【2022最新】調剤薬局事務資格の難易度は?どの資格がおすすめかも解説!

本ページはプロモーションが含まれています

「調剤薬局事務資格の難易度はどれくらい?」

「難易度に関わらず、どのくらい勉強時間を確保する必要があるの?」

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

調剤薬局事務資格は近年女性を中心に人気の資格となっており、社会情勢に左右されずに一定のニーズがあります。

今回は調剤薬局事務資格の難易度や合格率、資格の種類、資格の選び方などについて詳しく紹介していきます。

結論から言うと、調剤薬局事務は資格の種類にもよりますがそこまで難易度が高い資格ではないので、調剤薬局事務の通信講座でサクッと資格を取ってしまうのが一番手っ取り早いです!

これから調剤薬局事務資格の取得を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

調剤薬局事務の難易度や合格率を徹底解説

まずは、調剤薬局事務の難易度や合格率について詳しく紹介していきます。

調剤薬局事務はどんな資格?調剤事務管理士との違いは?

調剤薬局事務資格は、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)によって認定される資格で、次のような知識を備えていることを証明するものです。

  • 薬に関する基礎知識
  • 処方に関する基礎知識
  • 医療保険制度
  • 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則に関する専門知識
  • レセプト作成

また、調剤薬局事務資格は受験資格がないため、JADPの認定教育期間のカリキュラムを修了すれば誰でも試験を受けることができ、難易度は高くありません。

在宅で試験を受けることもできるため、忙しい人や試験会場まで行くのが大変な人でも、難易度に関わらず資格取得を目指せます。

調剤薬局事務の資格別難易度と合格率

調剤薬局事務の資格別の難易度と合格率は次のようになります。

難易度・合格率 資格試験
難易度が高く合格率も低い 調剤報酬請求事務1級
調剤報酬請求事務2級
難易度も合格率も標準的 調剤事務管理士
調剤事務実務士
調剤報酬請求事務3級
難易度が低く合格率も高い 調剤報酬事務技能認定
調剤薬局事務検定試験
医療保険調剤報酬事務士
調剤薬局事務資格

このように、調剤薬局事務の資格試験は難易度がそこまで高いものはなく、比較的簡単なものが多いと言えるでしょう。

合格率はおよそ60%ほどと言われており、他の資格を比べると難易度は低く、合格率が高いです。

また、調剤薬局事務の資格取得には次の基準を満たす必要があります。

  • 学科試験で100点中70点以上
  • 実技試験において各問題50%以上の正答率かつ全体の70%以上の正答率

また、調剤薬局事務の試験は1年で6回実施されるため、試験の調整がしやすく、試験に落ちたとしても再度試験に挑戦することも可能なので難易度は低いでしょう。

調剤薬局事務は国家資格?

調剤薬局事務の資格には公的なものはなく、全て民間の認定試験になります。

登録販売者は国家資格で資格を取得していないと登録販売者として働くことはできませんが、調剤薬局事務は資格を持っていなくても調剤薬局事務として働くことは可能です。

そのため、国家資格と比較すると難易度はそこまで高くないと言えるでしょう。

また、調剤薬局事務は特に登録や申請などの必要がないため、採用されたら資格の有無は関係ありません。

調剤薬局事務資格の取り方・受験資格は?

調剤薬局事務の資格は、受験資格がないものと必要なものの2つの種類があります。

次の3つの資格試験は受験資格がなく、難易度は比較的低めで、誰でも受験することができます。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤報酬請求事務専門士
  • 調剤事務実務士

次の4つの資格は難易度が高く、特定の講座を受講しなければ受験資格を得ることはできません。

  • 調剤報酬事務技能認定
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 医療保険調剤報酬事務士
  • 調剤薬局事務資格

この中でも医療保険調剤報酬事務士は難易度が高く、受講した講座のテストを3回ほど合格する必要があります。

調剤薬局事務は独学でも合格できる?

調剤薬局事務の難易度は高くないので、独学でも合格することはできます。

ただし、先ほど紹介した以下の3つの資格は特定のコースを修了する必要があるため、難易度が高く、独学では難しいと言えるでしょう。

調剤報酬事務技能認定 日本医療財団が指定するカリキュラムの受講・修了
調剤薬局事務検定試験 通信コースまたは通学コースの講座の受講・修了
調剤薬局事務資格 医療保険学院の講座の受講と中間テストの合格

調剤薬局事務の資格はどれがいい?難易度と人気ランキング!

続いて、調剤薬局事務の資格を人気ランキング順に紹介していきます。

まずは各資格一覧と難易度ランキングを表で紹介しますので、参考にしてください。

資格 難易度
調剤薬局事務検定試験 ★★★☆☆
調剤薬局事務資格 ★★★☆☆
調剤事務管理士 ★★★☆☆
調剤報酬請求事務技能認定 ★★★☆☆
調剤事務実務士 ★★☆☆☆
医療保険調剤報酬事務士 ★★☆☆☆
調剤報酬請求事務専門士 ★★☆☆☆
登録販売者 ★★☆☆☆

調剤薬局事務検定試験

調剤薬局事務検定試験は、調剤に関する報酬請求事務に必要な基礎的な知識が問われます。

調剤薬局事務検定試験は受験資格を得るために、日本医療事務協会の認定許可を得た講座を修了する必要があるため難易度は高く、独学では難しいでしょう。

また、調剤薬局事務検定試験は、算定についての基礎知識やレセプト作成の実技試験などもあります。

合格するための難易度は高くありませんが、独学ではなく通信講座等で勉強することをおすすめします。

合格するための難易度が高くない調剤薬局事務検定試験を受ける場合は、キャリカレを活用することをおすすめします。

\  自分のペースで学習するなら! /
キャリカレの調剤薬局事務講座

調剤薬局事務資格

調剤薬局事務は主に、レセコンへの入力業務、調剤報酬の請求、会計業務、薬剤師のサポート、医薬品の発注・点検・入庫などが主な仕事内容となります。

調剤薬局事務資格では、調剤報酬の算定に関わる基礎知識や調剤報酬の算定・明細書作成などの学科・実技が受験科目と内容になり、マークシート方式で出題されるため、難易度は低めです。

調剤薬局事務資格の合格率は90%前後と非常に高く、学科・実技ともに正答率を6割以上にすれば合格することができるので、難易度は低めです。

2018年から始まった比較的新しい資格試験ではありますが、会場受験、自宅受験ともにテキストや問題集などの教材持ち込みが可能なため、丸暗記の必要がない点も特徴なので、難易度は低いと言えるでしょう。

調剤事務管理士

調剤事務管理士は技能認定振興協会が開催している試験です。

基本的に調剤の仕組みや調剤報酬を算出して請求することなどの薬局運営をサポートできるような知識が求められます。

法律や規制に関する知識も問われるため、勉強時間をある程度確保する必要がありますが、学科試験は4つの選択肢のうち1つを回答するマークシート方式を採用しているため、難易度は高くありません。

難易度がさほど高くない調剤事務管理士の資格試験に挑む場合は、ユーキャンの通信講座で学ぶことをおすすめします。

\  コストを抑えるなら! /
ユーキャンの調剤薬局事務講座

調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬請求事務技能認定は、一般財団法人 日本医療教育財団が主催する試験です。

調剤報酬請求事務技能認定は医療保険制度、高齢者医療制度、公費負担医療制度、医事法規一般、薬学一般、保険薬局業務などが問われる試験内容になります。

主な仕事は請求事務処理技能とレセプトの作成、コンピューター入力・操作などの薬剤師のサポートや受付業務です。

調剤報酬請求事務技能認定の受験資格はないため、独学で挑戦することは可能ですし、難易度もそこまで高くはありません。

調剤事務実務士

調剤事務実務士は、主に調剤に関する報酬請求事務で活躍できる知識を有することを客観的に証明できる資格です。

調剤事務実務士は調剤事務管理士と同様に独学でも受験することは可能ですが、調剤情報実務能力認定試験に合格することが必要になるため、難易度は高めです。

調剤事務実務士では、次のような知識が問われます。

  • 薬学・医療保険制度・点数算定・接遇マナーに関する知識
  • 一般、後期高齢者、小児、在宅、特定疾患の5タイプの処方せんから3つを選択し、レセプトの作成を要請する

合格率は60%前後で難易度は若干高めですが、着実に勉強していけば合格できる可能性が高い試験と言えるでしょう。

医療保険調剤報酬事務士

医療保険調剤報酬事務士は主に調剤薬局で必要になる事務処理能力や保険証の確認やデータ入力、会計、レセプト処理などが求められます。

受講者は医療保険学院の医療保険調剤事務教育講座を受講して、中間テストに合格する必要があります。

また、医療保険調剤報酬事務士の試験に合格するためには、次の2つの試験に合格する必要があるので、合格までの難易度は高めです。

  • 医療保険制度や保険請求業務に関する基礎知識を問う学科試験
  • レセプトの点検・作成技能を試す実技試験

ただし、他の試験と比べると合格率が非常に高く、ほぼ100%となっていることから難易度は低めで、合格しやすい試験と言えるでしょう。

難易度がさほど高くない医療保険調剤報酬事務士は、たのまなの通信講座を活用することをおすすめします。

\  就業サポートも充実! /
たのまなの調剤薬局事務講座

調剤報酬請求事務専門士

調剤報酬請求事務専門士は、調剤薬局で保険請求分のレセプトを正確に算定して、顧客に対してレセプトの説明を行えることを客観的に証明できる資格です。

調剤報酬請求事務専門士は独学で試験に挑むことはできますが、一番難易度が低い3級でも合格率は50%~60%、1級になるとおよそ20%前後となるため、効率良く勉強するためにも通信講座を活用することをおすすめします。

難易度が高めの調剤報酬請求事務専門士におすすめな通信講座は、ニチイです。

\  即戦力を目指すなら! /
ニチイの調剤薬局事務講座

登録販売者

登録販売者は次の5つの項目が出題範囲となります。

  • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  • 人体の働きと医薬品
  • 主な医薬品とその作用
  • 薬事関連法規・制度
  • 医薬品の適正使用・安全対策

試験は厚生労働省が公開している「試験問題の作成に関する手続き」から出題されます。

登録販売者は扱える医薬品に制限がありますが、第一類医薬品や要指導医薬品に関する知識も必要になるため、他の試験よりも難易度が高く、出題範囲が広くなりがちな点も特徴です。

合格率は40%~50%ほどと言われており難易度は若干高めですが、薬剤師と比べると資格取得のハードルが低い試験とも言えます。

調剤薬局事務の資格はいらない?資格の選び方

続いて、調剤薬局事務の資格の選び方について紹介していきます。

目的や難易度に合わせて資格を選ぶ

調剤薬局事務は、薬剤師や登録販売者のように国家資格が必要な仕事ではありませんし、難易度も国家資格と比較すると高くはありません。

そのため、どの資格を選べばいいか悩んでしまう人も多いですが、資格を選ぶ時は難易度だけでなく、自身の目的に合わせて選ぶようにしましょう。

例えば、人気の資格を選びたい人は調剤事務管理士、スキルアップが目的なら調剤報酬請求事務専門士、合格率が高い資格を探している人は調剤薬局事務検定、最短で資格取得したい人は調剤事務認定事務者がおすすめです。

調剤薬局事務は実際の業務に必要な知識とスキルの取得を目的にしているため、難易度だけで選ぶのではなく、自分が何を重視したいのか、目的を明確にしたうえで決めると良いでしょう。

就職・転職に活かせるかどうか

資格の難易度に関わらず、就職・転職に活かせるかどうかも重要なポイントです。

資格の中には履歴書に記載してもそこまで意味を持たないものも存在します。

そのため、就職・転職に活かしたい場合は、難易度が低く、誰でも取得できるような資格を取得してもあまり意味がありません。

多少難易度が高くても、就職・転職に活かすことができるか、意味のある資格取得かどうかを考えてから選ぶようにしてください。

勉強する時間がないけど、何かしらの資格を取得したいと考えている場合は、難易度が低く、合格率が高い資格に挑戦しても問題ありません

調剤薬局事務は独学で合格できる難易度?

結論から言うと、調剤薬局事務の難易度は高くなく、独学でも合格できる資格もあります。

まずは合格率を試験概要などを表にてまとめましたので、参考にしてください。

資格・試験名
(主催・認定団体)
合格率 試験概要 費用
調剤報酬請求事務専門士
(調剤報酬請求事務専門士検定協会)
1級:約20%
2級:約40%
3級:約50~60%
【受験資格】不問【日程】年2回(7月・12月)【場所】1級は全国6都市での会場受験のみ、2・3級は通信受験も可(NTT回線FAX使用) 【受験料(個人会場受験)】
1級:6,380円
2級:5,280円
3級:5,280円
※併願可能。通信受験は受験料が異なる
【講座】e-ラーニング講座(2ヵ月コース2,750円、6ヵ月コース7,920円)
※受講は必須ではない
調剤事務管理士(技能認定振興協会) 約60% 【受験資格】不問【日程】年6回(奇数月)
【会場】現在は在宅受験のみ
【受験料】6,500円
【講座】ソラスト(通信講座38,500~44,000円)
※受講は必須ではない
調剤事務認定実務者(全国医療福祉教育協会) 60~80% 【受験資格】不問【日程】毎月
【場所】
一般:自宅(郵送)
団体:認定機関(学校、スクール)
【受験料】一般:5,000円
団体(認定機関の通学受講生):4,500円
【講座】全国の認定機関により異なる
※受講は必須ではない
調剤報酬請求事務技能認定(日本医療教育財団) 約90% 【受験資格】講座を修了した者
【日程・会場】所定カリキュラムに適合する講座の修了試験に合格した人に対する認定のため記載なし
【認定料】3,000円
【講座】ニチイ(通信4ヵ月:36,667円、通学2ヵ月45,049円)※受講必須
調剤薬局事務検定(日本医療事務協会) 約90% 【受験資格】講座を修了した者
【日程】通学コース:年6回(奇数月)通信コース:毎月
【場所】通学コース:指定会場通信コース:自宅
【受験料】4,950円
【講座】日本医療事務協会(通信3ヵ月:32,780円、通学3日:41,800円)ユーキャン(通信39,000円)
※受講必須
医療保険調剤報酬事務士(医療保険学院) 非公開 【受験資格】指定講座の中間テストに合格した者
【日程】毎月
【場所】自宅(郵送)
【受験料】4,500円
【講座】医療保険学院(通信4ヵ月:36,000円)ヒューマンアカデミー(通信33,600円)

偏差値は42で比較的簡単な資格

調剤薬局事務は偏差値が42で比較的難易度が低い資格です。

公立大学の薬学部を目指すなら偏差値は60~67程度必要になりますが、調剤薬局事務はそこまで偏差値が高く難易度も低いため、比較的簡単に資格試験合格を目指せます。

最短3ヵ月でも合格可能

調剤薬局事務は最短3ヶ月でも合格することができます。

資格試験によっては試験範囲が広い場合もありますが、難易度はそこまで高くはないので、集中すれば3ヶ月の短期間で資格を取得できるため、就職や転職を有利に進めることのも期待ができます。

ただ、調剤薬局事務の独学は自分でテキストを選びスケジュールを組むところからのスタートになります。

なるべく時間をかけずに短期間で合格を目指すなら通信講座が断然おすすめです。

調剤薬局事務なら通信講座がおすすめ!

難易度に関わらず、調剤薬局事務を資格取得を目指すなら、独学でなく通信講座がおすすめです。

比較的難易度が低いものであっても、独学(市販のテキスト)よりも通信講座を活用することで勉強がしやすく、合格率アップも目指せます。

ここからは、通信講座のメリットデメリットと調剤薬局事務におすすめの通信講座について紹介していきます。

通信講座のメリットデメリット

通信講座とメリットとデメリットは次のようなものが挙げられます。

【通信講座のメリット】

  • スキマ時間や通勤・通学中に効率良く勉強できる
  • 難易度に関わらず、基礎から応用まで体系的に勉強できる
  • 何度も繰り返し復習ができる
  • サポート体制が充実している
  • 無理なく資格取得が目指せる

【通信講座のデメリット】

  • 費用がかかる
  • コミュニケーションが少ない
  • モチベーションの維持が難しいこともある

費用はかかってしまうものの、難易度に関わらず、効率良く学習を進めることができ、サポート体制も充実しているメリットを考えると、通信講座で勉強したほうが良いことが分かると思います。

おすすめの通信講座

おすすめの通信講座は次の3つです。

  • ユーキャン
  • キャリカレ
  • たのまな

それでは、それぞれの特徴や料金について詳しく紹介していきます。

ユーキャン

引用元:ユーキャン調剤薬局事務講座公式サイト

※表は横スクロールできます。

費用 3,300円×12回
カリキュラム 最短3ヶ月で資格取得が目指せ、万が一の不合格の時でも受講期間6か月以内であれば再受験が可能。

電話応対などの基本マナーや合格後の就活ノウハウもサポートも受けられる

合格率
教材の特徴
  • フルカラーで記憶に残りやすい
  • スマホでも学べる
  • ゲーム感覚で楽しく合格へ!
動画講義 ダウンロード可・倍速機能有
校舎
サポート
  • 1日3回までの質問サポート
  • 添削課題
返金制度など

ユーキャンの調剤薬局事務講座は必要な知識だけ絞り込んだ「フルカラーテキスト」になっています。

初めて学ぶ方のことを考えて制作されたテキストは、難易度が高いものでも勉強が負担にならないように、実際の現場や試験で必要な知識だけをわかりやすく、ぎゅっと絞りこんでいるため初学者でも無理なく勉強できます。

インプットに使うテキスト2冊はフルカラーで見慣れない薬の分類なども色分けされているので、記憶に残りやすくなっています。

また、「カラーテキスト」はコンパクトなA5サイズ。片手でも持て、さっと取り出して勉強できる点も特徴です。

実務に役立つ「実技問題対策テキスト」や着実なレベルアップにつながる「添削サポート」なども充実しているため、難易度が高いものでも自分の理解度をチェックしつつ、苦手分野を克服するためにも活用できる通信講座です。

分割であれば月々3,300円と比較的安価な料金設定となっているため、コストを抑えて通信講座を利用したい人にもおすすめです。

\コストを抑えて合格を目指すなら!/

キャリカレ

引用元:キャリカレ調剤薬局事務講座公式サイト

費用 1,270円×24回
カリキュラム 最短1ヶ月で資格取得も目指せる

短期速習を実現する充実の教材セット

テキストを見ながら学習できる在宅受験

合格率
教材の特徴
  • 万全のサポート体制
  • 要点をコンパクトにまとめたサブテキスト
  • 専用アプリで便利に学習
動画講義 倍速機能有
校舎
サポート
  • 無制限で質問可能
  • 受講者用のページで最新情報の配信有
  • 学習相談有
返金制度など
  • 不合格時に全額返金保証制度有
  • 合格者には2講座目を無料サービス

キャリカレの調剤薬局事務講座は最短1ヶ月での資格取得が可能で、働きながらはもちろん学生や主婦の方でも効率良く勉強することができます。

テキストは2冊のみで、難易度が高く理解しにくい部分は、テキストと連動した映像講義で確認。講師の解説を聞いて納得しながら学べます。

また、受講開始から合格後の就・転職まで、一人ひとりに寄り添い質問・相談に応じてくれるサポート体制も最長12か月続くため、難易度に関わらず自分のペースで学習したい方にもおすすめの通信講座です。

毎日使えて便利な「文具セット」、集中力アップやリラックス効果がある「アロマキャンドル」、気分転換や運動不足解消に役立つ「ヨガDVD」などの得点も充実しているため、毎日楽しく学習を進めることも可能です。

\最短1ヵ月で合格を目指すなら!/

たのまな

引用元:たのまな調剤薬局事務講座公式サイト

費用 総額34,923円
カリキュラム 調剤薬局事務 合格・就職サポートナビDVD

教材テキスト「調剤報酬事務教育講座(基礎編)」

教材テキスト「調剤報酬事務教育講座(実習編)」

合格率
教材の特徴
  • ゼロから分かる!調剤薬局事務、調剤薬局事務の基礎知識
  • ゼロから分かる!調剤薬局事務 お仕事編
動画講義
校舎
サポート
  • 就職相談
  • 求人紹介
  • 職場見学
返金制度など

たのまなの調剤薬局事務講座は、学習期間最短2か月で合格を目指すことができ、ニーズが高い調剤事務スタッフの就職に有利な資格を取得できます。

サポート期間内に受講し、「受講修了」もしくは「合格」しない場合、「無料でサポート期間を延長」してくれるため、難易度の高めの資格や初学者でも安心です。

また、分厚いテキストをバラバラ並べて学習するのではなく、重要ポイントを分かりやすく解説した「たった2冊のテキスト」で学んでいくので、「教材がたくさんあってどこから手をつけていけばいいかわからない!」「難易度が高く難しい!」という不安や悩みを抱えることもありません。

ただ資格取得に向けての勉強ができるだけでなく、就職相談、求人紹介、職場見学などの就業サポートも充実しているため、就職や転職活動にも有効です。

\手厚いサポートが嬉しい!/

まとめ

今回は調剤薬局事務資格の難易度や合格率、資格の種類、資格の選び方などについて詳しく紹介してきました。

調剤薬局事務の試験の難易度は高めであっても、独学で十分に合格できる可能性は高いですが、合格率を上げるなら調剤薬局事務の通信講座で学習を進めることをおすすめします。

最初に費用がかかってしまうものの、難易度が高い資格を独学で勉強し、何度も受験料を支払って試験に挑戦すると、結果的に通信講座の方が安く済む場合もあります。

料金は一番の懸念点だとは思いますが、効率良く勉強し、難易度に振り回されることなく合格率が挙げられる勉強方法を実施することで、就職や転職に有利に進めましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる