも同時に登録していた場合は、ファミリー(最大6名まで)の端末からもAppleMusicが利用できなくなります

ご注意くださいね。

ただ、契約者以外の端末が解約したとしても、ファミリーメンバーの他の方が使えなくなることはありません。

解約・退会するタイミング

AppleMusicの解約のタイミングについて、AppleMusicの各プランごとの解約タイミングについてご紹介していきます。

Apple Music有料会員

AppleMusicの有料会員を解約・退会する場合は、契約の締め日までAppleMusicのサービスの利用が可能となります。

契約の締め日とは、解約手続きをした月の月末です。

そのため、AppleMusic有料会員を解約したい場合は、解約したい月の月末までに解約・退会をしましょう

しかし、解約の手続きを忘れてしまった場合、翌月以降もサービス料金がかかってしまうため、解約することが決まったら手続きは早めにしておくことをおすすめします。

Apple Music 3ヶ月無料トライアル

Apple Musicの3ヶ月無料期間を利用中の方は、契約してから3ヶ月目の契約日の前日までに解約手続きを行えば、料金がかかることはありません。

しかし、早めに解約してしまうとせっかく無料で利用できるサービスが途中で使えなくなってしまいます。

そのため、3ヶ月無料トライアルでApple Musicを利用している方は「3ヶ月目」などのタイミングで解約手続きを行いましょう。

契約日の月末まで利用できるわけではありませんので、ご注意ください。

※更新日は設定画面から「iTunesとApp Store」を選択し、「Apple IDを表示」をタップ、「登録」を選択すると「更新:〇年〇月〇日」と表示されていますので、こちらから確認することができます。

Apple Music 3ヶ月無料期間(学生プラン)

AppleMusic学生プランの場合は、初回3ヶ月無料で利用することができます。

そして先ほど紹介した他のプランと同様に、無料期間が満了になっても自動的に解約されることはありません。

3ヶ月以内でしたらいつ解約しても問題ありませんが、AppleMusic学生プランの場合は解約手続きをした月の月末に解約手続きが完了します。

ので、できるだけ長く利用したい人は契約してから3ヶ月目の月初に解約手続きすることをおすすめします。

3ヶ月目の月初に解約手続きをすると、3ヶ月目の月末に解約処理が行われるため、翌月以降に費用がかかることはありません。

AppleMusic学割プランについて詳しくはこちら

Apple Music 6ヶ月利用無料特典(au)

AppleMusic6ヶ月利用無料特典(au)でApplMusicを利用している場合、解約は、契約してから6ヶ月目の契約日の前日まで、となります。

例えば…

1月2日に登録した場合、2月1日で契約1ヶ月となります。
そして、7月2日が6ヶ月利用無料期間の満了日となるのでこの日までに解約・退会手続きをしてください。

以上のようなことから、もし6ヶ月の無料期間をフルに楽しむとすると、1月2日に登録した場合は6月2日~7月2日の間に解約手続きをするのがベストタイミング、となります。

しかし、翌月同日に暦日が存在しない場合は、翌月末日の前日までが契約期間となりますので、注意が必要となります。

AppleMusic(アップルミュージック)解約したのに聞ける?

AppleMusicを解約後、タイムラグなどの影響で少し聴ける期間があるようです。

ただし、基本的には解約をすると今まで聴けていたものが聴けなくなってしまいますので、ご注意くださいね。

以下に、AppleMusicを解約すると使えなくなる機能と解約しても使える機能を表にまとめました。

解約後でも使える機能 解約後には使えない機能
  • 購入した音楽
  • ライブラリ追加
  • ラジオ
  • ステーション
  • ダウンロード
  • プレイリスト

このように、解約後でも使える機能は多少ありますが、使えなくなる機能の方が多くなります。

AppleMusicを解約・退会してしまうと、プレイリストに入っている曲は全て聴けなくなってしまうのでご注意ください。

解約すると使えなくなる機能

AppleMusicを解約すると使えない機能を、詳しく解説していきます。

  • ライブラリ追加
  • ラジオ
  • ステーション
  • ダウンロード機能

それでは、一つずつ確認していきましょう。

ライブラリ追加

AppleMusicを解約してしまうと、ライブラリに追加する機能が使えなくなります

ライブラリに音楽を追加することで、追加した音楽はインターネット接続を利用してストリーミングすることができます。

また、ライブラリに音楽を追加して曲やアルバムごとに分けることで、ダウンロードした曲が見つけやすくなりますが、解約してしまうとこれらの機能が利用できなくなってしまいます。

ラジオ

AppleMusic Radio

AppleMusicのRadioは、ラジオ番組が聴ける機能。

AppleMusicを解約・退会するとこちらの機能も利用できなくなります。

ステーション

AppleMusic ステーション

AppleMusicを解約してしまうとステーションも使えなくなります

ステーションとは、曲やアーティストを指定することで、それに似た曲をラジオのように自動で再生してくれる機能。

ステーションを作成することで、自分好みの音楽を止まることなく聴くことができる便利な機能なんです。

曲から作ったステーションは選んだ曲に似たテイストの曲が再生され、アーティストから作ったステーションはそのアーティストに似たテイストの曲が再生される仕組み。

こちらの機能も利用できなくなります。

ダウンロード機能

AppleMusic ダウンロード

AppleMusicを解約してしまうとダウンロード機能も使えなくなります

ダウンロード機能とは楽曲をダウンロードして、オフラインでも再生することができる機能。

楽曲はダウンロードしなくても聴くことができますが、ダウンロードをしてオフラインで曲を聴くことで通信量の節約になるおすすめの機能です。

解約しても使える機能

続いて、AppleMusicを解約しても使える機能はこちら。

  • 購入したダウンロード曲

詳しくご紹介しますね。

購入したダウンロード曲

AppleMusicの登録に関わらず、楽曲を購入してダウンロードしている場合もあると思います。

その場合、AppleMusuicの解約・退会に関係なく、別途購入した音楽は全て解約後でも聴くことができます

AppleMusic(アップルミュージック)の解約・退会方法!iPhoneやAndroidとauも

AppleMusicを解約する際、各スマホデバイス(iPhoneやandroid)、一部キャリア(au)で解約する方法や手順が異なります。

次章にてそれぞれの解約方法と退会の手順を実際の画像を用いて詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

iphoneでの解約・退会の手順

iPhoneでのAppleMusicの解約・退会手順は以下のとおりになります。

  • ホーム画面の「設定」から自分のユーザー名をタップ
  • 「サブスクリプション」または「iTunesとApp Store」をタップ
  • 退会したいサブスクリプションをタップ
  • 「サブスクリプションをキャンセルする」をタップ
  • 確認をタップして完了

それでは、手順に沿って解説していきます。

手順1:ホーム画面の「設定」から自分のユーザー名をタップ

設定をタップすると基本的に一番上に自分のユーザー名が表示されていますので、自分のユーザー名をタップしましょう。

手順2:「サブスクリプション」または「iTunesとApp Store」をタップ

ユーザー名をタップすると、すぐに見つけることができます。

ユーザー名をタップして画面が切り替わりましたら、「サブスクリプション」または「iTunesとApp Store」をタップしましょう。

手順3:退会したいサブスクリプションをタップ

先ほどの手順を進めると、自分が登録しているサブスクリプションが全て表示されます。

他にも登録しているサブスクリプションがある場合はそれらも表示されます。

今回はApple Musicをタップしましょう。

手順4:「サブスクリプションをキャンセルする」をタップ

下の方に、「サブスクリプションをキャンセルする」とう項目が表示されますので、タップしましょう。

手順5:確認をタップして完了

「サブスクリプションをキャンセルする」をタップし、その後「確認」をタップすると解約手続き完了となります。

登録していたプランからチェックが消えたら、サブスクリプションの解約が完了となります。

万が一消えていない場合はどこかの手順が間違っている場合がありますので、手順1からやり直してみてください。

Androidやタブレットでの解約・退会の手順

次に、Androidやタブレットでの解約・退会の手順を紹介します。

Androidやタブレットでの解約方法は以下のとおりになります。

【Androidの解約手順】

  • AppleMusic Appを開く
  • メニューボタンから「アカウント」をタップ
  • 「サブスクリプションを管理」から退会したいサブスクリプションを選択して完了

【タブレットの解約手順】

  • iPhoneやAndroidスマホの手順と同様

それでは、手順に沿って解説していきます。

手順1:AppleMusic Appを開く

ホーム画面からAppleMusicをタップしてAppleMusicを開きましょう。

手順2:メニューボタンから「アカウント」をタップ

AppleMusicを開きましたら、右上のメニューボタンから「アカウント」をタップします。

手順3:「サブスクリプションを管理」から退会したいサブスクリプションを選択して完了

「アカウント」→「サブスクリプションを管理」をタップし、AppleMusicを選択します。

その後「確認」をタップすると解約完了となります。

以上の手順通りに解約を済ませましたら、「アカウント」メニュ―内の「サブスクリプション管理」をタップすることで、解約できているかどうかが確認することができます。

 

タブレットの場合もiPhoneやAndroidスマホと手順は全く一緒です。

先ほど紹介した手順に沿って、解約手続きを進めましょう。

auでの解約・退会の手順

最後に、auでの解約・退会手順を紹介します。

auでの解約方法は以下のとおりになります。

  • My auにアクセス
  • 「AppleMusic」の「退会のお手続き」をタップ
  • 内容を確認し「同意して手続きに進む」をタップして完了

それでは、手順に沿って解説していきます。

手順1:My auにアクセス

My auにアクセスしましょう。

ブラウザからでも専用のアプリからでもどちらから開いても問題ありません。

手順2:「AppleMusic」の「退会お手続き」をタップ

「退会のお手続き」をタップして、AppleMusicの退会手続きを進めます。

手順3:内容を確認し、「同意して手続きに進む」をタップして完了

「同意して手続きに進む」をタップするとAppleMusicの退会手続き完了となります。

基本的に操作は単純なものになりますが、わからない場合はauのサポートセンターへ問い合わせしてみることをおすすめします。

AppleMusic(アップルミュージック)を解約・退会する際のQ&A

皆さんはAppleMusicを解約・退会する際に疑問に思う点をまとめて解決していきます。

以下項目に回答していきます。

・AppleMusicの3ヵ月無料(一般)は月末まで?

・AppleMusicで6ヶ月無料にならない理由は?

・AppleMusicの解約と登録ボタンがない!どこで操作できる?

・AppleMusicはauと二重契約できる?

それでは、一つずつ確認していきましょう。

Apple Musicの3ヶ月無料トライアル(一般)は月末まで?

AppleMusicの3ヵ月無料トライアル(一般)は月末までではありません。

登録から3ヵ月が無料となり、3か月目の月末まで無料というわけではありません。

例えば、1月2日に登録した場合4月1日までが無料で利用することができ、4月2日以降は自動的に有料プランとなります。

月末まで無料と勘違いしていると、月額料金が発生しますので注意が必要となります。

Apple Musicで6ヶ月無料にならない理由は?

AppleMusicの無料期間は基本的に3ヵ月となります。

しかし、auから契約した場合は最大6ヶ月無料でAppleMusicを利用することができます。

逆を言えば、auからの契約以外の方は6ヶ月無料ではなく、3ヵ月無料が適用されます。

また、再登録の場合は無料トライアルの対象外となりますので、注意が必要となります。

Apple Musicの解約と登録ボタンがない!どこで操作できる?

AppleMusicの登録はAppleMusicのアプリ画面上から登録することができます。

「今すぐ開始」をタップすると登録することができます。

AppleMusicを解約する場合は、使用している端末によっても異なります。

前述で詳しくご紹介していますので、参考にしてくださいね。

AppleMusicの解約方法

Apple Musicはauと二重契約になることはある?

結論から言うと、AppleMusicとauの二重契約になることはあります

間違えて二重に登録してしまうと、その分料金が2倍かかってしまいます。

ですが、後日、どちらかの解約の案内が届きますので、どちらかを解約してください。

無駄な費用や手間がかかってしまいますので、二重登録をはしないようご注意くださいね。

まとめ

こちらの記事では、AppleMusicの解約方法や、無料トライアルの退会のタイミング、解約したのに請求がきたのはなぜか、などAppleMusicの解約について解説してきました。

AppleMusicの解約ついて、要点を簡単にまとめますね。

  • AppleMusicは無料期間が終了しても自動的に解約されることはない
  • アプリのアンインストールや、サインアウトしただけでは解約したことにはならない
  • 再登録の場合、無料トライアルはどのプランでも適用外となる
  • ライブラリに保存している曲が消える
  • 契約者が解約すると、ファミリープランは全員が利用できなくなる
  • 別で音楽を購入している場合は消えない

また、解約のタイミングとしてはこちら。

会員区分 解約のタイミング
Apple Music有料会員 解約したい月の月末までに解約
Apple Music 3ヶ月無料トライアル 契約してから3ヶ月後の契約日前日までに解約(月末ではない)
Apple Music 6ヶ月無料期間(学生プラン) 契約してから6ヶ月後の月末までに解約
Apple Music 6ヶ月利用無料特典(au) 契約してから6ヶ月後の契約日前日(月末ではない)

同じ無料トライアルでも、契約日から数えて同日前日までの場合と、月末まで、の違いがありますのでご注意ください。

そして、解約してから使える機能と使えない機能はこちら。

解約後でも使える機能 解約後使えない機能
  • 購入した音楽
  • ライブラリ追加
  • ラジオ
  • ステーション
  • ダウンロード
  • プレイリスト

AppleMusicを解約してしまうと、ほぼ全ての機能が使えなくなります。

せっかく作ったプレイリストなども聴けなくなってしまいますので、解約の際にはご注意ください。

また、各デバイスの解約方法については

AppleMusic(アップルミュージック)の解約・退会方法!iPhoneやAndroidとauも

で詳しくご紹介していますので、参考にしてくださいね。

AppleMusicは3ヶ月無料トライアルがあり、お試しで利用するにはとてもおすすめの音楽配信サービスです。

解約方法もとても簡単ですので、ぜひ一度無料トライアルを試してみてください。

AppleMusicの詳しい使い方についてはこちら

その他、おすすめ音楽アプリについてはこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる