【2022年最新】医療事務資格のおすすめ種類ランキング15選|難易度も一覧で紹介!

本ページはプロモーションが含まれています

医療事務は資格を保有しておくだけで就職や転職活動を有利に進められることから人気が高い資格となっています。

しかし、医療事務の資格は80種類以上あると言われており、難易度が低い資格や難易度が高い資格など様々です。

そこで今回は、医療事務資格のおすすめ種類ランキングと難易度を一覧で紹介していきます。

医療事務資格の勉強が初めての人でも取得しやすい難易度の資格もあるため、ぜひ参考にしてみてください。

医療事務の資格には沢山の種類がありますが、どの資格も医療事務試験の通信講座での勉強がおすすめですので、こちらも是非チェックしておいて下さい。

目次

医療事務の資格をとるならどれがいい?選び方のポイント

医療事務の資格と言っても、医療事務管理士や医療事務技能審査試験(メディカル クラーク(R))など、80種類以上の様々な種類があります。

医療事務の資格を取得する場合は、以下の3つのポイントを参考にして選びましょう。

①どの分野で仕事がしたいか
②就職に有利になるのか
③初心者や独学でもとれる難易度か

それでは詳しく解説していきます。

①どの分野で仕事がしたいか

医療事務が活躍できるのは病院・クリニック・歯科医院などがあり、それぞれの職場によっても仕事内容が異なります。

極端な話ですが、歯科の医療事務を目指しているのに医科の分野の医療事務資格を取得してもあまり意味がありません。

あなたがどの職場で働くかによっても適切な資格が異なるため、自分の働きたい職場に合った分野の資格を取得しましょう!

②資格は意味ない?就職に有利になるのか

医療事務の仕事をするには資格は必須ではありません。

実際に医療事務の求人を見てみると、未経験可と書かれていることも少なくありません。

しかし、医療事務の資格を取得しても意味がないと言うことではなく、資格があることで就職や転職を有利に進めることができることは事実です。

医療事務の未経験でも、医療事務の資格を持っている人と持っていない人から同時に応募があった場合、やはり前者の方が有利になります。

③初心者や独学でもとれる難易度か

初心者や独学でも難易度の低い資格を選べば資格取得は難しくありません。

難易度は資格によっても大きく異なるため、難易度が高ければ高いほど、また確実に合格したいのであれば医療事務の通信講座の利用をおすすめします。

医療事務の資格おすすめランキング15種類

ここからは、医療事務の資格をおすすめランキングとして15種類紹介します。

まずはそれぞれ医療事務資格の難易度、・受験資格・仕事内容について表にてまとめました。

医療事務管理士 診療情報管理士 メディカルクラーク
(医療事務技能審査試験)
診療報酬請求事務能力認定試験 ドクターズクラーク 医療事務検定 医療英会話技能認定 医療管理秘書士 認定医師秘書 医事コンピュータ技能検定 ホスピタルコンシェルジュ 医療保険士 医事管理士 医療保険請求事務者 医療秘書
難易度
(合格率)
50% 54.6% 60% 30%~40% 60% 80%~90% 合格率90% 80% 63.2%
(3級)
70%
(3級)
85%~95% 50%~60% 70%
種類 ▪会場試験
▪インターネット試験
▪会場試験
▪インターネット試験
▪在宅試験 ▪会場試験 ▪在宅試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪在宅試験 ▪会場試験 ▪在宅試験 ▪会場試験 ▪会場試験
受験資格
仕事分野 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪医科医療事務 ▪病院
▪医療機関
▪医科医療事務
▪歯科医療事務
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

医療事務資格の種類が分かったところで、各医療事務資格の難易度・仕事内容・年収・おすすめの取り方などを見ていきましょう!

各医療事務の受験資格についても紹介していきます。

医療事務管理士

医療事務管理士は技能認定振興協会が主催しており、日本で最初の医療事務の資格として幅広い医療機関に認知されている資格です。

医療事務全般の能力を評価するために始まった資格で、難易度もそこまで高くなく認知度も高い資格ということから、医療事務関係に就職する際に一番初めにとっておく人が多い資格でもあります。

また、医療事務管理士はこれから医療事務に就職する際に身に付けておくべき知識やスキルを問われるため、これから医療事務を目指す人にはおすすめの資格です。

資格名 難易度
種類 受験資格 仕事分野
医療事務管理士 合格率
50%
▪会場試験
▪インターネット試験
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

試験の難易度

医療事務管理士の試験は医科と歯科の分野に分けられており、それぞれで学科試験と実技試験が行われます。

合格得点の基準は70%以上で、実技試験問題とレセプト作成問題の計2問それぞれで50%以上が必要になります。

試験を実施する時期によっても異なりますが、合格率は50%と医療事務の資格の中でも比較的難易度が易しい試験となっています。

仕事内容と年収

医療事務管理士は主に診察の受付や患者のカルテ管理、会計、診察料の請求などの様々な業務を請け負います。

患者に対する対応能力はもちろんですが、患者のカルテの内容をしっかり理解し、適切な治療費を計算するスキルなども必要です。

厚生労働省によると医療事務管理士の年収は平均320~360万円となっています。

しかし、医療事務管理士は働く場所が国公立と民間の医療機関でも年収が異なります。

おすすめの取り方

医療事務管理士の資格を取得するためのおすすめはソラストの通信講座です。

ソラストの通信講座は技能認定振興協会「医療事務管理士®」対応講座となっており、手書きレセプト作成を学び、正しい請求知識をしっかり身につけられます。

始めて学習する人にも分かりやすい丁寧なテキストになっており、レセプトを効率よく作成するための「サポートブック」も充実しています。

このサポートブックは、学習だけでなく試験時や就業後でも活用可能となっています。

診療情報管理士

診療情報管理士は一般社団法人 日本病院会が主催している資格です。

医療機関には様々なデータが集まっていますが、そのデータを適切なタイミングでデータを取り出すために、診療情報管理士の需要が高まっています。

資格試験は年1回、2月中旬に実施されています。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
診療情報管理士 合格率
54.6%
▪会場試験
▪インターネット試験
▪医科医療事務

【診療情報管理士の受験資格について】

一般の受講資格(基礎課程から受講) 原則として2年制以上の短期大学または専門学校卒以上の学歴を有する者。

ただし、現在、病院に勤務している者は、当分の間、高卒者でもよい。

専門課程への編入資格 医師、歯科医師、看護師(保健師、助産師)※、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、歯科衛生士、歯科技工士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師のいずれかの日本国の免許を有する者。

※准看護師を除く

試験の難易度

難易度は開催時期によっても多少前後しますが、診療情報管理士の合格率は試験の約54.6%前後となり、比較的取得しやすくなります。

合格に必要な具体的な点数は公表されていませんが、試験内容のうち基礎・専門の分野で60%以上が合格できる目安とされています。

しかし診療情報管理士の試験を受けるためには、受験資格のうちのいずれかを満たす必要があります。

受験資格を満たしていない人は診療情報管理士の資格を取得することはできませんので注意が必要です。

仕事内容と年収

診療情報管理士は患者の診察情報や健康に関する情報などの各種データを収集・分析する専門職です。

患者一人一人のデータを適切なタイミング収集・分析する必要があり、医療機関の中でも重要な役割を果たします。

診療情報管理士の年収は約340~360万円とされています。

もちろん勤務場所によっても多少前後しますが、他の医療事務の職種と比べても平均的な年収と言えるでしょう。

おすすめの取り方

診療情報管理士の資格を取る際は、日本病院会の通信講座を利用することをおすすめします。

日本病院会では1972年以来診療情報管理に携わる人材の育成に尽力しています。

Web授業や練習問題、科目試験などが充実しており、短期間で医療事務資格の取得が目指せます。

メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)

メディカルクラークは日本医療教育財団が主催している資格で、医科と歯科に分かれています。

基本的に医療機関でも受付業務や診療報酬請求事務業務などの事務職としての能力が求められ、メディカルクラークの試験に合格すると「メディカルクラーク」という称号を獲得することができます。

メディカルクラーラクの資格試験は、医科は毎月開催されており、歯科は年に6回、奇数月に開催されています。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
メディカルクラーク
(医療事務技能審査試験)
合格率
60%
▪在宅試験 ▪病院
▪医療機関

試験の難易度

メディカルクラークに合格するためには学科と2つの実技試験でそれぞれ70%を超える必要があり、合格率は約60%前後です。

難易度はそこまで高くないため、これから医療機関で働こうと考えている学生にもおすすめの試験です。

また、メディカルクラークは受験資格がないため、誰でも資格に挑戦することができます。

試験範囲は医科と歯科でも異なりますが、基本的にどちらも学科試験と実技Ⅰ・実技Ⅱに分けられています。

仕事内容と年収

メディカルクラークの仕事内容は患者の入院手続きやカルテの入力、整理などをします。

主に医師の事務サポートが常務の中心となり、医療機関では受付業務を担当することが多く、来院した患者の入院手続きや診察料金の受け渡し、明細書(レセプト)の作成をメインに行うことが多いです。

メディカルクラークの年収は約200~350万円と言われています。

おすすめの取り方

メディカルクラークの資格に挑戦する際は、ニチイの通信講座を受講することをおすすめします。

ニチイのメディカルドクターズクラーク講座は現在受講料最大30%OFFキャンペーンを実施しており、お得にメディカルクラークの資格取得が目指せます。

医事教育45年以上のノウハウが満載のニチイの講座では、今まで75万人以上の修了生を排出している実績があります。

また、医事教育45年以上のノウハウがメディカルドクターズクラーク講座を修了すると、 「ドクターズクラーク®(医師事務作業補助)」と「メディカル クラーク® (医科・医療事務)」 のW資格の取得を目指せるとメリットがあります。

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験は日本医療保険事務協会が主催している資格で、医科と歯科に分かれています。

診療報酬請求事務を正確に行える人材を育成することから始まった試験で、レセプトの作成などを中心にした業務内容となっています。

年間の受講者数も1.3万人以上を超え、認知度も高い試験になっています。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
診療報酬請求事務能力認定試験 合格率
30%~40%
▪会場試験 ▪医科医療事務
▪歯科医療事務

試験の難易度

診療報酬請求事務能力認定試験の合格率は30%~40%と他の医療事務の資格と比べると難易度が高くなります。

診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務の知識やスキルを高い水準で証明する資格となっているため、医療事務の最高峰と言われています。

そのため、診療報酬請求事務能力認定試験に合格すると資格給として給与に還元されるため、取得しておけば自分の収入を増やすことも可能です。

仕事内容と年収

診療報酬請求事務は主に患者の診察内容をカルテにある診察情報から確認して、医療保険制度にのっとってレセプトの作成を行います。

また、作成したレセプト内容を点検して、間違いがあれば訂正する業務に携わることもあります。

診療報酬請求事務は年収250~300万円程度が相場ですが、就業場所によっても異なります。

おすすめの取り方

診療報酬請求事務能力認定試験に挑戦する際は、フォーサイトの通信講座を利用することをおすすめします。

フォーサイトの診療報酬請求事務能力認定試験(医科) は、講義動画・音声はもちろん、デジタルテキストもあるため隙間時間の勉強にもとても役立ちます。

その他、確認テストで知識がどれくらい定着しているのか確認でき足り、学習スケジュール管理など、eラーニングで学習することも可能です。

ドクターズクラーク

ドクターズクラークは医師事務作業補助技能認定試験とも言い、日本教育医療財団と全日本病院協会の共催で行われている試験です。

基本的に医療事務作業の補助役として業務をすることが置く、医師が実施する診断書や処方箋の作成などを行います。

試験は年6回、奇数月に実施されています。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
ドクターズクラーク 合格率
60%
▪在宅試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

【ドクターズクラークの受験資格について】

  1. 教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
  2. 医療機関等において医師事務作業補助職として6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験を有する者
  3. 認定委員会が前各号と同等と認める者

試験の難易度

ドクターズクラークの試験の難易度は合格率が60%ということもあり、医療事務資格の中でもそこまで難しくない資格と言えるでしょう。

合格基準は学科と実技の両方で50%以上の得点を出し、合計で70%以上の正解率を得る必要があります。

仕事内容と年収

ドクターズクラークは医師の事務的作業の負担を減らし、医師の指示のもと事務作業を代行して行う仕事です。

その他、患者に必要な処方箋や検査、診察記録の代行入力なども行います。

年収は150万円~300万円前後となり、一般的な医療事務の年収と比べるとやや低めです。

しかし、ドクターズクラークの仕事は正社員ではなくてもパートや非正規でも仕事ができることから、年収はそれほど気にならないとも言えます。

おすすめの取り方

ドクターズクラークの試験に挑戦する場合は、ニチイの通信講座で勉強することをおすすめします。

ニチイのメディカルドクターズクラーク講座は医師をサポートする事務のスペシャリストを目指す講座です。

医療事務を知り尽くしているニチイでは、経験豊富な講師陣が実践的な指導を行っています。

習得した知識はすぐに現場で活かせるので、スキルアップやキャリアアップにも最適です。

医療事務検定

医療事務検定は日本医療事務協会が主催する試験です。

受験資格等はなく、医療の基本的な知識と理解に基づく試験内容となっているため、医療事務の試験の中でも比較的難易度が低い試験です。

合格率も高く、就職を有利に進めることができるため、おすすめの医療事務資格の1つです。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医療事務検定 合格率
80%~90%
▪会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

試験の難易度

医療事務検定の合格率は他の医療事務の資格と比べて80%~90%と高く、紹介する医療事務の資格の中でも難易度が低い試験です。

特に受付業務やマナー・接遇などを知識が問われ、種類はマークシート形式の学科試験30問と、マークシート形式の実技試験(レセプト作成)から構成されています。

また、医療事務検定は電卓や参考書などを試験会場に持ち込みOKとされていますので、医療事務の知識やスキルがない人でも比較的挑戦しやすい資格です。

仕事内容と年収

医療事務は病院やクリニックなどで働く事務職を指すため受付からカルテ入力、データ出力、クラーク業務などの幅広い業務に携わります。

特に初めて医療機関で働く場合は病院やクリニックの受付業務を担当することが多く、初めて来院した患者の対応、診察券の発券、症状の簡単な確認などの作業を行います。

その他、電話対応や患者の次回来院予約、待合室の管理なども担当することになるでしょう。

医療事務検定を取得している人の中には、年収は300万円前後という人もいます。

おすすめの取り方

医療事務の資格を取るためには、大原の通信講座で学習することをおすすめします。

大原の通信講座はクリニックに就職する人や、総合病院・大学病院への就職を目指す人におすすめです。

Web通信とDVD通信があり、好きな方を選択することができます。

テキストや問題集、過去問&対策問題集で医療事務の資格取得を目指せます。

医療英会話技能認定

医療英会話技能認定は日本医療教育財団が主催している資格で、医療機関での受付で外国人患者の対応をするために必要な知識が問われる試験です。

 

近年外国人観光客や在留外国人が増えている影響で医療英会話技能認定を持つ人材の需要は高まっています。

基本的な英会話スキルだけではなく、医療英単語などのスキルも求められます。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医療英会話技能認定 ▪会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

【医療英会話技能認定の受験資格について】

教育ガイドラインに基づいたカリキュラムを受けて技能を習得すること

試験の難易度

医療英会話技能認定の難易度に関する明確な記載はありません。

合格基準は70%ということもあり、高難易度の医療事務通資格と比べてそこまで難易度は高くない印象です。

ただ、実際の英会話能力のスキルも求められるため、ただ単語を暗記すれば良いというわけではありません。

実施試験は試験管の1対1のロールプレイング形式で行われ、実際に起きるであろう場面を想定して問題が出題されます。

仕事内容と年収

医療英会話技能認定の資格保有者や、主に医療機関の受付業務や外国人のタイプなどをします。

ただ外国人だけを相手にするだけではなく、日本人の患者を対応しつつ外国人の患者がきたら対応するイメージです。

年収は200万円~300万円前後となっており、非正規でも働くことができるため、出産や子育てで一度医療現場から離れた方でも働きやすい環境が整っています。

おすすめの取り方

医療英会話技能認定の資格合格を目指すなら、エスニコの通信講座で学習することをおすすめします。

エスニコの通信講座は2020年2月に日本医療教育財団より認定試験校の認可を受けています。

Zoomによるオンライン形式・『病院スタッフのためのシチュエーション英会話』などで学習できます。

医療管理秘書士

医療管理秘書士は病院やクリニックなどの医療機関に勤務して、医師や医療スタッフが診察を行えるように秘書業務を行う資格です。

特に医学や薬学の知識が求められ、業務の専門性が高いことを客観的に証明できるようになります。

ただ秘書業務を行うだけではなく、実際に医療機関で勤務して受付や接遇を行うこともあるため、同時に医療事務の知識を身に付けることもできます。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医療管理秘書士 合格率
90%
▪会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

【医療管理秘書士】

医療教育協会が指定した大学・短大・専門学校で協会指定の単位の取得

試験の難易度

医療管理秘書士の合格率は90%以上と、紹介する医療事務の資格の中でも難易度が低い資格です。

ただし、医療管理秘書士の試験を受ける場合は、医療教育協会が指定した大学・短大・専門学校で協会指定の単位を取得しなければいけませんので、一概に簡単な資格とは言えません。

医療管理秘書士に合格するためには、試験問題の60%以上に正解する必要があります。

仕事内容と年収

医療管理秘書士は主に医療機関で来院した患者の対応をしたり、会議などで使う資料を作成、スケジュール管理など、様々な業務に携わります。

そのため、医師個人の秘書になることもあれば、組織所属の秘書になることもあります。

基本的には医師や看護師が患者の治療に専念できるような環境を作る、裏方のような仕事が多いです。

医療秘書の年収は約320万円程度と言われています。

一般的なサラリーマンのようにボーナスも支給され、ボーナスの支給額は平均、給与の4か月分が多いようです。

おすすめの取り方

医療管理秘書士の資格に挑戦する際は、キャリカレで学習することをおすすめします。

キャリカレは最短3か月で医療秘書の資格取得が目指せる通信講座で、はじめて学ぶ方を対象とした分かりやすい教材とカリキュラムで学習できます。

さらに、専任講師と専任サポーターの手厚いサポートがあるため、初学者にもおすすめです。

認定医師秘書(医師事務作業補助者)

認定医師秘書は医師事務作業補助者とも言われています。

認定医師秘書は医療福祉情報実務能力協会が主催している試験で、医学や薬学、医療法規などの専門的スキルも問われる試験です。

近年では合格率も徐々に上がり、比較的取得しやすい試験になっていますが、専門的な知識やスキルが必要になることから、そう簡単にいかない試験でもあります。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
認定医師秘書 合格率
80%
会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

【認定医師秘書の受験資格について】

協会指定の教育機関で認定医師秘書資格講座を受講終了した者医療機関において医師事務作業補助職として6ヶ月以上(32時間以上の基礎講習・研修等を含む)の実務経験を有する者

試験の難易度

認定医師秘書は合格率80%ということもあり、医療事務の資格の中でも比較的挑戦しやすい資格です。

試験内容は学科試験と実技試験の2つの試験があり、学科試験では医療や薬学の基本的な情報やスキル、接遇マナーなどの内容が問われます。

一方で実技試験は実際に医療文書を作成します。

仕事内容と年収

認定医師秘書の仕事内容は主に通常の医療事務の業務内容とさほど変わりません。

ですが、医学や薬学などの専門的な知識が必要になる業務も多いです。

年収は320万円と、他の医療事務とあまり変わりません。

おすすめの取り方

認定医師秘書の取得を目指すなら、たのまなの通信講座で学習することをおすすめします。

たのまなの認定医師秘書口座は就職内定率97.7%を誇り、受講者は全員講師への質問や添削指導は無制限のサポートがついています。

他にも、通学さながらの講義DVDや、医療や看護のことがわかる副読本などで合格へと導いてくれます。

医事コンピュータ技能検定

医事コンピュータ技能検定は医療秘書教育全国協議会が主催しており、医療事務全般の知識やコンピューターの知識やスキルが問われます。

現在医療機関でも様々な場所でIT化が進められており、特にレセプトに関してはオンライン請求が求められることも多く、コンピュータースキルが必須である医療機関も少なくないです。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医事コンピュータ技能検定 合格率
63.2%
(3級)
▪会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

【医事コンピュータ技能検定の受験資格について】

日本病院会が認定している3年制以上の教育機関か、指定されている2年制の通信養育を修了

試験の難易度

医事コンピュータ技能検定の難易度は何級を受けるかによっても異なりますが、3級であれば比較的難易度が低い試験内容となります。

医事コンピュータ技能検定は準1級、2級、3級の3つの試験が用意されており、試験内容は「医療事務」「コンピューター関連知識」「実技(オペレーション)」です。

3級は基本的に専門的知識やスキルが問われる問題はあまり出題されないので、問題ないでしょう。

しかし、準1級の場合は医事コンピューターに関する専門的な知識を有することが条件となるため、やや複雑です。

そのため、医事コンピュータ技能検定の試験を受ける場合は、まずは3級から受けることをおすすめします。

仕事内容と年収

医事コンピュータ技能検定の保有者は基本的に医事コンピューターの操作・処理を担当することが多く、コンピューターを使ってレセプトを作成することがメインです。

医事コンピュータ技能検定保有者の年収は350万円前後となっています。

しかし、あくまでもこれは平均になり、自分が勤める場所や勤務先によっても大きく差が出てきますので、注意してください。

おすすめの取り方

医事コンピュータ技能検定の試験を受ける場合は、たのまなの通信講座で学習することをおすすめします。

たのまなの通信講座では実際に医事コンピュータソフトを使用してレセコン操作をしながら学習することができます。

また、コンピュータソフトだけではなく、コンピュータの操作解説テキストも完備されているため、コンピュータの使用が苦手な人でもわかりやすい仕組みとなっています。

さらにたのまなでは、就職に関する相談やサポート制度もあり、資格取得後も安心して受講することができます。

ホスピタルコンシェルジュ

ホスピタルコンシェルジュは技能認定振興協会が主催しており、来院した患者への接遇力、医療に関する知識やスキルを客観的に証明できる試験です。

医療事務の中でも患者一人一人と接する機会も多く、気持ちの良い対応をすれば、満足感を得ることもできます。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
ホスピタルコンシェルジュ 合格率
70%
(3級)
▪在宅試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

試験の難易度

ホスピタルコンシェルジュの試験は合格率70%ほどということもあり、そこでまで難しくない試験です。

ただし、1級の合格者は10%ほどとなっており、学科試験合格者にはロールプレイング形式の実技試験もあるため、難関です。

級によっても難易度が変わってくるため、まずは3級から挑戦してみることをおすすめします。

仕事内容と年収

ホスピタルコンシェルジュの仕事内容な、来院した患者の対応、患者からの質疑応答など、病院における患者との対応が主な仕事です。

また、お客様の要望に応えて、的確にご案内等をする仕事でもあります。

ホスピタルコンシェルジュの年収は、勤務する場所にもよりますが250~300万円ほどが多い印象です。

おすすめの取り方

ホスピタルコンシェルジュの試験に挑戦する場合は、ソラフトの通信講座で学習することをおすすめします。

ソラフトのホスピタルコンシェルジュ講座は医療関連の制度・法律の知識や接遇などを身に付けることができ、講師陣の適切なサポートが充実している点が特徴です。

技能認定振興協会が実施するホスピタルコンシェルジュ検定試験に直結したカリキュラムで学ぶことができ、初学者にもおすすめの通信講座です。

医療保険士

医療保険士は医療保険学院が主催しており、医療現場における会計事務や保健診察の明細書などの作成技術などが求められます。

医療保険士の試験は、医療学院が提供している通信講座をもとに作られており、通信講座を利用するだけで合格できる可能性が高まります。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医療保険士 ▪会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

試験の難易度

医療保険士の合格率や受験者数などは公開されていないため、合格率は分かりませんが、終了検定試験では試験内容全体の80%程度正解する必要があるとされています。

また、万が一不合格になってしまった場合でも、1年間で何度でも試験に挑むことができ、合格できるまで挑戦できる点も特徴です。

そのことから、医療保険士は比較的難易度が低く、合格しやすい試験と言えるでしょう。

仕事内容と年収

医療保険士は医療保険や医療事務に関する基本的な知識が求められる資格です。

そのため、患者からの医療保険の相談や来院した患者の対応などの医療事務全般の仕事に携わることも多いです。

医療保険士の年収は約470万円です。

他の医療事務よりも比較的平均年収が高く、月収にすると32万円程度ですので、医療保険士の資格保有を目指す人も多いです。

おすすめの取り方

医療保険士の試験を受ける場合は、医療保険学院の医療事務基礎講座の通信講座で学習することをおすすめします。

医療保険学院の通信講座では、医療事務基礎講座・調剤報酬事務講座を主に学習することが可能です。

最短4ヵ月で医療保険士の資格所有が目指せます。

医事管理士

試験の主催団体の違いにより、医事管理士は医療事務管理士と言われることもあります。

医事管理士は日本病院管理教育協会が主催しており、医療機関での医療事務全般の管理が行えることを客観的に証明できる資格です。

今後医療業界や医療事務で働きたいと思っている人には取得しておくべき資格でもあります。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医事管理士 合格率
85%~95%
▪在宅試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

試験の難易度

医事管理士は合格率85%~95%と高く、比較的難易度が低めの試験です。

ですが、医事管理士の試験では歯科と医科の分野に分かれており、歯科の試験合格率は約65%と医科よりも低く、難しい試験とも言えます。

仕事内容と年収

医事管理士は医療現場の裏方を担当する職業です。

担当する仕事によっても仕事内容は異なりますが、患者のカルテ管理・データベース化、点検報告書の作成などを行います。

医事管理士の年収は340~360万円ほどとされています。

ただし、勤務場所などによって前後するため、あくまでも参考程度に考えてください。

おすすめの取り方

医事管理士の試験に挑む場合は、ソラフトの通信講座を利用することをおすすめします。

ソラフトの通信講座は正しい請求知識がしっかり身に付き、「手書きのレセプト作成」にこだわったカリキュラムとなっています。

もちろんテキスト講義動画や練習問題なども充実しています。

医療保険請求事務者

医療保険請求事務者は全国医療関連技能審査機構が主催しており、医療事務に就職する場合は、資格を保有しているだけで就職・転職活動を有利に進めることができます。

試験は毎月開催されており、現在医科の1級、準1級、2級と歯科の2級があります。

1級でも試験範囲はそこまで広くないため、いきなり1級に挑戦する人も多いです。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医療保険請求事務者 合格率
50%~60%
▪会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

試験の難易度

医療保険請求事務者は合格率50%~60%となっています。

そのため難易度はそこまで高くないと言えるでしょう。

そのため、初学者でも比較的取得しやすい試験になります。

仕事内容と年収

医療保険請求事務者は主に患者の診察報酬請求事務業務を行うことが多く、セレプト作成や明細書の作成が主な業務です。

医療保険請求事務者の年収は約280万円~360万円程度とされています。

医療保険請求事務者は仕事復帰する女性なども務めることもでき、正社員ではなくパート勤務も可能なことから、このように年収の幅が大きくなっています。

おすすめの取り方

医療保険請求事務者の試験を受ける場合は、フォーサイトの通信講座で学習することをおすすめします。

フォーサイトでは診療報酬請求事務能力認定試験の勉強となりますが、試験範囲は重複している箇所が多いです。

また、フォーサイトの通信講座では充実のテキストと抗議でスピード合格も目指せます。

試験の特徴をしっかり把握して、デザイン構成されているテキストで学べることから、初学者にもおすすめの通信講座です。

医療秘書

医療秘書は医療秘書教育前項協議会が主催しており、医療秘書としての基本的なマナーや業務の専門性を高めることができます。

特に医療秘書は、医療現場の中でもスムーズに連携することで、医療現場の質を高める役割を果たします。

資格名 難易度 種類 受験資格 仕事分野
医療秘書 合格率
70%
▪会場試験 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社

【医療秘書の受験資格について】

日本医師会が認定した養成機関のカリキュラムを修了

試験の難易度

医療秘書の合格率は70%となっており、難易度は他の医療事務試験と比べても難易度はそこまで高くないと言えるでしよう。

しかし、1級の試験では約30%と低くなっているため、初学者はまずは3級から取得することをおすすめします。

仕事内容と年収

医療秘書は医療現場で様々な医療サービスの提供を支える仕事です。

特に患者が入院・通院する時に適切な超を受けられるように準備したり、医師や施設全体のスケジュール管理などの業務も行います。

年収は320万円ほどとなっており、医療事務の中でも平均的な年収と言えます。

おすすめの取り方

医療秘書の試験を受ける際は、キャリカレの通信講座がおすすめです。

キャリカレの通信講座は初学者でも最短3か月でスキルや知識を身に付けることが可能です。

また、わかりやすい教材と無理なく学べるカリキュラムが特徴です。

医療事務資格の難易度ランキング

上記で紹介した『医療事務の資格おすすめランキング15種』を難易度順にランキングにしてまとめました。

また表下に、初心者と独学におすすめの医療事務資格も紹介しています。

難易度 資格名 種類 合格率 受験資格
1 ★☆☆☆☆ 医療管理秘書士 会場試験 90%
2 ★☆☆☆☆ 医療事務検定 会場試験 80%~90%
3 ★★☆☆☆ 医事管理士 在宅試験 85%~95%
4 ★★☆☆☆ 医療秘書 会場試験 70%
5 ★★☆☆☆ ホスピタルコンシェルジュ 在宅試験 70%
(3級)
6 ★★★☆☆ 医療英会話技能認定 会場試験 70%
7 ★★★☆☆ 医療保険請求事務者 会場試験 50%~60%
8 ★★★☆☆ 医療保険士 会場試験 非公開
9 ★★★☆☆ 医事コンピュータ技能検定 会場試験 63.2%
(3級)
10 ★★★☆☆ ドクターズクラーク 在宅試験 60%
11 ★★★☆☆ メディカルクラーク
(医療事務技能審査試験)
在宅試験 60%
12 ★★★☆☆ 診療情報管理士 ▪会場試験
▪インターネット試験
54.6%
13 ★★★★☆ 医療事務管理士 ▪会場試験
▪インターネット試験
50%
14 ★★★★☆ 認定医師秘書 会場試験 80%
15 ★★★★☆ 診療報酬請求事務能力認定試験 会場試験 30%~40%

【初心者におすすめの資格】

  • 医療管理秘書士
  • 医療事務検定
  • 医事管理士

医療事務や医療秘書などの仕事に就くことができます。

【独学におすすめの資格】

  • 医療事務検定
  • 医療管理秘書士
  • 認定医師秘書

医療事務や医療秘書などの仕事に就くことができます。

医療事務を独学で合格する勉強方法なども確認してみましょう。

医療事務の資格の取り方は?どこでとるのがいい?

医療事務の資格を取る場合、勉強方法は3つあります。

【医療事務の勉強方法】

  • 独学
  • 通学講座
  • 通信講座

しかし、取得する医療事務資格よっては独学での合格が厳しいです。

医療事務の独学での勉強についての記事も是非ご覧下さい。

そのため医療事務資格の勉強方法では、仕事や家庭と両立しやすい通信講座をおすすめします。

通信講座がコスパが良くおすすめ!

独学や学校と比較しても、初心者にも経験者にも通信講座がおすすめです。

通信講座のメリットは大きく5つあります。

【医療事務通信講座のメリット】
①合格するための教材が揃っている
②隙間時間を有効活用できる
③勉強スケジュールの管理ができる
④質問や相談ができる
⑤合格率が高い

独学のメリットは『お金がかからない』ぐらいで、独学のデメリット=通信講座のメリットとなっています。

通学講座と通信講座のメリットはかなり似ていますが、デメリットとしては『通信講座よりも費用が高額になる』ことや『時間のやりくりが大変』ということが挙げられます。

通信講座のデメリットは『独学より費用がかかる』のみなので、効率よく資格取得を目指すなら医療事務試験の通信講座がおすすめです!

まとめ

今回は医療事務の資格おすすめランキングとして、医療事務資格の種類や難易度を紹介していきました。

医療事務資格の種類や難易度は様々ですが、どの試験を受けるにしても、合格を目指すなら仕事や家庭との両立ができる医療事務の通信講座がおすすめです。

医療事務資格の種類はたくさんありますが、どの仕事をしたいのかによって自分に必要な医療事務の資格を取得するようにしましょう。

医療事務管理士 診療情報管理士 メディカルクラーク
(医療事務技能審査試験)
診療報酬請求事務能力認定試験 ドクターズクラーク 医療事務検定 医療英会話技能認定 医療管理秘書士 認定医師秘書 医事コンピュータ技能検定 ホスピタルコンシェルジュ 医療保険士 医事管理士 医療保険請求事務者 医療秘書
難易度
(合格率)
50% 54.6% 60% 30%~40% 60% 80%~90% 合格率90% 80% 63.2%
(3級)
70%
(3級)
85%~95% 50%~60% 70%
種類 ▪会場試験
▪インターネット試験
▪会場試験
▪インターネット試験
▪在宅試験 ▪会場試験 ▪在宅試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪会場試験 ▪在宅試験 ▪会場試験 ▪在宅試験 ▪会場試験 ▪会場試験
受験資格
仕事分野 ▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪医科医療事務 ▪病院
▪医療機関
▪医科医療事務
▪歯科医療事務
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
▪クリニック
▪保険調剤薬局
▪検診センター
▪健康保険組合
▪保険請求審査代行機関
▪医事コンピュータのシステム会社
▪損害保険会社
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる