白湯を電子レンジで作るのはダメ?鍋で作った時と効果に違いがあるのか

この記事でわかる事
  • ミネラルウォーターで作れば白湯を電子レンジで作っても効果は変わらない
  • レンジとウォーターサーバーでの白湯の作り方
  • 白湯の効果(レモン白湯の作り方も)
  • ウォーターサーバーなら簡単に白湯を作れる

白湯は健康や美容に良いと昔から飲用されている飲み物です。

最近は健康や美容だけでなくダイエットの為に白湯を飲み始めた人が増えてきました。

しかし白湯を作るにはやかんや鍋で水を沸騰させてから適温に冷めるまで待つ必要があるので、電子レンジで手軽に作れないかと気になっている人はたくさんいます。

そんな人たちの為に、電子レンジで白湯を作った時の味の違いや効果や作り方について調べてみます。

 

\白湯を簡単に作れるウォーターサーバー!/

目次

白湯を電子レンジで作ったらダメ?効果はなくならないのか

白湯の作り方として一般的なのは、鍋ややかんで水を沸騰させて冷ます方法です。

  • 電子レンジで作ってはダメなのか?
  • 白湯を電子レンジで作った場合は効果に違いはあるのか?

みなさんの気になる疑問に答えていきたいと思います。

電子レンジでも効果あり!温めてもミネラル成分がなくなる事はない

  • ミネラルウォーターで作れば電子レンジを使用してもミネラルの成分は壊れない
  • 電子レンジで白湯を作ると時短になる

 

水を鍋ややかんで沸騰させるだけの白湯ですが、いちいち鍋ややかんを利用してお湯を沸かす事に抵抗を感じている人が多くいます。

結論から言うと、ミネラルウォーターなら電子レンジでも白湯が作れます。

ミネラルウォーターに含まれているカルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウムなどのミネラルは、温めてもその成分が壊れません

電子レンジで白湯を作ってもミネラルの大切な成分はきちんと体の中に取り入れる事ができます。

 

電子レンジで白湯を作ると時間に余裕が生まれるので白湯を朝飲む習慣を作る事ができるメリットがあります。

白湯の効果を一番発揮させる一番のタイミングは朝起きてから15分の間に飲む事です。

電子レンジなら15分の間に飲む事が可能になります。

そして白湯には体の内部を温める効果があります。代謝をあげてダイエットや冷え性改善に繋がり、胃腸にストレスがかからないというメリットもあります

白湯を鍋じゃなくレンジで作るなら

白湯はレンジで手軽に作れる事がわかりましたが注意しなければならない事があります。

鍋やヤカンを使うときは水道水でも大丈夫なのですが、電子レンジで白湯を作る場合は水道水を利用する事は避けて下さい。

鍋なら水道水で作ってもOK!レンジはミネラルウォーターじゃないとNG!

鍋やかん レンジ
水道水
浄水器
ミネラルウォーター
時間 10分から15分 1分から2分

水道水を電子レンジでチンしたお湯は美味しく感じないと言われています。

水道水は飲料水として利用できる清潔な水なのですが、水道水の中に含まれる塩素が独特なカルキ臭さの原因となっています。

水道水の消毒の為に必ず塩素が使用されています。

その塩素を取り除かないとカルキ臭さがのこり美味しい白湯に繋がりなりません。

 

鍋ややかんで白湯を作る時は水道水をしっかりと10分~15分程度加熱するようにします。

沸騰を続けることで塩素を取り除く事ができてカルキ臭はなくなります。

 

しかし、電子レンジでは水道水から塩素を取り除く事ができません。

電子レンジではやかんや鍋のように水をブクブクと沸騰させることができないために十分に加熱できなないのでカルキ抜きが出来ません。

白湯を電子レンジで作る場合は水道水ではなくミネラルウォーターがオススメです。

カルキ抜きの機能のある浄水器を通した水でもOKです。

電子レンジでの白湯の作り方。500W・600W・700Wの場合

〈レンジでの白湯の作り方〉

  1. 150ml~200mlの水をコップやマグカップに入れる
  2. 電子レンジでチンをする。
  3. 取り出して50度くらいに冷まします。

 

マグカップやコップが人肌程度に温まるくらいが50度の目安です。

ただ、レンジのワット数で温める時間が違ってくるので覚えておいた方が良いと思います。

あくまでも目安なので水の様子をみながら温めて行きます。

◎500Wで2分
◎600Wで1分30秒
◎700Wで1分

電子レンジで温めた際は「突沸」に注意!

電子レンジで液体を温めた時に、突沸という危険な現象が起きてしまう時があるので注意しなければなりません。

沸点を超えているのにプクプクという沸騰が起きないために、過加熱状態になっている状態です。

突沸とは過加熱状態の液体が、衝撃を受けることによって勢いよく飛び出してしまうことをいいます。

鍋ややかんでお湯を沸かすとボコボコと沸騰しているのが目や音でわかりますが、電子レンジでは鍋ややかんのようにお湯はボコボコと沸騰しません。

電子レンジは急激に熱くなるのではなく静かに加熱していくので沸点を超えても沸騰が起きません。

 

この時に、マグカップやコップをレンジから出そうとして揺らしてしまうと衝撃を受けて「突沸」が起こってしまいます。

高温の液体が周囲に飛び散って大やけどをしてしまう恐れがあります。

自分が使用しているレンジのワット数を確認して加熱しすぎに注意しなければなりません。

電子レンジで作る時はラップをした方がいい?

ラップはしないでいい

普段電子レンジで物を温める時はラップをかける時がありますが、白湯の場合はラップをかける必要はありません。

しかし、危険な突沸現象防止の為に、両端を開けてマグカップやコップにラップをかけて温めても大丈夫です。

レモン白湯もレンジで作れる!

白湯は水を温めるだけなので味がありません。レモンなどを入れるレモン白湯も電子レンジで簡単に作れます。

レモン白湯は、冷えや便秘やむくみを解消してくれて体が軽くなると話題になっています。

<レモン白湯の効果>

①便秘解消

白湯は朝飲むだけで胃腸がじんわり温まり水分も補給されるので腸のぜん動運動を改善します。

レモンを加えることでクエン酸や食物繊維が腸に働きかけてスムーズに排出を即してくれて便秘の解消になります。

②冷え性改善

レモンに含まれるクエン酸が、代謝を上げてくれるので体温の上昇に期待できます。

身体の隅々まで血流が回るので芯からポカポカと温まります。

③美肌効果

レモンといえはビタミンCを思い浮かべる人が多いと思います。ビタミンCは肌にいいです。

また、血流がよくなるとデトックス効果が高まり肌のターンオーバーが整いやすくなるので肌トラブルの解消になります。

➃むくみ対策

カリウムはむくみに役に立ちます。

また、ポリフェノールは余分な脂肪の蓄積を抑えてくれます。

さまざまなメリットがあるのでレモン白湯は多くの人が活用しています。

朝8時から12時の間に飲むのが良いと言われていますが、レモン白湯のデトックス効果を期待するなら朝食前の目覚めの1杯が特におススメです。

レモン白湯の作り方

  1. コップ1杯150~200mlの白湯を作ります
  2. 白湯に1/2~1/4のくし切りレモンを搾ります。
  3. 皮もコップに入れたら完成です

「レモンを常備できない」「毎回レモンを買うのは面倒」という人がいると思いますが、生レモンでなくとも市販レモン果汁や冷凍レモンなどを使用しても大丈夫です。

手軽にレモン白湯を作ることが可能です。

たた、ピタミンCは肌に良いのですが日に当たる直前にピタミンCを摂取すると日焼けを促進してしまうとも言われています。

気になる人は、レモン白湯を朝に摂るのではなく夕方帰宅してから飲むようにしましょう。

毎日同じ味で飽きてきたら、レモンの代わりに生姜やはちみつやオリーブオイルなどでアレンジしても美味しいです。

 

白湯の作り方や効果についての詳しい記事はこちらです。

 

白湯ダイエットの効果についての詳しい記事はこちらです。

白湯をレンジよりも手軽に飲むなら

白湯を作る方法は鍋ややかんで沸騰させたお湯を冷まして、50度になるまで待つ方法とミネラルウォーターを電子レンジで温めて適温にする2つの方法があります。

やかんや鍋を使うより電子レンジの方が少しは楽ですが、それよりも楽な方法がウォーターサーバーを利用する事です。

ウォーターサーバーなら時短で白湯を飲むことが出来る!


引用元:プレミアムウォーター公式サイト

<ウォーターサーバーで白湯を作る方法>

  1. コップやマグカップに、ウォーターサーバーのお湯を注ぐ
  2. ①に冷水を加える
  3. お湯と冷水を混ぜて、白湯に適した温度に調整するだけで完成です。

 

※温水をコップに入れてそのまま放置して適温まで下げる方法もあります。

ウォーターサーバーの水には塩素が含まれていないので、コップやマグカップにお湯を注いで適温に冷ませば白湯の出来上がりです。

コップやマグカップに注いたお湯と冷水を混ぜるだけです。

電子レンジは使用する時間を気にしなければなりませんが、ウォーターサーバーは時間の気を使わなくても白湯を作ることができます。

ウォーターサーバーの温水は通常80℃に設定されているのがほとんどです。

温水と冷水の割合を2:1にすると50度前後の適温になります。

 

白湯を飲むのは朝がおすすめですが、習慣をつけるには白湯を手軽に作れる事が重要になってきます。

「白湯を作る時間がない」と思っている人が手軽に白湯を作るのにピッタリなのがウォーターサーバーです。

 

ウォーターサーバーがあれば時短になるだけではなく、ガス代や水の無駄も無くなります。

そんな便利なウォーターサーバーですが、白湯を作るのにおすすめなのはプレミアムウォーターです。

おすすめのウォーターサーバー「プレミアムウォーター」とは?

おすすめポイント
  • ウォーターサーバーのシェアナンバー1
  • 料金が安い
  • デザイン重視でスリムでオシャレ
  • サーバーの種類が豊富
  • 非加熱100%の水が飲める!
  • ワンウェイボトル方式で衛生的
  • 軟水なので赤ちゃんも飲める

プレミアムウォーターはウォーターサーバーの中でシェアナンバー1!

価格も安く、非常に評価が高いサーバーです。

 

そして重要なポイントとしては、おいしい水を追求するために非加熱処理の天然水(ナチュラルミネラルウォーター)を採用している事です。

非加熱処理だと水質の高さやおいしさの目安となる「溶存酸素」が減少しないので、天然水本来のまろやかな口当たりになって美味しい水になります。

白湯の味もまた一段と美味しく感じられますね。

口コミからわかるプレミアムウォーターのメリット

女性のアイコン画像女性
ボタンひとつで冷たい水、または温かいお湯が出るところ。夜中に赤ちゃんのミルクを作るのに、いちいちケトルでおゆを沸かさなくてもいいし、保温状態に保つ必要もないので便利です。欲しい時に欲しい分だけ、使えるところに魅力を感じてウォーターサーバーを契約しました。 これからの暑い時期、冷たい水が飲みたい時もボタンひとつで出てくるので重宝しています。氷を入れた水だと冷たすぎて頭が痛くなることもあるので。 もう一つは、見た目がスタイリッシュでかっこいいこと。リビングにウォーターサーバーがあると、何となくおしゃれな家の住人の気分に浸れます。遊びに来た友人からも、ウォーターサーバー家にあるの?!と驚かれると嬉しくなります。
女性のアイコン画像女性
すぐに冷たいお水や温かいお湯が使えるのはとても便利です。味も飲みやすくとてもおいしいのがいいと思いました。我が家は小さい子供たちがたくさんいるので安心して飲めるのがとてもいいです。料理にも使えてとても便利です。現代は下の子がミルクを飲んでいるためお湯がそのまま使えるのでとても便利です。あと急な来客等の時にお茶を出したり冷たいお水を出したときとても迷惑に間寝ます。インテリアとしてもおしゃれで良いと思いました。音もそこまでうるさくなく電気代もあまり気にせず使えるのが良いと思いました。メンテナンスもしっかりとしていただけます。お値段もリーズナブルでこれからもウォーターサーバーを使っていきたいと思います
男性のアイコン画像男性
見た目がスタイリッシュで、黒で統一されており部屋のインテリアとしてもお洒落で気に入っています。我が家は古民家の様な造りにしたので、この黒で統一されたデザインが部屋にマッチしておりとても気に入っています。このデザインで契約したと言っても良いと思います。 また、子供のミルクを作る為に契約したのですが、本体代は料金がかからず、頼んだお水の料金のみで利用できるのでそこも良かった点です。一回の注文で40Lのお水が届くので3人家族で2ヶ月ほど保ちます。なので、注文も2ヶ月に一度でいいので、お金もそんなにかからないです。 また、子供が間違って熱湯を出してしまわないようにチャイルドロックもしっかり付いているので、子供が火傷しないように安心して使えています。

プレミアムウォーターの口コミを見てみると、すぐに冷たい水とお湯がでてくるのが便利と思っている人が多くいます。

料金が安く、サーバー音も静かで電気代も気にならないと喜んでいる方も多いですね。

まとめ

今回の記事のポイント
  • 電子レンジで作っても成分が壊れる事がないので安心して白湯が作れる
  • 電子レンジで作る際は水道水ではなくミネラルウォーターがオススメ
  • ウォーターサーバーがあれば簡単に白湯が作れる

電子レンジで作る事で、より手軽に白湯を楽しめます。

また、レモン白湯もレンジやウォーターサーバーで簡単に作れるので明日からでも白湯を生活を始める事ができます。

白湯を飲む習慣をつけて、健康や美容に気をつけていきましょう。

プレミアムウォーターで簡単に白湯を作ろう


引用元:公式サイト

  • 業界シェアナンバー1のウォーターサーバー
  • すぐに白湯が作れる
  • 非加熱処理で美味しい白湯が飲める

    プレミアムウォーターがあれば白湯を早く作れるだけではなく、より快適な生活を送る事が出来ます。

    今ならWEB限定で新規お申し込みの方全員にQuoカード2,000円分をプレゼンのキャンペーン中なので、是非導入してみてはいかがでしょうか。

     

    \白湯を簡単に作れるウォーターサーバー!/

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる